フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 球状星団狩り、M3。つくし採り。 | トップページ | 小2の娘「ロシアがたいへん」とか、多治見の自宅8時間撮影のNGC6946とか。 »

2013年5月10日 (金)

自宅撮影のNGC6871とM51。パンスターズ彗星もあるよ!

久しぶりにブログというものを書くので緊張しています。

ちょっと仕事で忙しかったり、ちょっと眠かったりしているうちに、
先日40歳になりました。おめでとうございます。
 
誕生日プレゼントっていうことで、「プリンタが欲しいなあ」と言ってみたら
超然嫁が「買え」というので、Canon PIXUS PRO-10を注文してしまいました。
半分以上資金援助を得てのことです。ありがたや。
出力という作業は、どんどん自分の内面に入って行く作業だと思っているので、
少し恐ろしく感じています。
 
内面といえば…。
最近、遠征に行く機会を逃しているので、天体活動は自宅中心です。
5/5から5/8までは、ここ多治見は連日快晴で、
毎日撮影していました。それも、たったひとつの対象を…。
まさしく、自分との戦いですね。内面に深く深く入って行く活動です。
撮ったはいいが、処理するのは先になりそうです。
この4日間は、ISO200で15分露光をいっぱい撮ったらどうか、っていう実験をしていたのです。
 
遠征地だったら、やりません。
 
さて、話は変わって、5日は子どももお休みだったので、
庭で星を見ているおとうちゃんのところに娘が寄って来ました。
銀河なんか見せてあげられたら良かったのですが、
やっぱり自宅では球状星団しか見られませんね(笑)。
 
望遠鏡と接続している「ステラナビゲータ」の画面を娘に見せて、
「どれが見たい?」と聞いてみたところ、
画面を指差して変なNGC天体の番号を言うので、
どんどん導入していきました。なかなか面白かったです。
おかげで、NGC6229とかいう小さい球状星団を見て、
おまけに撮影までしてしまいました(笑)。
この日は、「遠征しとけばよかったな」と後悔しましたが、
まあ、庭で娘とディープに宇宙が見られたので、よかったです。
そういえば、ピント合わせも手伝ってもらいました。
(本人はパソコンのボタンを押した、くらいの認識しかないとは思いますが)
 
ところで、
4/22と4/29にも自宅で撮影していました。
対象は、はくちょう座の散開星団NGC6871と、りょうけん座のM51。
どっちも自宅撮影らしいぼんやりとした出来になりました。
 
NGC6871。4/29:ISO200 20分×6枚。 
Ngc6871
 
M51。4/22:ISO800 8分×12枚。
M51
 
いずれも、
Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改)from Mr.Maruko
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
 
自宅撮影モノは、相当な手間をかけて処理します。
その過程で、画像処理というのは、赤いものを青くしたり、
白と黒をひっくりかえしたり、ということが平気でできてしまうのだな、
と改めて感じました。
特にNGC6871周辺の赤い星雲は、本来なら写ってはいないのではないか
と思うくらいの「素材」でしたが、やろうと思えば、どこまでも
出す事はできるのがちょっと怖かったです。
もちろん、ちゃんとした素材ではないので、
荒れてきたり、いろいろありますので額面通りに出るわけではないですが、
あるところでとどめる、ということを考慮しないといけないな、と思います。
 
さて、4/22には、やっとパンスターズ彗星を撮影しました。
これも自宅でのことです。
 
ISO800 60秒、たぶん18枚のメトカーフコンポジット。
P01b
 
4枚くらいのも。
P02b
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 球状星団狩り、M3。つくし採り。 | トップページ | 小2の娘「ロシアがたいへん」とか、多治見の自宅8時間撮影のNGC6946とか。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

買え!
こんな言葉を聞いたら私なんか脳内快感物質がドバーッて出て、卒倒するかも知れません。うらやましいです。

しかし、10色インクって・・・。時代はここまで進んでいるのですね。。

NGC6871素晴らしいです。私は、画面いっぱいの広がった赤い星雲って画像処理が難しいです。ノイズなんだか周辺減光なんだかわけわかんなくて・・・。

子持ち銀河も相変わらずのクオリティ!! うっとりしてしまいますね。
Mr. Marukoカメラはいい仕事しているのに、まるこう本人は相も変わらず右往左往しております。

おはようございます。

PRO-10って、とても大きいやつですよね。
一度ヨドバシカメラで見てびっくりしたことがあります。
ご自宅でこれだけ写せれば、ニワトリ(庭撮り)も良いんじゃないですか。
娘さんと楽しい時間も過ごせますし。

40歳、おめでとうございます。
まだまだお若くて、羨ましいなあ。

アッは~ッ、おめでとうございます。40ですか。
これからは世間との相対論的時間のズレを感じますよ~って、田舎に住むわたしだけ?
「ISO200 20分」ん?どこかで見たようなスタンス。おまけにPRO-10。
ミッチーさんまでメジャーへ。わたし一人を二軍に残して、淋しいわ(スリスリ)
ためしに、冷却CCD欲しいって言ってみて「買え」が聞けるかどうか(笑)
私んちなら、さしずめ「稼げ」って言うだろうな。雲台ひとつで。

M51、ええなぁ、渦の臨場感、ええなぁ。ISO800 8分かぁ、(メモメモ)
こんな撮影データ見せられると、手持ち機材の限界を感じるなぁ。

40ですか。おめでとうございます。不惑の年ですね~。
そして惑わずPRO-10を買ったと・・・。
うらやましいです。プロファイルなどのチューニングも楽しみですね。

そして娘さんと天体観測。なんか目に浮かびますねぇ。これまたうらやましいです。
私は娘二人いますが、もう大きいので一緒に星見なんて考えられないです。
今のうちに楽しんどいたほうがいいですよ(笑)

NGC6871、なんかおもしろそうですね~。
メモっとこφ(。_。*)
M51、パンスターズも自宅でこの美しさですか!!スゴイです。
私ならもう遠征行きません。

■まるこうさん
ここに赤い星雲があるなんて知らなくて、散開星団だけのつもりで撮ってました。
なんかもう、まるこうさんのおかげです。
銀河でも、ちょっと今迄とは違うんですよ。表情が引き出せるというか…。
10色、コスト高そう…。しょっちゅうプリントするとは思えないので大丈夫かな。
子どもの写真とかプリントしつつ、たまにプリントクオリティに達した天体を出すくらいになりそうです。

■やまねももんがさん
こんにちは〜、40になってしまいました。
嫁はPRO-10の大きさを知らないんですよ。我が家にはA4プリンタが置いてあるのですが、
「それと変わらないじゃん」って言ってました。
届いときの驚く顔を楽しみにしています。あ、でもここも読まれてるかな(笑)。
庭撮影はとっても楽チンでいいです。実験的なことができるし。
今はそれなりに写る方法を模索しているところです。

■山口のじぃさん
うはっははははは。ありがとうございます。40になっても、なんか何も変わらんのですよ。
右のもんが左に動いただけって感じですかね(意味不明)。
ISO200の20分、おもしろいですよ。パイセンの各種実験から導き出された方法なんですが、
自分は効果的にできているのでしょうか(笑)。
メジャー入り目指していきたいですね〜。なんとかプリントできるくらいのクオリティには達したいです。
冷却で「買え」ですか…。言われたら逆に恐ろしいですよ。「いや、やっぱり結構です…」って断っちゃいそう。

■おりおんさん
ありがとうございます。不惑と言われているんですよね。まだまだ少年のようなんですが。
娘が大きくなる問題…。あー、いやだいやだ。
そのうち「そのでっかい望遠鏡がじゃまなんだよ、ハゲ!」とか言われるのかなあ〜。
おりおんさん娘さん誘ってみたらどうですか? 案外おもしろがってついてくるかもしれませんよ。
NGC6871は、散開星団なんですが、この周りの星雲はちょっと怪しいです(笑)。
他の画像を参考にして、まあ大嘘つきにはなっていないと確認してますが…。

40才おめでとうございます。(若い!)

プリンタ購入。まずは第一の難関突破ですね。
ほんとの難関はこれから。
モニタで見えているのにプリントするとよくわからない。色がちがう。乾いたらコントラストが変わっちゃった。
何度もプリントし直しているうちに、そのたびに順番に”○色インクが残り少ない”とのメッセージ。
なんでこんなにインクが高いんだ!用紙だって高級紙は値段がちがいすぎる!
プリンター価格は、メンテナンスにかかる費用に比べれば安いもんです。
インク代・用紙代をどう抽出するか?それが問題です。

春の銀河の季節から夏の対象にかわりますが、また新しいミッチーマジックを楽しみにしています。


先日もリコメで書きましたがやっぱり私よりお兄さん、お誕生日おめでとうございます。
写真は相変わらず美しすぎです。私のが某大陸製の大量生産品、ミッチー兄さんのが日本の職人が作った逸品みたいな感じですね。
光条が針のようです。 これSE200と言われたらみんなビックリしますわ。
プリンターも来てお次は天文雑誌入選ですね。

■雲上さん
どうもすみません、40になって「若い」という言葉が聞けているのが不思議です(笑)。
もし、これから転職しようとしたら、「いやー」なんて断られる領域ですからね。
それはそうと、やはり通常の費用というのは怖いですね〜。
キャリブレーション関係は、ツールを導入する予定ですが、やっぱりインク代が…。
まあ、それは今までも分かっていたことですが、今まではせいぜい年賀状くらいでしたから。
あ、「乾いたら」ってことを避けるためにも、顔料インクのPRO-10を選びました。

■かたくちいわしさん
ありがとうございます。いわしのアニキは来月でしたっけ。
でも、キャラ的にはいわしさんはアニキです。
「慕ってる感」ってのがやっぱりありますです。アニキ〜。
おまけに、かたくちいわしさんは、ハゲてないんでしょ?
そういや、光条よくなった分、ほかの部分が気になるんですよ、
と、天体写真のパイセンに言ったところ「それが上達の道である」とありがたい言葉をいただきました。
「あ、そうなのだ!」と思って、本場中国鏡筒に四苦八苦してるんですよ。まじで。

 コメント出遅れた。周回遅れ。いまさらですが、お誕生日おめでとうございます。
 充実した40代になるといいですね。私は1週間後に48歳になりやす。おお、40代もあと2年やん!なんかしなきゃ。ちなみに、40のときはフサフサでした。今も禿げてはいません。つむじです。
 ご自宅でこれ。すごいっす。処理もすごいっす。
 画像の加工の話、耳が痛いです。考えてみると、撮影時間より処理時間の方が圧倒的に長いです。撮影が趣味なのか、加工が趣味なのか、本末転倒ですわ(笑。
 で、最近処理が適当です。これはこれで本末転倒ですわ(笑。

 

■阪神ファンいっこうさん
いやもう、ありがとうございます。
「周回遅れ」大歓迎です。最近は、自分でもそれくらいのペースでやってますから。
48歳ですか〜。50が手前ってのも、なかなかダンディな感じでよろしいのではないでしょうか。
何かするとしたら、やっぱりつむじのお手入れですかね。後悔しないように。
そうそう、撮影と画像処理の関係について考えることもありますが、
天体写真って、総合的なオトコの趣味って感じがしませんか?
機材に凝る、撮影に凝る、パソコンでの処理に凝る…。
あらゆる要素が詰まってますよね。
まあ、一筋縄ではいかないところが我慢できるかどうかってところが問題ですけど(笑)。
ただ、人には「いい趣味だ」って言われますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/57357043

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅撮影のNGC6871とM51。パンスターズ彗星もあるよ!:

« 球状星団狩り、M3。つくし採り。 | トップページ | 小2の娘「ロシアがたいへん」とか、多治見の自宅8時間撮影のNGC6946とか。 »