フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NGC1973。 | トップページ | 全く新しい、黄色い鏡筒。 »

2014年1月28日 (火)

別の日のNGC1973。別の趣向で処理。

1973

2014/1/2-3 長野県阿智村
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800 8分×9枚/18秒×48枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC

 
前回と異なる日に撮影したNGC1973です。(またかよー)
今回は、すじすじシワシワ路線ではない趣向の処理を目指してみました。
でも、細部が出てくれないかなーと思って、
ちょっとだけ(レイヤーの透明度10%)前回の画像をブレンドしてあります。
 
あと、CCDStackで、ナントカsigma rejectみたいなもんを使いました。
人工衛星とか、その他もろもろの異質なものをコンポジットから除外するようです。
「ステライメージ」の「範囲外の値を除外」でしたっけ? あれと同じもんでしょうか。
それのおかげなんでしょうか、いつも強調処理前に、
スタンプツールで取り残し(?)のノイズみたいなもんを消してますが、
今回はノイズのようなものがとても少なかったです。
というわけで、全体的なノイズ感も少なく感じられ、
Camera RAWのノイズ軽減は、ほんのわずかしか適用しませんでした。
 
CCDStackに全画像を読み込んで、ぱらぱらと見てみると、
それぞれ写り具合が違うのがよくわかります。
シャキーンとシャープなのもあれば、「ぼやっ」としてるのもある。
ガイドがおかしくなってるのかなー。
 
Img_7244
 
年始は、雲の合間をぬって、こればっかり撮ってた、って感じですかね…。

« NGC1973。 | トップページ | 全く新しい、黄色い鏡筒。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

再処理かと思いきや、別の日に撮影されたんですね。
処理方法の違いによる効果を試すために同対象同構図で撮るって、いいですよね。
そういうのがスキルアップになるんだろうなぁ。
ナントカsigma rejectってのもよさそうですね。
私最近、Camera RAWのノイズ軽減に頼りすぎてるところがあるんですよねぇ。
あと、処理途中で「なんか出てきた」となった時点で慌てて消したりしてますが、これも前処理の段階で済んでればいちばんいいですよねぇ。


■おりおんさん
みんな「更新されてないな」って思ってるんだろうなーって感じでしたが、
おりおんさん気づいちゃいましたか(笑)。
前回の撮影時に、なんだか失敗してると思って、もう一度最初から撮り直してたんです。
同じ対象だとなんか飽きてきますけど、処理の趣向を変えたら面白いですね。
たしかに、勉強にはなりました。

CCDStackにはコンポジットのロジックやオプションが、たくさんあるようなんですよ…。
これが、悩ませる悩ませる…。

何にせよ、強調前の下処理は大事ですよね。
とりあえず、めちゃくちゃなトーンカーブ調整レイヤーとかかぶせて、
出てきた「いろいろ」を消すことから始めてます。

うーん、淡い星雲の出方がすばらしい。
ミッチーさん最近また上手になりましたね。 置いていかないでね(^_^;)

コメント見るとCCDstackよさげですね。やっぱり買おうかな......あかん、金がない。観測所に使いすぎた。
当分我慢します.....いや、やっぱり買おう。でないとミッチーさんにどんどん置いて行かれる(>_<)

来月画像処理会やりましょうね。

■のんたさん
CCDStackも観測所のうちですよ! って、でも、のんたさんは「ステライメージ7」ですもんね。
「7」じゃだめなのか、っていうところがよくわからんので、偉そうなこと言えません。

むふふ、この前の忘年会で教えていただいた「レベル補正」を何段階かに分ける、ってゆーの、
あれをはげしく使ってるんですよ。
ほんとに、ごくわずかのレベル補正を5段とか6段とか重ねて慎重に慎重にやると、
今までの乱暴な感じがなくなったような気がしてるんです。

ちなみにCCDStackの記事に書いたような印象を受けまして、
昨年のNGC1333を同様の手順で再度いじってみましたが、
結局、横縞ノイズのおかげで楽しい結果とはなりませんでした。
ひょっとするとあのカメラはISO1600だとヤバいんじゃないかと思い始めていて、
実はあれ以来、ISO1600で撮るのをやめてます。今のところ良好です。

あとは、海外のマニュアルみたいなもんをGoogleに翻訳してもらって読もうかと思ってるんですが、
まったく意味不明で困ってます(笑)。なんとなくニュアンスだけでも汲み取りたいなと。

道端さんも含め、みんなで勉強会やりたいですね!

 いいはまり方してますね。読ませていただいている我々も楽しいです。
 Gif動画で2枚を交互にみせてもらえると、違いがよくわかるかも。
「勉強会やりたいな、皆さんの処理、教えてほしいな」とよく思います。この「勉強したいな」という気持ち、なぜ高校生のときにもたなかったんでしょうか。真面目な学生だったのに(笑。

レベル補正細かく詰めてレイヤーで重ねると星が綺麗になりますね。
のんたも最近は10段階以上重ねます。この前のやり方もいいのですが、よっちゃんさんのやり方の方よさげな感じです。
CCDstack今度の勉強会までに買ってある程度出来るようにし用途思います。
日程調整しないと...
土曜日は仕事でしたっけ?
道端さんはどうなんでしょう?

■阪神ファンいっこうさん
Gif動画! いっこうさん風ですね。
「勉強会」たしかに、おのずから「学びたい」っていうのってそうそうないですもんね。
ワタクシはオトナになってから「人生にまったく役に立たない勉強をしてみたいな」って思い続けてるんですよ。
たとえば、あえて仕事をやめて、大学に通って「●●」を勉強するとか。
あ、「●●」のところはオトナのワタクシには公にはできません!

■のんたさん
10段ですか! 重ねれば重ねるほどよいのか…、シミュレーションしてみたいです。
おっと! 昨日は、のんたさん的には残念な天候のようでしたが、おつかれさまでした!
skyapeも勉強します〜。
道端さんもSkyape頼みますよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/59028484

この記事へのトラックバック一覧です: 別の日のNGC1973。別の趣向で処理。:

« NGC1973。 | トップページ | 全く新しい、黄色い鏡筒。 »