フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Photoshop「シャドウ・ハイライト」を天体写真に使ってみました。 | トップページ | アイソン彗星じゃない方。 »

2013年11月24日 (日)

ぎょしゃ座と壁。あと、彗星を追うオトコたち。

03_lev

11/11-12 岐阜県多治見市(自宅)
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)
Canon EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 USM(52mm F6.3)
Kenko PRO1DプロソフトンA ISO800/420秒/32枚
タカハシEM200(ノータッチガイド)
 
左がぎょしゃ座、右が自宅壁です。
もう少し右によせれば、窓も入ったかもしれません(笑)。
そんなことするヤツはいませんね。
 
32枚コンポジットの威力…。
実は、遠征地で32枚確保した素材があります。
ペルセウス座からすばるにかけてのカメラレンズによる撮影です。
1枚画像みてるだけで「いやあ、わはっはっは」と自己満足。
これがもったいなくて、処理できないでいるんですよねー。
 
そんなことはともかく、この画像の処理にも先日来研究中の
Photoshop「シャドウ・ハイライト」を使用してみました。
恒星中心の写真ですから「どーかなー」とは思いましたが、
そこそこ違和感なく使えました。
 
それよりも、Camera RAWプラグインでカブリを修正しよう、というのもやってみましたが、
こちらは案外不便。
従来型の、調整レイヤーを使用した修正の方が使い勝手がいいです。
リアルタイムで結果が見られるのは調整レイヤーでした。
微調整のレスポンスがいい、というのはとても重要な事だと感じました。
 
が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。
 
こんな風に、ぎょしゃ座とか自宅で撮って喜んでいるわたくしですが、
最近はなにやら「彗星」というものが話題の様子。
 
あ、ここにも彗星に夢中のオトコたちがいましたよ!
Img_7047_2
 
「オトコ」とかいうな! 「オッサン」だ!
という声が聞こえてきそうですが、
天文パイセンの案内でアイソン彗星を観てきました。
初アイソンでした!
 
おまけに、「水星」まで観られました。久々に「土星」まで!
上の写真には「水星」が写ってますよ。
 
アイソン彗星の方は、写真にはまともにおさめられませんでしたが、
いろいろあって、とても良い思い出となったのでした。
ひょっとすると、アイソン彗星は、ぶっこわれて観られなくなってしまうかもしれない、
と心配していたので、なんとか観られて、ほんとによかったです。

« Photoshop「シャドウ・ハイライト」を天体写真に使ってみました。 | トップページ | アイソン彗星じゃない方。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おおっ!!本当に多治見とは思えない写り。素晴らしい。この写真を見ると、遠征しなくても良いような気になってきます。

アイソン彗星観望楽しかったというか悔しかったというか。
もう30分早くこの写真の様に霧が晴れてくれれば....残念です。
12月に期待しましょう。

ぎょしゃ座すばらしい。「石垣島で撮った」って言われても信用しちゃう。

雲海の写真も素敵ですね。でも、水星の場所は分からないなぁ。
アイソンが無事に太陽から戻って来て、この空にボォアって尾を広げてくれるといいなぁ。

ミッチーさんの最近の星野写真は豪勢ですよねぇ
このボリューム感は真似できません^^;
自宅で420秒露光とかすごいです。
12月期待してまーす~~

見上げた空から雪が降ってきた・・・ような写真、綺麗ですねぇ。
壁もなんかスゴイな と見入ってしまいましたが。
シャドウ・ハイライト、わたしもたま~に使いますね。
なんか変になったらすぐにポイッですが、けっこういい感じになる事もありますよねぇ。

遠征地での32枚、楽しみにしてますよ~。

こんばんは。

自宅でこれが撮れるとは、、、。
遠征して撮ったものはさらに凄いのでしょうね。
早く処理して見せて下さいよ。

「シャドウ・ハイライト」は、猫の写真では常用しています。
なかなか便利なコマンドですよね。

アイソン彗星は素晴らしい環境で見られたのですね。

■のんたさん
最近なぜか自宅モノが楽しいです。ほんでも、カブリとか大変なんですけどねー。
この日は残念でしたが、いい思い出です。
おかげさまで水星も観られました。ありがとうございます。
あ、のんたさん、写ってますよ。双眼鏡のぞいてるオッサンです(笑)。

■たか丸さん
あ、一番右に写ってる素敵なオッサンですね(笑)
こんなところまでわざわざありがとうございます。

アイソン彗星、この日しか観てない自分には、来月期待です。
ぶっこわれる寸前までがんばっていただきたいものですね。

■道端小石さん
ほんと道端さんが名古屋駅周辺でがんばっておられるので、
自分はずいぶんと恵まれているのだなあ、と実感しております。
ソフトフィルタ買ってから、こういうのが楽しくって楽しくって。
壁とか電線とかなければいいんですけど。

■おりおんさん
おりおんさんの「電線」に対抗するっていう気持ちもありましたね(笑)。
電線よりもボリューム満点の壁なら勝てるだろうって…。
あれー、おりおんさんも「シャドウ・ハイライト」使ってたんですか。早く言ってくださいよ〜。
今、活用方法を探ってるところなんで「これ、やばいぜ」ってのがあったらちらほら教えてくださいな。

■やまねももんがさん
うーむ、遠征地のはほんとにもったいなくて、後回し後回し、って感じに腐らせてます。
わたくしも、早く見たいんですけど(笑)。
「シャドウ・ハイライト」そういうえば猫ちゃんので使ってるのでしたね。
星雲なんかだととっても有効な気がしていて、研究中なのです。
実はすごーく「使える」のかなあと…。

アイソン彗星を見た現場は、のんたさんが開拓した場所で、
明るくなってから全貌が明らかになりましたが、なんかすごーく「神秘」でした。
案外近くて良いので、来月もがんばりまーす。

魅惑の五角形・・・。てな感じです。(どんな感じだ!!)
それにしても32枚コンポジットって、あーた!
やっぱりミッチーさんはやることが大胆というか徹底しているというか・・・。
出来上がった画像はめっちゃ綺麗でかっこいいです。

調整レイヤーでのカブリ補正、やってはみるのですが、うまくいった試しがありません。減光くらいならともかく、色がついたカブリはなかなか手に負えないです。

アイソン彗星消えちゃいましたね....残念すぎます。
でもラブジョイ彗星が結構明るくなっているようで明日楽しみです。
16時には到着の予定です。

アイソン彗星生きていたって!!!
良かったねー

■まるこうさん
いやー、コンポジットは、やればやるほどその効果にびっくりですよ、わはははは。
色カブリの補正って、よーく考えるとコンポジット前にやるべきですよね。
撮影時刻に従って、1枚1枚色カブリの傾向は違うわけですから。
まるこうさんやいっこうさんみたいな光害地とかだとなおさらですよね。
ここらへん、ちょっと考えてみたいと思ってます。

■のんたさん
そうですねー、ぶっこわれちゃいましたねー、って、えーっ! 復活?
なんか残りかすのような気がしなくもないですが…。
来月も輝いてくれるんでしょうか…。

おはようございます。
何なんですか、この星の数は!クリスマスの電飾かと思いました。
合計3時間半の露光は見応えがありますね。私が最近挑戦して敗退した IC405 と IC410 まで写っていますね。このような位置関係だったんですね。
このような素晴らしいものを見てしまうと期待が広がってしまいまして、もっと色々な領域も見てみたくなってしまいました。大変ですよね。

■ただよしさん
おぉ、ただよしさんではないですか!
よく「微恒星がうるさい」とか聞きますが、わたくしはそれに断固反対している政党(?)です。
ここらへんは、星がたくさんあってあたりまえですからね!

しかし「敗退した」っていうの、なんとなーくお察しします。
わたくし、最近難易度の高い対象に挑戦してばかりで、直焦点は収穫なしです。
まー、ともかく、挑戦する、興味がわく、ってのはとってもいいですよね。

とはいえ、写しやすいもので楽しくいくのも時々はさんでいかないと…。


宇宙はでっかい、われわれのこだわりなんか、容易に吸収しちゃいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/58637626

この記事へのトラックバック一覧です: ぎょしゃ座と壁。あと、彗星を追うオトコたち。:

« Photoshop「シャドウ・ハイライト」を天体写真に使ってみました。 | トップページ | アイソン彗星じゃない方。 »