フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 改造カメラ第2弾は、いよいよM101。 | トップページ | M100と仲間たち。 »

2013年3月 2日 (土)

多治見市自宅撮影バラ星雲の残念な結果と山岡町遠征のM83。

近所に「核融合科学研究所」とゆーのがありまして、
そこでは「核融合」を次世代のエネルギー源にすべく、日々研究などを継続しているようです。

昨年のいつだったか、そこの主催(?)による講演会のようなものがあって、
テーマが「ダークマター」とかそういうものだったので、おもしろいなと思って出かけました。
いきなり銀河団の写真なんかがスクリーンに映し出されたもんだから、
「こいつ、やるな!」となったわけですが、
なんで「核融合」と関係あるのか、よくわかりませんでした(笑)。
一方、別の講師による核融合の講演などもありまして、
最後の質疑応答で、最前列の「聴衆」から
「実現するのに30年とか言ってないで、早く実現してほしい」との意見が出ていました。
 
とかいうふうに書くと、いかにも、かっこ書きの「聴衆」に含みを持たせているなコイツ、と思われるかもしれませんね。
残念ながら、世間的に、そういう風に見られてしまう、というのは仕方ないですよね。
 
最近では「重水素実験」というものが地元の話題になっているようです。
反対運動などもありますが、これに対して
「核融合と核分裂の違いもわからん輩が反対する」という意見もあるようです。
 
うーん、そういうことなのか?
 
わたくし自身、知識がないので安全性に関する科学的判断はできませんが、
多くの人が反対する状況になってしまった「アレ」を忘れてなければ、
「絶対大丈夫とか言っても信じてもらえんだろうな」くらいの
想像はしていただきたいなあ、と。誰も関心がない状況ならともかく、
今はもっと違うやり方があるだろうに…。
 
さて、多治見の自宅でバラ星雲を撮ってみました。
鏡筒はSE200Nなので結構はみ出す対象なのです。
で、その「はみ出し具合」が絶妙に(笑)気に入らなくて今迄敬遠していました。
でも、だんだん西に傾くこの季節、
まるこうさんに借りた改造カメラで撮るチャンスがなくなりそうだし、
一部分のアップってゆーことで、と思い撮影してみました。
本来なら遠征して撮りたいところですが、自宅での撮影です。
 
Br_all2
 
Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改): ISO800 10分×32枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
かなりトリミングしてあります
 
掲載画像の下あたりのうにょうにょした部分が好きなんですね。
これ、5時間20分露光なんですよ(笑)。2/11と2/13の2晩です。
こういう、広くひろがっているものはあんまり経験がないので難しいです。
 
もともと写真に関する知識がないのでアレなんですが、
遠征でない場合、1枚あたりはもっと短い露光の方がいいのかな?なんて思ってます。
 
が、まあそんなことはどうでもよろしい。(ここまでは前ふり)
 
2/16山岡町遠征によるM83。
 
83a
 
Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改): ISO800 13分×10枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
少しトリミングしてあります
 
かなり南天低く、先日のM101の南天版みたいなことを言われているようで、
HⅡ領域も写ってますなあ、ははっっはははは。
撮影前にWebで他の画像を見ることはあんまりないので、
こんなに表情豊かだとは思いませんでした。
処理を始めてびっくりしましたよ! うれしいなあ〜。
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 改造カメラ第2弾は、いよいよM101。 | トップページ | M100と仲間たち。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

ミッチーさんこんばんは。
核融合研究所の件はああいった事故の後ですから市民が神経質になっているのも致し方ないかも知れません。
ただ、核分裂と核融合は全く逆の性質を持つ物なので、放射線物質の拡散という点においては問題ないと思いますし、夢のエネルギーというのもうなずけます。
ただ未知の部分も多い(データが無い)だけに、地元である我々は対岸の火事というわけにはいかないので、ああいった講演会には積極的に参加し正確な知識を得る必要があると思います。
自分も専門が放射線関係なので人ごとではない気がします。

バラ星雲さすがにAPS-C+1000mmだとはみ出ますね。5時間以上となるとモザイクも厳しいですね。

M83撮れているじゃないですか。山岡はちょっと透明度に問題がありますね。
次回は根の上で頑張りましょう。

■のんたさん
「重水素実験」の諸々については講演会だけじゃなくて、公民館で「住民説明会」っていうのをよくやってます。
モメてることは新聞にも載ってるくらいなんで、いろんな人がいろんな意見を持っていて、
これまた一筋縄ではいかない様相ですね。
岐阜出身の作家小川一水さんの小説には核融合を動力にする宇宙船(!)が出て来て、夢のようです(笑)。

そういえば、バラ星雲はモザイク対象ですね。モザイク合成じたい、一回もやったことない…。
「8時間露光」もそうですが、課題が増えるばかりだあ〜!

M83は期待してなかった分、浮き出てきたときは喜んじゃいました。
撮影日の山岡は「なんだかなあ」っていう空でしたし、南天低いところはまるで自宅のようでした。
南の低いところが開けていてきれいなお空の場所があるといいですね。
ちなみにこの日は、M100をメインで撮ってます。こちらも近々!

こりゃすごい!!吸い込まれそうなバラです。
バラの色合いも星団もきれいですね~。
このぐらいのクローズアップだと迫力が違いますね。
露光時間もハンパないですね!!5時間強!!凄すぎ。

M83も赤いポツポツがはっきり写っててすばらしいですね。
私もこんな銀河撮りたいなぁ~ ☆彡

5時間20分!
じっくり派を宣言しましたが、いくらなんでも私しゃそんなに我慢強くありません。
頑張って2~3時間程度です。

グロビュールの部分、私も好きです。なんか宇宙を感じます。
あとはやっぱり銀河のグルグルとHⅡ領域ですね。
これなんかもたまらんとです鯛。

日本の技術は大したものですが、決してそれを過信してはいけませんね。
製造現場の海外流出で、段々と「設計はできても作れない様になってきている」とよく聞きます。

M83は「春の銀河アタックプラン」の中には入っているのですが、
南天低い(当地からは最大高度23度)対象で難物中の難物の筈。
光度7等級台で明るい事は知っていますが見事ですね!
同じ20センチだし、M104とか、触角(アンテナ)銀河と含めて
春の南天の対象も撮ってみたいですね。(秋よりもっと条件厳しいか?)

絶対、最前列のヤツは関係者か関係者に金貰ってますな。
日本原電の救済に電力各社が1200億円出し合うんだそうな。我々には電気料値上げしておいて・・・。
もうアホかと。

まぁ、そんなことはどうでもよろしくないけど、どうでもよろしい。

5時間20分のバラ星雲たまりませんなぁ・・・。5時間20分て、私の睡眠時間よりも長いです。
しかも、なんとこれが前振りですと!!
M83もたまりません。冷却CCDですっ!て言っても疑いの余地なしです。

 5時間20分! いったいどこまでつきすすむのか楽しみになってきました。
 これを残念な結果と言い切る勇気。脱毛です。違った。脱帽です。
 M83は、銀河萌えを突き詰めて追い求めるとこんな写真が撮れる、という執念を感じます。
 ともかく脱毛です(もうええっちゅうねん)。
 

■おりおんさん
ただ長いだけで、ほとんど寝ていたのは内緒です。腹筋鍛えるくらいのことはしておいた方がよかったかも。
これこそお蔵入りさせたらもったいないと思って!
M83でも赤い領域写ってるのはうれしい誤算でした。
なんか銀河の色合いもノーマルのときと違うような気がしてますがどーなんでしょー。

■かたくちいわしさん
前述の通り、これは自宅で怠けてましたから、あんまりでかいこと言えんのです。
でも5時間やってこれかあ、というがっくり感もありますね。
どこかに「なぬ!? もったいないことしやがって! どれ、俺にそのRAWデータを貸してみろ!」
という方はおられないでしょうか。
自分の名誉のために(笑)書いておきますが、遠征ではまじめです!

■雲上さん
これを撮った時、そんなに条件はよく思えなかったんですが、やっぱり明るいからなんでしょうか、
わたくしとしてはうれしい出来になりました。
無理して悪条件のものを撮るのもなんだかなあ、とは思いつつ、思わず手を出してしまいました。
そういえばM104、ちゃんと撮ったことないです。

■まるこうさん
思いっきり断言してますね! さすが!
なんかぼやぼやしてたら冬のあれこれが西に行っちゃいましたが、
明け方は夏の星座がばんばんのぼって来てますから、改造カメラ from Mr.Maruko大活躍しそうです!

■熱狂のアニキ!
今思いついたのですが、いっこうさんの方には「!」つけましょう。「アニキ!」で。
また「脱毛」っすかぁ〜。まいったなあ、もう抜けるもんもなくなっちゃいました。
この「5時間」はまあ、イベントってゆーか、エンタメですよ、エンタメ(笑 意味わからん)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/56873477

この記事へのトラックバック一覧です: 多治見市自宅撮影バラ星雲の残念な結果と山岡町遠征のM83。:

« 改造カメラ第2弾は、いよいよM101。 | トップページ | M100と仲間たち。 »