フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« IC2169。あと、今年のアイリス星雲は敗北ということで。 | トップページ | RCC1とOAG9とSE200N CR。 »

2013年10月19日 (土)

NGC1333をLPS-P1なしで in 園原。

Ab

10/13-14 長野県阿智村 園原
Kenko SE200N CR/TS コマコレクター
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)
ISO800/10分×6枚・15分×8枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
RAP2(ダーク減算)、Camera RAW8(現像)
ステライメージ6.5(コンポジットなど)、Photoshop CC

 
SE200Nにて、いつも装着しているLPS-P1フィルタをはずして撮ってみました。
フィルタをはずした目的は次のふたつの利点を確かめるためです。
1.光害カットフィルタをはずすと、色が豊富になる
2.光害カットフィルタをはずすと、露光時間がかせげる(?)
 
まあ、そーなんですよね。理屈としては。
ただ、ストレートにメリットが反映されるのかどうかが微妙、
という結果になりました。
 
まず、撮影地の園原は、とても良い星空です。ホント。長野県阿智村は
「環境省による全国星空継続観察で、
平成18年度『星が最も輝いて見える場所
第1位に選ばれた」とのこと。
 
こういうところなら、光害カットフィルタをはずしても
何ら問題なさそうなんですが、実際はどーもねー、って思いました。
 
画像処理しはじめて「これは、随分とネムいのではないか?」と感じました。
「低コントラスト」なのですね。
前日に園原遠征してLPS-P1装着で撮りましたが、全然雰囲気違うのです。
 
シロウト考えですが、露光時間に従って、
微妙な光害の影響を受けて背景のレベルがばんばん上がっていったのではないかと。
だから淡い星雲などが埋もれてネムい、という。どう思いますか?
 
実はこのNGC1333を撮影した前日に、
のんたさんと同じ場所に遠征していたのですね。
で、当日、のんたさんも光害カットフィルタなしで撮影していたので、
「どうでしたか?」と問い合わせたところ、どうやらぱっとしない、と。
 
園原でも光害カットフィルタをはずすのは良い方法ではなかったのでしょうか。
そういえば、ちょっと前に光害カットフィルタをはずすことについて、
まるこうさんに「ナントカとカントカがあるから、それは難しいだろう」
ってどこかでコメントもらってたんです。(過去ログ探しきれてない)
 
本当に真っ暗な空、まるで自分の手も見えないないような夜でないと、
光害カットフィルタをはずすのは得策ではないのかな。
 
というわけで、色が出るとかそういうレベル以前のお話ではありますが、
できれば、同じ対象を光害カットフィルタを付けて撮ってみたいですね。
このNGC1333は難易度高いので、実際「こんなもん」ってオチになったりして(笑)。
しかしNGC1333っていろいろな写真をネットや天文雑誌で見る事ができますが、
みなさんそれぞれアプローチ違ってすごいです。
周辺の分子雲をこれでもかと出している人もいれば、
主役部分の色をカラフルに出している人もいる、
構造を細かく出している人もいる、
ともかく、なんて面白い天体なんだ、と思いました。
 
そうそう、おりおんさんは鶴姫でフィルタなしで撮っておられるとのこと。
こうなると、難しいです。
 
さらに付け加えるならば、先日LPS-P1フィルタを、
不慮の事故で傷モノにしてしまいました…。
なんか、薄い膜みたいなもんがハラハラと…。
 
とゆーわけで、なんか買わないと…。
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« IC2169。あと、今年のアイリス星雲は敗北ということで。 | トップページ | RCC1とOAG9とSE200N CR。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

ナントカとナントカ・・・・、、うーん、自分でも記憶に御座いません。
ワッハッハ。

冷却CCDの撮影でもLPS-P2などの光害フィルタを常時着けている人もいるみたいですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/fruits_and_sky/52069359.html
やっぱり、コントラストが良くなるようです。

しかし、ミッチーさんはこういう星雲撮らせたらNo.1ですね。

■まるこうさん
ほんとに、ぼんやりアタマの端っこにあるんですよ。
当時は、自分で意味わからなかったんですね。
いろいろ調べて行くうちに、「あー、あの時!」って思い出すんですよ。
やっとレベルが追いついたっていう。
まるこうさんのLPS-P2とCLSナントカ(笑)の比較記事も今頃身にしみてますよ、ほんと。

参考URL、もう2年も前の記事なんですね…。
たとえ誰かの歩んだ道だとしても、やり続けます…。
ベテランの方には「明々白々」なんて思われてるのかなあ。

おはようございます。

貴重な実験結果を公開して頂いてありがとうございます。
期待した結果にはならなかったので、やはり日本では公害カットフィルターは必要なのでしょうかね。

ひとつだけ確認させて下さい。
LPS-P1フィルタをはずした場合、撮像素子の前には何らかの赤外カットフィルターは付いていますか?
撮像素子自体は赤外領域にも感度を持っていますからね。

こんにちは。
光害カットフィルターは、やはり必須なんですね。肉眼で見る分には十分に暗くて良い星空でも、光害でコントラストが低下する程度にはバックが明るいんですねえ…

う~ん・・・こんど鶴姫でLPS-P2着けて撮ってみようかな。
私は明るい場所、中光害地、暗い場所とあちこちに撮影に出かけますが、現地でいろんな方の話を聞くと「ずっと光害カットフィルターは着けっぱなし」って方が多いようですね。
ただ、その「着けっぱなし派」の方もしらびそでは外して撮影されたようでした。

おっしゃるように、かすかな光害を拾ってしまって結果、淡い星雲が眠くなる ってのはあるかもしれませんね。
それがどのくらいあるのか・・・機会があれば「魔女の横顔」あたりで検証したいと思います。
したいと思いますが・・・しないかもしれません(笑)

NGC1333 食指が動く対象ですね。分子雲も写ってていい感じです。 かなり難易度高そうです。


■やまねももんがさん
「期待した結果にならなかった」というのは、ある意味、正解にいきついたかも、という気がしています。
「期待した結果」につながるような分析をしなかったともいえるし、
「期待した結果」につながるような要因だけを採用した、ということもなかったわけですから。
ご質問のフィルタ関係ですが、
カメラがスターショップ氏の「新改造」ですので、次のようになるかと思います。
「純正フィルターを「Hαが透過する」フィルターに交換する改造方法です」
とのことです…。これでは詳しい事わかりませんかね〜?
ちょっと微妙かも?

■さとうさん
津のアイベルでLPS-P1を買ったことを、さとうさんが「良い買い物をした」って言ってくれたことを思い出します。
少なくとも、気軽に行ってる遠征地では光害カットフィルタは必須、と思いました。
これ「ナニナニ圏」ってところもあるかもしれないですけどね。
ここらへんは「名古屋圏」とかいうくくりにしちゃえば、なんか明るそうですし。
園原、ホントにいいところなんですけどねー。

■おりおんさん
スルドイですね。のんたさんも「しらびそとは違う」という感触だったみたいですよ。
(しらびそでは光害カットフィルタなしでイけてたみたい)
さて、日本にはどの程度光害カットフィルタなしで撮ってもオーケーな遠征地があるのか…。ですね。
鶴姫、どうでしょうね、LPS-P2つけてやってみてくださいよ。
ひょっとすると、おりおんさんにとって、とても良い結果をもたらすかもしれませんよ。
あえて淡いものじゃなくてもいいかもしれません。
普段通っている場所ですから、感触はつかめるのではないかと思います。
NGC1333はFSQ85だともっと広く撮れるわけで、もちろんまわりの星雲も含めての絵づくりになりますね。
一晩かけて狙うだけの価値がある、とても面白い対象だと思います。ぜひやってみてください。
って、おりおんさんにけしかけてばかりですみません。お互い、切磋琢磨しましょう!

マジで2連荘されたのですね。
うーーん、光害フィルタを持ってない私には・・
カメラレンズの時もなんでしょうかね?
当分はこのままがんばろっと。
また、遠征お願いしま~す。

やはり、園原では光害カットフィルターは必要かも知れませんね。西側道路には、たまに通る車や、北から東方面は中央自動車道が近い事など、西から北、北東から東の環境は思ったほど良くなさそうです。
 とは言っても、根の上よりは1段階から2段階上ですし、家から1時間弱(40分)という手軽さは魅力です。

LPS-P2フィルターを購入して5-6年経ちますが、今までどこへ行っても外して撮ったことはありませんでした。
しかし、昨年初めてしらびそへ行き、メインのBORG125ED+40Dはフィルター有りで撮影して、サブのEOSKissDはフィルターが無いので仕方なくなしで撮影しました。すると、なしで撮影した方が素直な色が出ているのです。
以前撮影していたフィルムの発色を思い出しました。ああ、これだと。やはり、光害カットフィルターは光害をカットしてくれる有り難いフィルターなんですが、必要な星の光(波長)もカットされてしまう諸刃の剣なんですね。今回10月初旬にしらびそへ行き初めてR200SS+5DM2で光害カットフィルターなしで撮影して、その印象をさらに強く持ちました。その感覚で今回園原でもなしで撮影したのですが、ミッチーさんと同じく『ねむい』画像となり、さらに不均一なカブリと思われるムラが出来てしまいました。
 こうしてみると、光害カットフィルターなしで撮影出来る場所はかなり限られてしまいます。もちろん、園原での撮影した10月12日〜13日のシーイングが悪かったのかも知れませんので、結論は出せませんが....
長文すいません。
 

■道端小石さん
まじ2連遠征ですよ。冗談だと思ってました?
光害カットフィルタですが、いろいろあって、予算がなくなってしまいました…。
11月遠征までにはなんとかしたいなあ、とか思ってますが、大丈夫かしら。
そういえば、道端小石さんはフルサイズのバヤイどーするんだ?って悩んでみえましたね。
みなさんどうしてるんでしょうか? どなたか良い知恵を…。
中にぶっこむやつはフルサイズだとないんでしたっけ?

■のんたさん
総合的に見て、園原は自分としてはベストの遠征地ですね。近いわりに暗いですから。
いつか「マジで勝負」っていうときに物足りなくなるかもしれませんけどねー。
来年あたり、懲りずにアイリスで失敗こいたら「しらびそだぁー」ってなるかもしれません。
光害カットフィルタのメリットは捨てがたいと。
そしてしらびそは、やはり聖地であったと。

園原で直焦点やったのは3回ですが、LPS-P1あるなしで、だいぶ違います。
空の状態としては、あの12-13は「まあ、いい感じ」というか「普通レベル」のような気がしてます。

 光害地天体愛好家の私には、LPS-P2は手放せません(笑。
 ノーマルカメラで赤い星雲が写るような真っ暗な遠征地ではやっぱり、ない方がいいに決まってます。特にLPS-P2の場合、山あり谷ありの不自然な分光特性なので、意図せずカットされている星由来の光線もあると思います。
 でも、そんな空はなかなかないですよね~。
 結局、肉眼で見えないものを、脳内映像に近づける作業なので、光害カットフィルターをつけて撮った写真と、つけないで撮った写真は、当然コントラストの処理も大きくかわりますし……。
 たとえば、世の中に出回っているオメガ星雲の写真が、すべて黄色だとしたら、画像をこねくりまわして、黄色くなった時点で、「やっと自然な色に仕上がりました」とか言ってそうだし(笑。
 まずは、光害カットフィルターをつけようか、はずそうか、悩んでみたいです(笑。

■阪神ファンいっこうさん
できれば使わない方がいい、だけど、使った方が総合的に見てよろしい、
そんなところが大半なのかな、と思った今回の結果。
無理しない処理の場合に出てきた色とか様子とかありますよね。
そういうことを常に意識していくことが大事かと思います。

デジカメ撮影がまだ未熟だったころ、「黄色いオメガ」みたいなミスリードはあったのかもしれません。
でも、技術が進歩している今、それが嘘だったってことに多くの人は気づいてますもんね。
とはいえ、そうはさせてくれない日本の事情というのがあるんですよね…。

いっこうさんも、もっと遠征出ればいいのにぃ〜。
今度いっしょに行きましょうよ。もちろん、道端小石さんもいっしょです(笑)。

残念ながらフルサイズデジカメ用のRF2(カメラマウント内部にはめ込むタイプ)は画角がけられてしまうためありません。 望遠鏡に接続するなら、コマコレクター前の52mmネジにねじ込めますが、カメラのレンズの場合は各々の大きさのフィルターを用意するか、77mm位の大きなフィルターを買っておいて後はステップダウンリングで合わせるしか無いですね。でもフードがその場合取り付けられないかなあ。どうなんでしょう。

野々村は52mm径のフィルターしか持っていないのでSAMYANG35mm等の広角レンズはノーフィルターとなります。どちらにせよ光害カットフィルターは角度依存性があるので、広角レンズは使えないと思います。何mm以下が使えなかったのかな? 
はめ込むタイプならどんなレンズでも使えますけどね。

 アイソン彗星用に77mmのLPS-P2フィルタ買おうかな。まえオークションで出てましたね。

■のんたさん
フルサイズでは内部はめ込みタイプはキビシい、というのは道端小石さんも悩んでおられました。
77mm径でも、めっちゃ高そうです。お高いんでしょ〜。
そーいえば、広角では無理なんで、内部に入れられないかってことでしたね。

うーん、どっかにありそうですけどね、中に入れるヤツ。海外とかで…。

オークションといえば、例の「激安」っての買ってくださいよ(笑)
今だけお安いみたいですよ〜。

もう売ってなかったですね。
今持っているEF24-105mmとSamyang35mmが丁度同じ77mm径と同じなのでいいのですが、広角側は何mmまで使えるのか調べて見ると....

『入射角25~30度程度になると光害除去効果が無くなる。製造上のバラツキを考えると入射角15度以内、カメラレンズでの画角制限としては30度以内。これはフルサイズで85mmレンズ程度、APS-Cで55mmレンズ程度になるので、標準~広角の星野写真では使えない』

うーんきびしい。結局望遠系でないと使えないんですね。でもはめ込むタイプのFFフィルターなら(入射角が関係ないので)大丈夫なことは確認済み。広角レンズでLPS-P2を使いたいときはAPS-Cカメラで撮るしか無いですね。

■のんたさん
そうなんですよね、広角で撮って見える方は、みなさん中にはめ込むタイプなんですよね。
おもて側につけると、変な色がついたりしますね。
でも、こんな基本的なことですから、どっかにありそうだな〜とか思ったりするのは前述の通りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/58416515

この記事へのトラックバック一覧です: NGC1333をLPS-P1なしで in 園原。:

« IC2169。あと、今年のアイリス星雲は敗北ということで。 | トップページ | RCC1とOAG9とSE200N CR。 »