フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« M100と仲間たち。 | トップページ | 霞の向こうのM99と仲間たち。 »

2013年3月 8日 (金)

えー、テストテスト。

sRGB
Srgb_2

 
AdobeRGB
Adobergb
 
 
なにか意味があるのだろうか…。

« M100と仲間たち。 | トップページ | 霞の向こうのM99と仲間たち。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

Mac OS 10.6 + Safari で見ると違いは分かるが、これをどう生かせばいいのだろう…。

シビアな事は横において、20cm反射でのNGC2403も見せてもらったし・・・
結構大きく写るんですね。(トリミングしてます?)
総露光時間は2時間越えてますか?
質問攻めでゴメンなさい。

下のほうが、少し淡い部分が出てるような気が・・・(´pω・。`)

只今~マイクのテスト中、え~マイクのテスト中~ テステステス・・・

確かにおりおんさんの仰る通り、AdobeRGBのほうが淡い部分が出ているような・・・
私はMac使った事ないし、AdobeRGBに未対応のブラウザの事も考えてsRGBにしています。(多分)
モニターの性能にも依りますよね。 レティーナディスプレイって凄いんざんしょ?

おなじNGC2403でテストしていただいてありがとうございます。
この写真見てから私の写真をみるとキタナイキタナイ! 愕然としました。orz

いつか、よっちゃんさんみたいに画像処理工程を動画にして大公開していただきたいものです。

さて、今自宅でないので、Windows+ChromeとiPhoneのモニタで見比べていますが、AdobeRGBのほうが淡いところが表現できてますね。
うちに帰って早くSafariで見比べてみたいです。

■雲上さん
うっ、まさかコメントがあるとは!
この写真はISO800/5分×32枚の自宅撮りで、トリミングなしだったと思います。
昨年末掲載の記事は次をご参照ください。
http://maruja.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/ngc2403-c1b0.html

■おりおんさん
うぅ、まさかコメントがあるとは!
こちらからも下の画像が淡い部分まで見えています。
最近のブラウザはカラマネに対応してるんでしょうね。ま、調べてみればすぐ分かることなんですが(笑)。

■かたくちいわしさん
うほ、まさかコメントがあるとは!
ブラウザどころかモニタの対応も望むべくもないというか、
正しくキャリブレーションされているモニタがどれほどあるのか…
ちなみに我が家のiMacも実態以上に彩度高いと思われます。

■まるこうさん
先日Windows XP + Google Chromeでみてもやっぱり下の方がいい感じにみえてました。
いろいろ調べる過程で思ったのは、この手の話はいまでも進化している、ということです。
たぶん、そのうち、なんとかなるんでしょう(笑)。

 色域の問題は難しいですよね。みんなが同じものをみる印刷物と違い、見る人の環境や状況の違いがすべてですからね。
 私も自宅では下の画像の方がよく見えますが、会社のパソコンだと背景の色が少し白っぽくなってしまっています。まぁ、これがニュートラルグレーで自然だ、といえばそうなんですが(笑。
 まぁ、結局どちらもすばらしい作品です。
 これをプリントアウトするとなると、またいろいろ悩むんでしょうね(笑 印刷会社の担当者の溜め息が聞こえそうです。

■阪神ファンいっこうさん
そうですよね、各々のモニタは、きっと勝手な色で出してるんですよね。
背景はどのあたりに数値を持って行こうかな、って、一時期ポイントを探していました。
人のブログから画像を拝借して数値読んでたりしましたが、どうもこうもばらつきがあって分からんのですよ。
「いいね」と思って数値を計るとRGBそれぞれ20だったりして、自分でもマネしてみるとめっちゃ暗かったりとか。
今は40位を目安にしてますが、そうですか、場合によっては白っぽく見えますか。

プリントアウト…。あんまりしたくないなあ(笑)。カメラのキタムラにまかせてます。はっはっは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/56914928

この記事へのトラックバック一覧です: えー、テストテスト。:

« M100と仲間たち。 | トップページ | 霞の向こうのM99と仲間たち。 »