フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NGC5371からNGC5350にかけて。 | トップページ | M100と、たくさんのお友達。 »

2014年2月13日 (木)

M86、M84、NGC4438周辺。

Mar

2014/2/11 長野県阿智村
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800 9分×7枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC

 
2月11日、月が沈んでから天文薄明まで2時間くらいある、
一つだけ、一つだけ、と思って園原に行ってしまいました。
いわゆる「マルカリアンチェーン」の顔。
SE200Nだと、おりおんさんみたいに全体は撮れないので、
真ん中らへんにあるNGC4438の詳細が撮れたらうれしい、と思ってました。
 
この日、直焦点はこれだけなんですが、
日周運動の撮影(比較明合成)もやってみました。
そしたら、こんなふうになっちゃったんです…。
 
「スピカと火星」
Otome
 
「昇るベガ」
Koto
 
「星空が好き、肉も好き」。あ、失礼いたしました。
ワタクシの大好きなソフトフィルタを使ったからなんでしょうか、
それとも1枚あたりの時間が長いからなんでしょうか、
インターバルほぼゼロなのに、星がつながりませんでした…。
 
「SiriusComp」による比較明合成です。
ほかに「ステライメージ6.5」「KikuchiMagick」でも試しましたが、
同じような感じなので、撮影テクの問題なんでしょうね。
 
比較明といえば、ほんのちょっと前、やまねももんがさんがいろいろ実験されてたような…。
 
同じ天体写真といっても、それぞれにワザがあるのですね。
そういえばこの日、家に帰ってから、お昼に太陽の撮影もしてみました。(可視光)。
ちょっとですねー、笑っちゃうぐらいめちゃくちゃでした。
ってゆーか「こんな機材で星撮ってるのか?」と心配になるくらいでした…。

« NGC5371からNGC5350にかけて。 | トップページ | M100と、たくさんのお友達。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

くそ~~~~ (失礼しました^^;
とんでもないものを見てしまったような気がします。
いつかきっとカメラレンズで撮ってやる~~~~~~~

おはようございます。

なんか1つだけ凄い銀河がありますね。
他の銀河によって自分が変形してしまったのか、別の銀河を飲み込もうとしているのか。

2時間のために遠征されるようになりましたか。
その気持ち、よく分かりますよ。

私はどちらかと言うと、魚よりも肉のほうが好きです。
そして、私も星がつながりません。
1枚当たりの露光時間は影響ないと思っています。
ソフトフィルターを使うと目立つかもしれませんね。
ま、結局はインターバルの時間なんでしょうが、私のタイマーでは最小でも1秒入ってしまうのですよねえ。

いい色出してるなぁ~。
昔々、エクタクロームで撮った友人の星野写真の色に
感動したことを思い出しました。

ホントだ。変わった銀河がありますね。ここら辺も
面白そうですね。

 ほんと、何でもサラッとやってのけるミッチーさん。肉たらしいぜぇ(笑)
こんなミッチーさんなら、きっと深夜の太陽も撮れちゃうんでしょうね。
 インターバル0でも丸いものを繋げるのだから、串団子になるとは思いますがぁ。○○○
やったことないもんがスミマセン(笑)
わたしゃ、強制的ベジタリヤンだがねぇ。
フワフワのシャトーブリアン死ぬ直前に食っちゃる~ぅ。

■道端小石さん
微妙にかぶってますが(笑)、200mmだと1000mm直焦点とはまた別世界だと思うので、
道端さんのを楽しみにしてます。
ここらあたりから、ちょっと東にかけて、ずいぶんと楽しい領域のようですので、
広く撮ってモザイクするっての、どうです?
おとめ座全部モザイクより楽しいかもしれません!

■やまねももんがさん
おはようございます。そのすごい銀河は多分NGC4438だと思います。
M86とぶつかって、また離れてるみたいですよ。そんでめちゃくちゃになってるんだとか。
いわゆる「新月期」意外でもチャンスをみつけるようになってしまいました…。
新月期が絶好調の天気とはいえませんし、平日遠征は厳しいし…。
オジキの青春時代みたいですね(笑)

星、つながりませんか。インターバルは、ないつもりでも、1秒とか入っちゃうんですね。
ソフトフィルターのせいか、ウインナーみたいな軌跡になってますし。仕方ないんですかねー。

■ヤマボウシさん
色いいですか! わーい。わーい。
色を出そうと思って、感度低めにしたし、ソフトフィルターつけたりしてみました。
まあ、フィルタのせいで切れ目が目立つのでは、との推測もあるので、万事よろしいとは言えないわけですけど。

マルカリアンはメジャーですが、これを導入する時に失敗した近所で、
とっても面白いところ見つけたんで、今度それを撮ってみます!

■山口のじぃさん
「サラッ」ってのは、見かけだけです。
ここに出てこないぐちゃぐちゃしたもんが、いっぱいあるんですから(笑)
なるほどー、○○○、そうかも! あーそうだそうだ、それ、すごい発見ですよ!

男なら「肉」なんですけどねー、強制ベジタリヤンですか。
お体お大事に、です。家族の愛ですね。
でも「シャトーブリアン」って、ワインかと思ったですよ!

やはりミッチーさんの画像は独特の雰囲気がありますね。
器材はたいして変わらないはずなのなにが違うのでしょうか?
見た目だけでいえば、淡い部分の表現でしょうか。
淡い部分がつぶれないように、その分背景もやや明るめなのですが
ノイズッぽくならないのが不思議。
今回は薄いオレンジ色が水墨画の世界に彩りを添えています。

薄明まで2時間ある→撮影に行く
こういう思考は私持ち合わせておりません。(笑) 特に今の季節、寒いし~。
肉を食らってもっと貪欲に「すごい写真」を追求すべきですね。反省・・・。

いや、しかし、見事なマラカリアンチェーン。銀河も絡まりあんチェーンです。(寒い)
雲上さんもおっしゃってますが、淡い部分を持ち上げるテクニック、すごいです。
テクニックをYouTubeで公開すればお小遣いが稼げるんじゃあないでしょうか。

星がつながらないのはたぶん、1枚あたりの時間が長いからだと思いますよ。
私はたいてい20秒~30秒くらいで撮影してます。
でも、短いと色が犠牲になっちゃうんですよねぇ。。

素晴らしい顏のアップ。ミッチーさんが撮るとこうなるんですねぇ。
NGC4438のディテールすごいな。他の小さな銀河の渦巻きや暗黒帯までしっかり写ってますね。
めちゃくちゃ小さなお友達もたくさんいてにぎやかな領域ですねぇ。
薄明まで2時間あるので撮影。わかりますわかります~。
わたしもこの日、準備してたんですが予報が外れて曇り空。そのまま寝ましたよ。
時期尚早ですが夏の星雲を撮りたかったんですけどねぇ。

この前の電池に繋がなかった時のやつですか? ちゃんと撮れてますね。
固定撮影も綺麗な色が出ていて素晴らしいです。
でも、星が繋がらないのはどうしてなのかな? インターバルなしなら繋がると思うんだけど...

■雲上さん
何が違うか…、ひょっとすると、フラット処理かもしれません(笑、いや、ひょっとするとそうかも?)
ノイズ処理は、もっとも重点をおいてる、ってゆーか、そっから始まっちゃうのがイヤなんですけどね。
ノイズの少ない高性能なカメラがほしいなあ〜。
背景のあかるさ、暗さについても考えるところはあるんですよ、実は。

■まるこうさん
さ、SAMい!
ワタクシも「マルカリアンチェーン」にちなんだギャグはたくさん考えたんですよ。
なんなら、インチキWikipediaページでもでっちあげてやろうかと思ってたくらいですが、やめました(笑)。
まるこうさんはおかまいなく突っ走ってますが(笑)、まあ、肉のせいですよ、肉の。

えっ?! 1枚あたりの時間も影響するんですか。
いろんな見識があるんですね。どうしたらいいんだろ。短いと色のらないんですか…。
ソフトフィルタ使って、時間を超短く、っての、どうでしょうかね。
ちなみに、まるこうさんのブログは「ぐるぐる」っていうカテゴリがあるのですごくタメになりますね。

■おりおんさん
ワタクシの機材では、どーゆーことができるか、ってことを考えてみました。
それでも、他の人のみてると「いいなああ」って思いますけどね(笑)
この路線だと、もっとでっかい鏡筒欲しくなっちゃうし…。
おりおんさんの広い星雲見てると、単焦点欲しくなっちゃうし…。
まあ、そんなわけです。
ってゆーか、夏の星雲! は、はやい!

■のんたさん
そうです、パソコンが途中で死んでた日です。
おかげで、途中、オートガイドは動いてなかったのでした…。
ほんとは、この倍の枚数撮ってますね。いい感じの時間帯が全部パァ!
思わず叫んでしまいました。

日周運動、みごとにつながりませんでした!
元画像みると、ソフトフィルターに起因するのらしい、星の「ふくらみ」があるので、
それでつなぎ目がめだっちゃう、みたいな感じかなあと。
それを補うテクがないか、大募集中ですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/59126913

この記事へのトラックバック一覧です: M86、M84、NGC4438周辺。:

« NGC5371からNGC5350にかけて。 | トップページ | M100と、たくさんのお友達。 »