フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オリオン座その2と、RCC1&SE200N試写。 | トップページ | Photoshop「シャドウ・ハイライト」を天体写真に使ってみました。 »

2013年11月14日 (木)

NGC2024 a.k.a. 燃える木。特定秘密あり。

03

11/1-2 長野県下伊那郡平谷村
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1/IDAS LPS-P2
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)ISO800/13分×16枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
RAP2(ダーク、フラット補正)、Camera RAW8(現像)
ステライメージ6.5(コンポジットなど)、Photoshop CC

 
ちょっと※※※※※?
 
バーダーRCC1導入後初の撮影となりました。
左側に大きな※※※※※が※※ので、※※※してはあるのですが、※※でしょうか。
 
※※色の※※※で、SE200Nの※※※※の形がはっきり分かるほどのものでした。
そういえば、※※※も、初登場で、結構いろいろ新しくなっていたのですね。
原因はそのあたりにあるのでは、と思っていますが、
いずれにせよ、この※※は避けられないような気がしていますから、
※※※のある※※※を※※する場合は、※※方が※※でしょうね。
 
────────────────────────────────
いくつかの伏せ字は、ワタクシが特定秘密と判断した部分です。
時が経てば、公開されるでしょう…。
 
あ、遊んじゃってすみません。次回、あれこれ思ったことを書きます。

« オリオン座その2と、RCC1&SE200N試写。 | トップページ | Photoshop「シャドウ・ハイライト」を天体写真に使ってみました。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

 たしかにそうですね。おっしゃる通りだと思います。一方ではまた違った見方もできるのではないでしょうか……って、おい!  それにしてもすごいですね。光条。って、そこかい! 便乗して楽しませていただきました(笑。
 冗談はさておき、すごいですね。ハッブルライクですね。そうか、こんなんなってるんや~、と感動しました。
 208分。3時間28分。ひょえ~。今朝、目覚めてから出撃してセッティングして撮影して帰ってくるまでの所要時間、2時間45分でした(笑。

 たしかに、※※色の※※※で、SE200Nの※※※※の形がはっきりみえますねぇ。
※※※※※のあたりはまだ※※※※ですから、う~ん、なんとも※※※ですねぇ。
 いずれにしてもミ※チーさんの事だからうまく※※※※るでしょう(笑)

 でも、先回のソフトフィルターといい、今回のこの構図といい、斬新を通りこして未来を感じます。
技術に裏付けされた力。う~ン、素晴らしい。
 わたしもこんなん撮りた~い。ベンキョ、勉強。

1日の遠征結果ですか。
すごいっすね。

**が***だから、***なのかも~
12月はよろしくお願いします!

※※ーっ!!※※※ですね・・・意外に「※」使うと楽しい(笑)
いやほんと、特定秘密多すぎですよ(笑)
また、こっそり教えてください(笑)

燃える木の暗黒帯の周りって結構赤がきてるんですね。知らなかったです。
ほんと、ミッチーさんの構図はいつも斬新ですねぇ。
この辺りをこんな風に切り取った画像は見たことないですよ。
定番の構図ばかりの私はとても勉強になります。

撮影時にパソコンで少し見せて貰った写真の完成形ですね。
上手に****消しましたね。どうやったんですか?LPS−P2使うと星の**が**くなったり
LPS-P2使わないときより燃える木が**くなったりしますね。
この辺りの***バランス調整が難しいのが難点です。

いや、確かにそうですね。牛スジの煮込みはコラーゲンが多いとかなんとか言ってますが、胃でアミノ酸に分解されてしまいますよね。意味ないですよね。
って、えっ?違う?失礼しました。

見慣れた対象もこうやると全く違った印象になるんですねえ。目からウロコが落ちて眼球まで落ちました。

星が生まれようとしているこの緑っぽいモヤモヤのなかに、美を見いだす。天体写真界の鬼才と呼ばせていただきます。

■阪神ファンいっこうさん
サーセン、次はまじめに書きますから…。
「光条」こういう対象があるから、なるべくきれいにしたいと思ってたんです。
もうちょっとナントカならんか、とは思うのですが、まあ、端っこだしねー、って!

あ、でも彗星メインだと、そういう積み重ねが大事なんだと思いますよ。
結構な頻度で彗星を撮影されてる方、すごいなあ、と思ってみてます。
で、おかげで、自分で撮ろうという気にならないという悪い影響も(笑)。

■山口のじぃさん
えっ! 見えますかー! すばらしい!
実はそこが一番のツッコミどころなんですね。まあ、そこの詳細はWebで、ってことで。
この構図はですね、「制約」がもたらしたものではあるんですが、狙いもありました。
でも、その狙いを阻むいろんな敵がいるわけで…。
それはそうと「ミ※チー」って!

■道端小石さん
実はこれ、ある心理テストなんですよ。
道端さんだけ「※」を半角で打ってますね。
「※」を半角で打つあなたは、将来※※※する※が、※ってしまう※※※があるんです。(※※※、※)。
とはいえ、※※というのは、※※という側面が※りますから、※※ることはないでしょう。
ぜひ、※※ってください。

あ、来月、寒そうですね(笑)

■おりおんさん
ちょっと特定秘密ギャグやってみたかっただけなんっすけどね。サーセン。
そうそう、暗黒帯のまわりの赤って、いったいなんでしょうね。
出来上がってみて、へぇ〜、こんなんなってるんだー、って気づきました。
特定の部分だけいじくる処理はしてないので、何か「傾向」はあるんでしょうね。
さて、まじめなハナシ、この画像に関しての別アプローチからの処理を試してみたいと思っているので、
それも含め、いずれ秘密なしで書きますので、よろしかったら一緒に考察してください。

■のんたさん
消した件に関しては、「チマチマ」ですかね。
あとは、目立たない程度にとどめた、というところですか。
で、その他のコメントに関して、すごーく、のんたさんの言わんとしていることが分かります。
多分、同じことを感じているのだと思います。
その辺の修正も含めて、次回、いろいろ秘密なしで書きますので、よろしかったら一緒に考察してください。

■まるこうさん
そうなんですよ! コラーゲンを口から入れてどーなるんだ! っていうハナシですよ、いやまじでほんと!
あのー、顔に塗り籠むとかいうのは、アリなんでしょうか?
「緑っぽい」。ですよねー。ちょっと考えます…。
これ、SE200Nで撮る時、まるこうさんも困りましたよね。馬頭を入れるか、入れないか、で。
入れると全体が窮屈になりますから、今回は「燃える木」だけにしてみたかったんです。
で、「木の下」のNGC2023も含め淡い広がりを出したかったんです。
でもまあ、やっぱり「輝星」関連のやっかいな問題が起こりまして、そうは問屋がおろしませんでした…。
その辺も含め、次回は秘密なしでいろいろ書きますので、ぜひ、一緒に考察いただければと…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/58571412

この記事へのトラックバック一覧です: NGC2024 a.k.a. 燃える木。特定秘密あり。:

« オリオン座その2と、RCC1&SE200N試写。 | トップページ | Photoshop「シャドウ・ハイライト」を天体写真に使ってみました。 »