フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ぎょしゃ座と壁。あと、彗星を追うオトコたち。 | トップページ | NGC1333。 »

2013年12月 4日 (水)

アイソン彗星じゃない方。

Tall3

Tall3b
 
12/1 長野県阿智村
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1/IDAS LPS-P2
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)
ISO1600/60秒×2枚を4コマモザイク
タカハシEM-200(ノータッチガイド)
RAP2(ダーク、フラット補正)、Camera RAW8(現像)、Photoshop CC
 
どーも、いけませんね。
「彗星って、どう撮るのか」ってよく調べずに「ノリ」でやったところもあります。
(試しに撮ってみたらものすごく立派で、遠征をご一緒したのんたさんに
「ラブジョイおもしろーい」と言ったくらい)
 
こんな立派な彗星を見るのは初めてです。
子どものころ、ハレー彗星ブームがありましたが、アレは、あんまりでした。
その後、結構立派な彗星は数々現れたようですが、自分は天文から離れてましたから。
 
尾は、4枚くらいモザイクすれば入るかと思ってましたが、全然ですね。
しかしこうやって、1分程度のを2枚撮って構図をずらして、を繰り返すのは大変。
超高速低ノイズ高感度のシステムが必要とされますね…。そんなんあるんですか?
 
オートガイドは使えないから1枚あたりの時間はそこそこに、
だから感度は高く、そしてノイズは少なく…。夢のような話ですね。
でも、どこかで誰かが克服するのでしょうか。
 
処理に関しては、ノイズ度外視というアプローチですしね。
上のカラーのは、ちょっと控えましたけど。反転の方で激しくやってみました。
シマシマがすごーく気になるんですけど。
 
 
もうひとつ遊んでみました。
 
53_59
 
これは一番目の写真とは違って、7枚を加算平均したもの(左側)です。
で、右の変な写真(笑)が、「ステライメージ6.5」で「ローテーショナル・グラディエント」処理を施したものです。
(「そこに使うんじゃねーよ!」とか言われたら怖い)
どこかの誰かが、もうちょっとまともにやってくれるかなあ。
でも、ちょっと尾の構造がわかるような感じしません?
 
でもまあ、のんたさんが撮った「普通」の写真の方が尾の構造はよくわかるわけで(笑)
 
最後に、もひとつ。
 
Img_7107
 
12/1 4:36 長野県阿智村
Canon EOS Kiss Digital X(ノーマル)
Canon EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 USM(27mm F5)
ISO1600/480秒
タカハシEM-200(ノータッチガイド)

 
同じ日、同じ場所で。もう、北とか南とか、めちゃくちゃ!

« ぎょしゃ座と壁。あと、彗星を追うオトコたち。 | トップページ | NGC1333。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

彗星大きくしっかり撮れてますね。
広角でも尾の長さがすごいのがよくわかります!
超高速低ノイズ高感度って
露光時間短い場合はカメラのノイズ除去をONにするといいとか?
今週末はついていきますよ~~~~

おはようございます。

彗星の撮影は初めてなのですか?
いきなりモザイクとはミッチーさんらしいですね。
彗星の撮影方法って特にあるのかなあ?
まあ移動しているので、その影響をどうするかということでしょうか。

ダーク減算しているのに、このシマシマは何でしょうね。
昔のデジカメでは、露光不足の画像を明るく補正してやるとよく出てきましたよ。

>「ローテーショナル・グラディエント」処理
名前は聞いたことはありますが、難しそうで勉強していません。

 ローテーショナル・グラディエントかぁ、わたしゃ勝負の早い9ボールがメインだったからなぁ(笑)
とうとうミッチーさんが彗星を撮ったぁ。彗星パスを決め込んでいたが、かくなる上は、早起きかぁ。
 でも調べもせずにチャチャッとでこれですかぁ。う~ン、死んだふりしてます(笑)

「そこに使うんじゃねーよ!」 (笑)
いやいや、ローテーショナル・グラディエント、恥ずかしながら初めて知りました~。
調べてみたら彗星の尾の処理には有効なようですね。
私も使ってみよう・・・と言いながらおそらく撮らないまま彗星は去っていく気がしてます。


あっ! これは縦縞の呪いですね!! (笑)。
全く、このノイズどこから出てくるんだろう・・。
縞を軽減するために、わざと写野を5ピクセルくらいずつずらして撮影するそうです。
ディザーガイドとかなんとか・・・。
んで、コンポジットしてやると縞が軽減されるんだそうですよ。

ちゅうか、なんだかんだ言って、いきなり彗星のすごい写真じゃないですか!
しかも、彗星にモザイクって・・。初めて見ましたよ。

こんばんは。
ミッチーさん先週はお疲れ様でした。久しぶりに一晩快晴で良かったですね。
それにしても1枚目、2枚目の縦縞気になりますね。

フラット作成時フラットダークを引くと消えるはずなんですが...フラット、フラットダークは当然同じISOでとってますよね? おかしいなあ。
今までも出ていました?

ローテーショナル・グラディエントおもしろいですね。
やってみよっと。

■道端小石さん
次回は是非きてくださいね。あ、死なないように、防寒しっかりしてですけど(笑)。
なんだかんだいって、つらくなると車の中で毛布にくるまってますよ。
今度は道端さんと車中でねんねすることになるのかなあ(笑)。
ノイズ除去とか、撮影時点で使いたくないですけど、短時間だったらいいのでしょうかね。
シマシマ、本気で取り組むしかなさそうです…。

■やまねももんがさん
彗星撮るのは初めてじゃないですが、こんだけ明るくて、視野の外に尾がはみ出すようなのは初です。
だからモザイクしてやろうかって思ったんです。
パンスターズ彗星のときに、めっちゃモザイクしたのが天文ガイドに載ってたんでマネしてみました。
いつもの「長時間」が通用しない世界ですね。
あとで、他の人の撮影データ見てみると、全然違ってたりしてびっくりしました!

このシマシマ、よく出るんですよ。
いままで「こんなもんかー」って思ってたんですが、みなさんの反応をみると、そうでもなさそうなので、
本気で取り組んでみます。
あ、「ローテーショナルグラディエント」、別に勉強したわけじゃないっす。
パラメータが単純だったんで、いろいろいじくっただけです。

■山口のじぃさん
いや、じぃさんがだんまりしてても、「そろそろドイツか…」って思いますから…。
年末年始は新月期なんですね。なんというか、がんばってくださいね、としか言いようがないという…。
ラブジョイ彗星、こんだけでっかくなったんで、撮ってみたくなりました。
でも、ひとりで遠征行ってたら、撮らなかったかもしれませんね。
あと、これは子どもに見せたいと思ってるんですよねー。できれば現場で。

■おりおんさん
去るのも結構ですよ。彗星は。
この処理はまあ、今回は遊びみたいなもんですから、おりおんさん、興味がわいてきたら、
ちゃんと素材をゲットして使ってみてくださいね。
彗星に使う「ローテーショナルグラディエント」って、「ステライメージ」の同機能でもいいんですかね?

■まるこうさん
実はこれ、「ヨコシマ」なんですね。
ディザーガイドは本質的な解決ではないので気持ちワルいですよね。
次のコメントでのんたさんが書いておられるように、フラット処理の過程で消える「べき」ものみたいですが…。
なんとか解決したいと思ってますんで、籠りますね。

彗星のモザイク、前述の通り、天文ガイドには載ってたわけですけど、
やっぱり移動との戦いですねー。

■のんたさん
フラット、フラットダーク、ライト、ダーク、すべて同じISOです。フラットとダークは現場で撮りました。
で、今までも出てますね。というか、40Dの撮影はあんまり数やってないですけどね〜。
ライト、ダーク、双方おなじようなシマシマが出てます。
適正なフラット処理で消えるはずですよね。
ただ、今までの先達の検証では、「短辺方向に平行なシマシマノイズ」ってのが気になるところです。
横方向はなんでしょう? 電源?
 
ちなみに、たくさんコンポジットしたものからも出てます。
というわけで、しばらくこの問題に取り組みますので、籠ります(笑)。
あ、遠征には行きますよ。

縦縞(横縞)ノイズはのんたも以前悩んだことがありましたが、最近はでたことがありません。
同じように40D持っていますので、一度双方持ち寄って検証してみましょうか。
ちまたでは、電源の問題とか、ダーク引いても変わらないとか、出るときとでないときがあるとか様々な用です。
この縦縞では、これ以上強調かけられませんもんね。
何とかしなきゃ。

 よく撮れてますね。なんだかんださすがです。
 縦縞なら、まちがいなく所沢方面の呪いですが、横縞だと関係ないですね。ちなみに変換の最初の候補は邪(よこしま)でした。これなら若干心当たりが……。
 ちなみに私も、1から8まで全部入れても9を入れた人が勝ち、という不条理なナインボール派です。

■のんたさん
ダークにもこのノイズが出てます。でも、ライトフレームとはちょっと様子が違うんですね。
フラット除算したのとしないのと比較してみましたが、除算した方が少なくなるような気がします。
フラットがマッチしてないのかな
それと、撮影環境の違い、いろいろ考えてみました。なにが違うのか…。

フラット撮影時は、乾燥空気を送り込んでませんでした。
フラット撮影時は、カメラをUSBでパソコンに接続してませんでした。
そこらへんでしょうか。

この縞があると気が落ちますね。
同じ日に撮ったNGC1333、いろいろ写ってはいるようですが、縞ノイズのせいでがっかりです。
改めて適正なフラットが取得できれば、なんとかなるもんなんでしょうかね。

■阪神ファンいっこうさん
いっこう村の呪いって、ひとごとだと思ってましたよ。
横縞、邪、ヨコシマ…。
縦のものが横になる…、いっこうさんはマギー司郎ですか…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/58693469

この記事へのトラックバック一覧です: アイソン彗星じゃない方。:

« ぎょしゃ座と壁。あと、彗星を追うオトコたち。 | トップページ | NGC1333。 »