フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月28日 (水)

改造EOS Kiss Digital X from Mr.MARUKOラストショット。M33。

M33_blog

8/10-11 根の上高原(岐阜県)
光軸のおかしなKenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改)from Mr.Maruko:ISO800/8分×21枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
RAP2(ダーク、フラット補正)、Camera RAW8(現像)
ステライメージ6.5(コンポジットなど)、Photoshop CC
少しトリミングしてあります。

 
あーあ、アップしちゃった。後悔はしないことにします。
ちょっと処理にあれこれやって、悩んでばかりだったのです。
が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。
 
ついにまるこうさんに借りた改造EOSでのラストショット。
M33。改造カメラでこれを撮るのは初なんです。
まるこうさんからカメラが届いたのは今年のはじめころかな?
当時はM101がシーズンを迎えていました。
M101を無事に撮り終えてからは、まあ、赤い星雲各種を撮っていましたが、
やっぱり銀河好きとしては、このM33を撮りたかったんですね〜。
 
これが撮り納めとなったのは、なんか感慨深いものがありますです。
遠くのまるこうさんと、里帰りしたカメラに向かって手を振り、
「おーい、ありがとうーーー」と叫びたくなりました。
 
さて、これからは自分の改造40Dで撮影をすることになります。
ACアダプターとか、タイマーリモートコントローラーとか、
いろいろバッタもんが届きましたので、いよいよ現場に行けます。
 
えーっと、この画像の処理のハナシ。
今回は、色をいっぱい出そうと思って、いつもやらないようなことをやってみました。
「いつもやらない」というよりは、
「今までおかしくなっちゃってできなかったこと」と言ってもいいかもしれません。
 
まず、Camera RAWによる現像時に、
「カメラプロファイル」ってのをいろいろ試してみました。
いわゆる「ピクチャースタイル」のことなのだそうです。
今回は「Landscape」ってゆーのに決定しました。
まあ、きれいに色づいたのを印象で選んだだけです。
 
その後、「ステライメージ6.5」にてコンポジットしました。
そしてここで「マトリクス色彩補正」をデフォルトで実行。
いつもはこれをやると、恒星の中央が変な感じになるんですが、今回は無事通過しました。
最近、RAP2を使い始めてから、この手のことがちょっとうまくいくようになりました。
デジタル現像でも「色彩強調マスク」がきれいに効くようにもなりましたし…。
(RAP2使い始めて4対象目くらいなんで、ただの印象ですが)
 
この「マトリクス色彩補正」の弊害なのか、星がにじんで色がついたかもしれません。
 
「課題」というか「目標」みたいなもんなんですが、
この銀河のふちの部分に透き通った「青」が出るといいなと思ってました。
 
この前、国立天文台長林正彦さんの講演会に行ったとき、
M31の超絶画像を見せてくれたのですが、
「まわりにある青い部分は若い星なんです」と説明されていました。
それが印象に残っていたのです。
 
M33の素晴らしい写真をみると、大量のHII領域はもちろんですが、
青い部分がちりばめられているのがわかります。
銀河の中央はそんなに分厚くなく、全体的に明るい印象ではなく、
透き通ったまばらな感じ…。そしてちりばめられた赤と青。
そんなものを目標にしてました。
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年8月25日 (日)

TSコマコレクター & OAG9 & EOSのバックフォーカスについてと、国立天文台台長の講演会に行って来たハナシ。

8/24、超然嫁の実家周辺にて、国立天文台台長・林正彦さんの講演会が開催されたので、行って来ました。

林さんは、嫁の実家のある地域出身なのですね。
だから「ふるさと資源再発見ナントカ…」っていう企画で、
地元ゆかりの著名人を呼んでお話を聞く、という趣旨のようでした。
林さんは、少年時代はこの土地の星空を眺めて過ごされたということなんですね。
 
ですが、大変申し訳ないことに、講演会ではほとんど寝ておりましたので、
報告するようなことはございません(笑)。
時折、目が覚めたときに、グラフだとかが目に入ったなあ、という感触とともに、
「やまねももんがさんのブログの抜粋のようだ」という、実はかなり的確ではないのか、と思われるような感想を抱いたりして、
大変失礼な時を過ごしてまいりました。
 
たぶん、一般人には「寝耳に水」というようなお話であったかもしれません。
いや、別にDISが入ってるわけじゃないです。
ともかく、行く前におにぎりを食べたのがいけなかったんですね。
 
とはいえ、最後の質疑応答で、地元の星空を褒めているあたり、
「俺はそこで天体写真を撮っているのだぜ」と、
「引き継いでいる感」を勝手に抱いたりしたものでした。
 
あ、おみやげもらったんですよ。
講演の内容はお伝えできませんので(笑)、せめてこんなもんでも。
 
Img_6803
 
なんか、ペットボトルとか入れたりするものみたいです。
そーいえば、建設予定の30メートル望遠鏡のお話もしてました。
 
さて、それはそうと、今日、とても気になることがありまして、
天文パイセンのご意見を伺いたいなと…。
わたくし、SE200N CRを使っていて、コマコレクターに
TSコマコレクターってのを装着して撮影などしているわけですが、
どうも「バックフォーカス」ってのがめちゃくちゃなんじゃないか、
っていうことに思い至りました。
 
現在の機材はSE200N CR>TSコマコレクター>TS OAG9>EOSっていう流れなんです。
で、TSコマコレクターのバックフォーカスが55mm。
TS OAG9の光路はEOSマウント仕様ですので、だいたい11mmですよね。
EOSはフランジバック44mm なんで、計算上は55mmでばっちりなんですが、
TSコマコレクターって、OAG9にがっつり入り込まないんですよ。
ずいぶんネジが余るんですね。その様子をご覧ください。
 
Img_6801
 
左がTSコマコレクター、右がOAG9です。
OAG9のネジ込みが浅いんですわ。
写真にあるようなスキマがなくなって初めて55mmになると思うのですが、
どーなんでしょ?
こういう考え方であってますか?
 
たぶん、3〜4ミリは短縮しなくてはならないと思うんですが…。
ちなみに、コマコレクターからカメラまでの間にフィルターなどは入っていません。
 
どーしてもコマが残りまくるのは、SE200N CRの光軸調整ばかりが原因ではないのではないか、と思いました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年8月20日 (火)

まるこうさんに借りたカメラでのラストショットその1。M17。あと、EOS 40Dがやってきた。

Omega08c_2

8/10-11 根の上高原(岐阜県)

Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1

Canon EOS Kiss Digital X(改)from Mr.Maruko:ISO800/8分×8枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
RAP2(ダーク、フラット補正)、Camera RAW8(現像)
ステライメージ6.5(コンポジットなど)、Photoshop CC
 
というわけでM17。
 
さて、いままでまるこうさんに貸していただいていた改造EOS Kiss Digital Xですが、
ついに里帰りしました。そう、わたくしが改造カメラを入手したからなのです。
 
スターショップの改造カメラ放出をここ1ヶ月ほど待っていましたが、
タイミングの悪いことに旅行中の8/14にEOS 40Dが売り出されました。
超然嫁のiPhone 5を借りて、スターショップ氏にメール、発注となりました。
 
そして、本日、ブツが届きました。
 
う、重い…。でかい…。
 
思ったより重いんですなあこれが。SE200N CRで大丈夫だろうか…。
いや、たぶん、大丈夫じゃないだろうなあ。また悩みの種が増えた。
いよいよ鉄板曲げて接眼部に貼付ける必要が出て来たかもしれない。
 
そういえばこのM17も、光軸ばっちりのつもりだったのですが、
全体が(!)おかしな星のかたちになってしまいました。
こんなにひどいのは今までなかったですなあ、はっはっは。
R200SSにかえてやろうかしら(笑)。嘘ですよ。
大切なラストショット(その1)なのにすみません。
 
この日撮ったのは、もうひとつ、M33。
大好きなM33がホントのラストショットになりました。
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年8月11日 (日)

網状星雲と、さまざまなズレ。

あー、遠征行きたい。今日も天気いいなあ。

明日休みだったらなあ〜。
 
が、そんなことはともかく、
8/9-10、8/10-11は2日連続遠征撮影できました!
久しぶりの直焦点で、チョーうれしいんですけど!
 
8/9-10は大山白山神社に行って参りましたが、
午前1時くらいには曇ってしまって終了でした。
網状星雲の片割れを少し撮っただけでしたが、
今回は、機材をそのままにして明るくなるまで待って、
ちゃんとしたフラットを得るということまでやってみました。
RAP2でフラット補正をしてみましたが、実にうまいこといきました。
 
まあ、暑いんでノイズ感はありますけどね。
 
実は、先日SE200Nのドローチューブをぶった切って、
「謎の光条」撲滅の決定版だと思っていたのですが、
まだまだ、出るのですよね〜。もう、いやになっちゃう。
 
Photo_2
 
Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改)from Mr.Maruko
ISO400/10分×9枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
RAP2(ダーク、フラット補正)、ステライメージ6.5(コンポジットなど)、Photoshop CC
 
構図、ずれました(笑)。
予定では、淡いところが写ってるはずだったんですが、
ちょっと間違えたみたいです〜。下にズレました。
本体がもうちょっと上にいる予定なんですけどね。
こういうところ、なんとかしないといけないですなあ、はっはっは。
 
「謎の光条」の原因と関連しているとは思うのですが、
写野内の位置によるピントのズレも尋常ではないです。
これは、翌日に直ったんですけど、こういう不安定なところをなんとかしたいです。
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年8月10日 (土)

原村星まつりの帰りに撮った天の川。

Sonohara

 
Canon EOS Kiss Digital(改)From Mr.MARUKO
Canon EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 USM(27mm F6.3)
ISO800/5分/32枚
タカハシEM200にてノータッチガイド
RAP2(ダーク減算)/ステライメージ6.5(コンポジットなど)/Photoshop CC
 
8/3をメインに原村星まつりに行ってきました。初参加です。
現地でのんたさんと会ったり、あの「瀬尾」さんを見かけたり、
─のんたさんが紹介してくれたのだけど、
 「スターショップのバーゲンを狙ってるんですよ」とは
 とうてい言えない─
あとは、誰を見ても「どこかで見た事ある人だなあ」などと思ったり、
道端小石さんとすれ違っていたりとか…。
「天文おじさん」って、なんかどっかで見た感じなんですよね〜。
 
今回は星まつりというより、現地に至る途中で高速道路を下り、
星を撮影するというわくわく計画も!
妙にテンションがあがっていました。
2日深夜に出発予定で、会社から帰宅して早々に仮眠をとろうとしていたのですが、
全く寝られませんでしたね。どういうわけでしょうか。
 
さて、2日は中央自動車道の園原インターでおりました。
が、曇り。でも、ときどき雲の間から見える星空は絶品。
 
そして3日の星まつりの件は省略。
現地には午前6時という、最ももり下がっている時間帯に到着。
(原村星まつり現地で撮った昆虫の写真(笑)などは
後日掲載できればと思っているわけですが)
 
で、帰りにまた園原インターそばで撮影。
※追記:東京方面からは園原インターでおりられません。手前の飯田山本インターでおり、園原まで行かなければなりませんでした。
 
4日1時くらいまでは快晴でした。
この時撮ったのが冒頭の天の川です。
はくちょう座のケツからケフェウス座のあたま(ですよね?)あたり。
なんともまあ、素晴らしい星空でした。
現地には夕方につき、1本だけ買った缶ビールを呑み、
寝袋に入ってうかれ気分で空をぼーーーっと眺めていました。
 
気ままなひとり旅。予定なんて、あってないようなもの。でした。
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年8月 4日 (日)

SE200Nのドローチューブを短く切断してやったことと、光軸調整いろいろ。

この前、自慢の鏡筒Kenko SE200N CRの主鏡を洗浄し、

再セッチングしたところ、斜鏡の調整に2日かかりました。
まったくもって、どういうことか、さっぱり合わないのでした。
でも、2日目には「今までで一番よいんでないの〜」
と自分で思うほど美しい出来だと思っていました。
 
が…。(ですよね、笑)。
デネブを試写したところとんでもないことになっていました。
見事に「謎の光条」が出てしまうし、四隅はいつもよりひどい…。
 
というわけで、「こいつ最近静かだな〜」と思っている人も
3人くらいはいらっしゃるのではないか、と想像しているわけですが、
SE200N CRの調整でやりたいことが多すぎて、
ブログどころではない、という状況なのです。
 
が…。
今日はなぜか心穏やかですので(原村に行ったから、という説も)
今までのことをさらりとおさらいしてみます。
でもですね、これは「解答」ではないのですよ。
ただたんに、こんなことやってたんです、っていうハナシです。
 
で、ついにやってしまいました。
今のOAG9 & TSコマコレクター & EOS Kiss Digital Xの組み合わせだと、
ドローチューブをほんの1ミリ程度出したくらいでピントが出ます。
その時に、鏡筒内にドローチューブがめちゃくちゃ出っ張っていて、
これがずうーーーーーーと気に入りませんでした。
だから、SE200N CRのドローチューブをぶった切ってやった。
 
自分なりに「光軸調整」をしているつもりなのに、
「謎の光条」が出るのは、こいつのせいではないか、と思っていました。
100%ではないにしろ、ある程度光軸調整ができているとしても出る。
それだけシビアってことなのだろうか、いや、シビアすぎないか。
せめて少しのエラーは吸収するようにしたい、そう考えたのです。
それに、鏡筒内にあんまり出っ張ってるのって、普通によくないですよね。
 
だから、切ってやりました。
 
Img_5444
 
右にころがってる切った分+1cmくらいは鏡筒内に出っ張っていました。
「謎の光条」は消えました。たぶん…。
 
次は「等光度曲線」のはなし。
ちょっと気になったので、フラット画像の「等光度曲線」ってのを
「ステライメージ」で見てみました。すると…。
 
Old
 
左のが、斜鏡長辺にカメラのセンサー長辺が対応するもので、
主鏡側に偏っている感じです。
右のが、カメラを90度回転させ、斜鏡短辺がカメラのセンサー長辺に対応。
同じく、主鏡側に偏っている感じです。
 
これに近い状態の時に撮った写真があります。
何枚かコンポジットしただけのものです。
星がひどいのでこっから先の処理は、やめにしました。
(ドローチューブ切断前ですので、真ん中の星に「謎の光条」が出てます) 
Amia_d
 
星がとんでもないです。右の方(主鏡側)は光条が2本になり、
ピントが合っていないことを示しています。
 
ちなみに、まるこうさんはカメラのスケアリング調整をされているようですが、
わたくしの場合は、まるこうさんの状態よりひどいです(笑)。
さらに、問題の切り分けができていないので
相変わらずSE200Nの調整を進めています。
 
さて、そんなわけで、自分では「光軸」がある程度合ってるつもりでしたが、
いったいこれはどういうことなんでしょうね。
 
ほんでもって、今日は素直に「レーザーコリメーター」で合わせたらどうなるか、ってやってみました。
これまでは「十字線入り」でやってました。
「十字線入り」で見ている分にはよくできたぜ! って思ってたんですけどね。
 
フラットを撮ってみました。こんな感じ。
 
New
 
あれ、なんかいい感じ?
もうちょい中央にずらしたいところですが、
とりあえずこの状態で星を撮ってみたいですね。
 
「星像と、周辺減光(等光度曲線)とは別の問題」
「等光度曲線の状態が、星像に反映される」
さて、いったいどっちが正解なのか…。

2013年8月 2日 (金)

「原村星まつり」に行ってきまぁす。

8月3日は、原村星まつりに行って参ります。
現地周辺で軽く撮影なんかもしてみたいなあと思っております。
で、何が怖いって、この間にスターショップで改造カメラの売り出しがはじまり、
(いっこうさん情報ではそろそろのはず)
帰ったころには売り切れているということ…。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »