フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の記事

2013年7月13日 (土)

生きてる証拠の北アメリカ星雲と乾燥空気関係。

こんにちは!

「こんにちは」なのか「こんにちわ」なのか、よくわからないミッチーがお送りしております。
多治見市の自宅で北アメリカ星雲を撮りましたよ!
 
Photo
 
7/8-7/9
Canon EOS Kiss Digital X(改) from Mr.Maruko: ISO400 6分×24枚
Canon EF-S 55-250mm f/4-5.6 IS(250mm/F6.3)
IDAS LPS-P1
タカハシEM-200/ノータッチガイド
 
難があるとはいえ、自宅でこれほどの仕上がりになるとは!
と喜んでいるところです。
レンズはいわゆる「キットレンズ」というやつで、今までも天体用に使ったことはありますが、
自分なりに「ピント出し」みたいなのを気をつけるようになってから
使うのは初めてでした。それまではワケも分からず使ってましたからね。
で、今回は処理にRAP2を使ってみました。ダーク減算のみですが。
執着中のアイリス星雲のために、精密なフラット補正とか、
優れている(といわれる)ダーク補正を使ってみたかったので導入しました。
今までと違い、様々なソフトで「現像」が試せるというのも魅力だと思います。
あ、今までは「ステライメージ」で現像してました。
 
えーっと、このごろは機材も含め、そういう改善やら、
やってきたプリンタ Canon PRO-10周りの諸々をやっておりまして、
大変忙しい(笑)毎日を送っております。
 
あー、いそがしいそがし。って、忙しくないですけどね。
結構、午後9時くらいに子どもと一緒に寝たりとか(笑)。
 
最近の注目情報(笑)としては、ついに乾燥空気送り込み装置を作ったことですかね。
 
Img_5396
Img_5398
 
まあ、よくあるヤツなんですが、実はこれ、後に改善しています。
というのも、このポンプでは送り込み空気量が少ないかもしれないのです。
斜鏡周辺に乾燥させた空気を送り込む形になっているのですが、
どうにもこうにも湿度の下がり具合が悪いんですね。
実験してみたところ、6%ほど湿度が下がるだけなんです。(温度は忘れた)
まあ、思いっきり開口してますから、当たり前かもしれませんが、
これでは不安だ、ということで、ポンプを強力なものにしました。
使っているのはJPDってゆーところの「ノンノイズ」シリーズ。
最初は、1分あたり2リットルのものだったのですが、
今は1分あたり2.5リットル×2(吹き出し口が2つ)のものにしました。
 
なんだかんだと、結局パイセンの歩んで来た道を、
なぞっているのだなあ、と感じるワタクシでした。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »