フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まるこうさんに借りたカメラでのラストショットその1。M17。あと、EOS 40Dがやってきた。 | トップページ | 改造EOS Kiss Digital X from Mr.MARUKOラストショット。M33。 »

2013年8月25日 (日)

TSコマコレクター & OAG9 & EOSのバックフォーカスについてと、国立天文台台長の講演会に行って来たハナシ。

8/24、超然嫁の実家周辺にて、国立天文台台長・林正彦さんの講演会が開催されたので、行って来ました。

林さんは、嫁の実家のある地域出身なのですね。
だから「ふるさと資源再発見ナントカ…」っていう企画で、
地元ゆかりの著名人を呼んでお話を聞く、という趣旨のようでした。
林さんは、少年時代はこの土地の星空を眺めて過ごされたということなんですね。
 
ですが、大変申し訳ないことに、講演会ではほとんど寝ておりましたので、
報告するようなことはございません(笑)。
時折、目が覚めたときに、グラフだとかが目に入ったなあ、という感触とともに、
「やまねももんがさんのブログの抜粋のようだ」という、実はかなり的確ではないのか、と思われるような感想を抱いたりして、
大変失礼な時を過ごしてまいりました。
 
たぶん、一般人には「寝耳に水」というようなお話であったかもしれません。
いや、別にDISが入ってるわけじゃないです。
ともかく、行く前におにぎりを食べたのがいけなかったんですね。
 
とはいえ、最後の質疑応答で、地元の星空を褒めているあたり、
「俺はそこで天体写真を撮っているのだぜ」と、
「引き継いでいる感」を勝手に抱いたりしたものでした。
 
あ、おみやげもらったんですよ。
講演の内容はお伝えできませんので(笑)、せめてこんなもんでも。
 
Img_6803
 
なんか、ペットボトルとか入れたりするものみたいです。
そーいえば、建設予定の30メートル望遠鏡のお話もしてました。
 
さて、それはそうと、今日、とても気になることがありまして、
天文パイセンのご意見を伺いたいなと…。
わたくし、SE200N CRを使っていて、コマコレクターに
TSコマコレクターってのを装着して撮影などしているわけですが、
どうも「バックフォーカス」ってのがめちゃくちゃなんじゃないか、
っていうことに思い至りました。
 
現在の機材はSE200N CR>TSコマコレクター>TS OAG9>EOSっていう流れなんです。
で、TSコマコレクターのバックフォーカスが55mm。
TS OAG9の光路はEOSマウント仕様ですので、だいたい11mmですよね。
EOSはフランジバック44mm なんで、計算上は55mmでばっちりなんですが、
TSコマコレクターって、OAG9にがっつり入り込まないんですよ。
ずいぶんネジが余るんですね。その様子をご覧ください。
 
Img_6801
 
左がTSコマコレクター、右がOAG9です。
OAG9のネジ込みが浅いんですわ。
写真にあるようなスキマがなくなって初めて55mmになると思うのですが、
どーなんでしょ?
こういう考え方であってますか?
 
たぶん、3〜4ミリは短縮しなくてはならないと思うんですが…。
ちなみに、コマコレクターからカメラまでの間にフィルターなどは入っていません。
 
どーしてもコマが残りまくるのは、SE200N CRの光軸調整ばかりが原因ではないのではないか、と思いました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« まるこうさんに借りたカメラでのラストショットその1。M17。あと、EOS 40Dがやってきた。 | トップページ | 改造EOS Kiss Digital X from Mr.MARUKOラストショット。M33。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

 講演会聞けて、おまけまで貰えるっていいないいなぁ。うちらの近所、出身著名人なんていないよ~。
歌手の あさみちゆき ぐらいかなぁ(笑)

 TSコマコレクターの合焦位置が3㎜前進するってなってるので良いんじゃないですかぁ、ってウソです(笑)
天文パイセンじゃないしぃ、コマコレクターって使った事ないしぃ、意見言う資格も無いしぃ、
あるのはミッチーさんちにコメントしたかっただけだしぃ(笑)

貴重なお話し、寝ていてはダメですよー!

バックフォーカスはコマコレクターのレンズ後端から焦点面までの距離ですから、
実際にノギス等で測ってみるのはいかがでしょうか?
上の写真の横に溝があるリングのところがレンズ後端なら、みっちーさんのおっしゃるとおりですが、それより前にレンズの面があればいいってことになりますね。

なんて言ってる私はコマコレのバックフォーカスなど気にしたことはありません・・・。
MPCCはどうか、、計測してみます。

■山口のじぃさん
「あさみちゆき」さんって…。なんかすごそうですね。
いやでも、山口百恵さんとか、山口一臣さんとか、山口良一さんとか、いっぱいじゃあないですか!
全員、山口県出身なんでしょ?
コマコレ、こまったもんです。これじゃあ性能が発揮できないじゃないか! とビンボー根性なんですけどね。

■まるこうさん
すんません、お腹いっぱいだったもんで、寝ちゃいました。
娘には「いびきかかなかった?」と詰め寄られました。
さて、Web上には「ネジのところから55mm」みたいなこと書いてあるんですよ。
ネジの先っぽか、根元かによって大違いなんですけどね。どーも怪しいんですよ。
まるこうさんはカメラ内にフィルタありますよね、それだとバックフォーカスに影響与えるみたいなんで、
これまた多少の計算が必要みたいですよ。

■まるこうさん ふたたび
いま見てみたら、レンズは随分中に入ったところにありました…。
誤差って、どれくらい許容されるんでしょうかね。
専用設計じゃない場合って、ちゃんとした性能を出すのが難しいのかもしれませんね。
あともう少しバックフォーカスが長かったら、精神的に楽なんだけどなあ。

はじめまして。ただよしと申します。
先ほどは私のブログにコメントをお寄せ頂き、ありがとうございます。
なるほど。OAG9の望遠鏡側のM48メスは2.25[mm](実測)しかないので、コマコレのM48オスが長いと隙間が空いちゃいますよね。(私はMPCC mark3ですが、1.4[mm]隙間があります)
もし、これが原因でバックフォーカスが長くなってしまうようならば、コマコレのM48オスを削ってしまうのが良いかと思います。
しかし、削っても55[mm]に収まらない可能性があるように思います。私の場合は以下のようになっています。
OAG9はM48メスネジ部:2.25[mm]
OAG9本体+三裂テーパーT1仕様+T1-EOS部:10.75[mm]
合計 13.0[mm]ありませんか?
(参考 ttp://blogs.yahoo.co.jp/t_ksg/14686101.html)
私と同じ寸法だと仮定すると、隙間をゼロにできても、13+44=57[mm]になっちゃう可能性があるように思います。

■ただよしさん
こんばんは、わざわざありがとうございます。
「削る」って、たまに見かけるワードですが、まさか自分にも関係してくるとは…。

参考URLは、すでに穴があくほど(笑)見てましたよ。
MPCC mark3の実例として、興味深い記事でした。
OAG9の望遠鏡側って2.25mmも飛び出してましたか…。
これも含めて、T1-EOS部までおよそ11mm程度だと思ってました。
今テスト撮影中なんで、実物で確認できません(笑)。

ところでコマコレクターってだいたい「±●mm」とか書いてありますよね。
あれ、自分の場合、「+」なのか「−」なのか、どっちやねん!
って疑問で疑問で…。
おっしゃるとおり、57mmなら許容範囲内なのかもしれませんが、
「+」じゃなかったら目も当てられませんね。
「F値によって最適な値がちがうかも」って書いておられましたね。
これも大問題ですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/58064215

この記事へのトラックバック一覧です: TSコマコレクター & OAG9 & EOSのバックフォーカスについてと、国立天文台台長の講演会に行って来たハナシ。:

« まるこうさんに借りたカメラでのラストショットその1。M17。あと、EOS 40Dがやってきた。 | トップページ | 改造EOS Kiss Digital X from Mr.MARUKOラストショット。M33。 »