フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NGC1973からM42にかけて、SE200Nによる上下モザイク。 | トップページ | M86、M84、NGC4438周辺。 »

2014年2月11日 (火)

NGC5371からNGC5350にかけて。

Img_7565

 
そんなことはどうでもよろしい。
 
 
さて、1月31日から2月1日にかけて、
のんたさん、たか丸さんと園原遠征でした。
 
いよいよ銀河の季節到来です。
 
53715350
 
2014/1/31-2/1 長野県阿智村
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800 9分×10枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC
 
右にあるごちゃごちゃしたところで一番イケテル感じに渦を巻いてるのがNGC5350、
その周辺に5353/5354/5355/5358などがあるようです。
5356と5357はどこへ行ったんでしょうか。近くにいるんでしょうね。
で、左にある大きめの渦がNGC5371です。
 
こういう、お友達たくさん領域はワタクシの大好きな対象で、
この領域の撮影は3回目くらいでしょうか。
ちなみに、これと、 M100周辺は特に気に入っているところです。
 
もっとでっかい写真撮ってみたくなりますなあ。

« NGC1973からM42にかけて、SE200Nによる上下モザイク。 | トップページ | M86、M84、NGC4438周辺。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

どうでもよろしくないでしょう!
お嬢様、怪我など無かったですか?
シャッターチャンスのあまりの素晴らしさに、ちょっとやらせのような気がしないでもないですねえ。

群れている銀河が良いですねえ。
こういう写真を見ていると、私も大きく撮ってみたくなっちゃいます。
あと10歳若かったならなあ、、、。

いや~これは見事なすってんころりん!!素晴らしいですね。
ソチ五輪なら高得点ですよ。まじワロタwww

なるほど。お友達たくさん領域ですね(笑)
しばらくは銀河の季節ですね~。
私は夏の星雲が待ち遠しい季節です。


この転び方はいい点でますね。
でも、近くに煉瓦のようなものがあるのですが
けがはなかったですか??

銀河の季節ですね~
私も銀河狙いたいけど
さすがにベランダからじゃちょっと無理っぽいかなぁ??

200mmくらいでお薦めありますか???


 ミッチーさん。遂にピューりッツァー賞狙いに来ましたねぇ。
親子での挑戦!応援します(笑)

 いっぱいあるのはいぃけどぅ、画像処理の的絞りが難しいのですよ、私には。
M82とM81みたいにぃ。だからいつも一人ぼっちのポツン銀河ばかり撮ってます(笑)
 ま、たっぷり露光で踏ん張れば良いんでしょうけどね。

■やまねももんがさん
ご心配には及びません、ご本人、ここをすべりまくってきゃっきゃっきゃっきゃと楽しんでおりました。
ありがとうございます。
ちょっとした「すべり台」作って、橇ですべりまくってました。
やらせじゃないですよ(笑)。まあ、何度もすべってましたけど。
おじきは、今後10年後でも20年後でも撮ってるような気がしますよ!
多分、八ヶ岳に別荘持って、常設の巨大望遠鏡で毎日毎日…。

■おりおんさん
いやー、高得点高得点!
翌日も後ろ向きに滑り降りたりして喜んでました(笑)
こういうもんって、大人が心配するほど、子どもはびびらないんですよね。
見てるとヒヤヒヤします。

この領域、トリミングするとベスト!って感じなんですけどね。
あるいは、もうひとつ、「大きいお友達」が来てくれるとか(笑)

■道端小石さん
ありがとうございます。
すっころんで喜んでました!
父ちゃんは毛がないですけど…。
もうしばらく、このすべり台で遊んでくれそうです。
200mmでお薦めですか? うーん、そのスペックは未知の世界です、すんません。
雲上さんなんか、たくさん実績ありそうですよ。
でも、この季節、短焦点だと対象に困っちゃうみたいですね。
「おとめ座全部モザイク」とかどうですか?

■山口のじぃさん
えぇ、娘もキュウリは好きですよ。
でも、マヨネーズはつけませんね。

銀河、お友達と仲良く、です。
「的絞りが難しい」おっしゃるとおりです!
実はそういうことを、本文に書こうかと思ってたんですよ。
全部のお友達と仲良くするには、乱暴な背景処理はご法度ですから、悩みました…。
昨年よりは、ちゃんとしたマスクを作れるようになってるとは思ってはいますが、どうでしょうかね。

うん、きれいですねー。
バックのノイズのなさと星の綺麗な色はさすがミッチーさんです。最近の写真は一段と落ち着いた感じで安心して見られます。

もうちょっと大きく....確かに2000mm前後でもよさそうですね......ん? VISACで撮れば1800mmかあ。
分かりました。次回VISACで狙ってみますね。

いつものことながらISO1600換算で1時間露光にも満たないのに、
暗いノイズレスな背景に淡い銀河が見事に浮かび上がっていますね。
やはり空が良いだけじゃなく、画像処理の技!
かすかに黄色みがかった星がすごくマッチしています。
もっといろんな銀河の集まりを見せてください。

 ずっこけかたがたまりません(笑。ズコッ とか、擬音いれたくなります。山口のじぃさまなら確実にいれてます(笑。
 お嬢さんは、いつも新鮮な笑いを提供してくれますね。ありがとうございます。
 以前の写真と見比べるのも楽しいですね。
 そっちはまかせました。よろしくお願いします。

■のんたさん
いやぁ〜「安心して見られ」るなんて、なんてうれしいお言葉なんでしょう!
本気ですか?(笑)
1800mmでも、フルサイズだと、これより広くなっちゃいます?
どっちにしろ、5350、5371を詳細に撮れたらすばらしいと思います。
楽しみにしてまーーーす。

■雲上さん
思えば昨年、この対象を撮ってる頃から雲上さんが当ブログにきてくださるようになったような。
雲上さんも大好物ですよね!
「ISO1600換算で1時間露光にも満たない」…そうですよねー、最近、なかなかじっくり撮れなくて。
ISO1600にするのは、ワタクシの個体(40D)では、ちょっと怖いこと(横縞)も疑われますし。
星が黄色いの、なんだか自信ないんですよ、じつは(笑)。

■阪神ファンいっこうさん
いっこうさん、こういうの大好物だろうなって(笑)
この、両手がいいなあ、なんて思ったんです。ホント、やらせじゃないですから(笑)
なんというか、すっとこどっこい、ぼんくら、そんな感じでとってもほのぼのしてます。
娘のこういう感じ、毎日毎日楽しんでます。

こりゃ、コークスクリュー1080が決まったところですね。かっけー!!
こどもたちは呆れるくらい雪遊びが好きですよね。うちの中2男子も雪を見てはしゃいでおりますよ。

さて、相変わらず素晴らしい写真!! こんな対象をよく見つけてきますねぇ。
ごちゃごちゃしているところに赤い恒星がキラリン!って輝いているのが最高のアクセントになってますね。

■まるこうさん
かっこいいでしょ♩ どてーーーですよ!
このすべり台、まだ、がっつり残ってますが、また雪降るみたいですね…。
さらに大きくなるのかなあ。
「中2男子」(笑)。大きくなりましたね。この前、制服あわせてたのに…。
うちの息子も、今度中学生になります…。

こういう対象、みつけたときは小躍りです。
実はこれ、どっちか片一方だけのを Webで見つけたんですが、「焦点距離がもう少し長ければ近くに●●がある」
ってのを読んで「もしや!」と思って撮影してみたもんなんです。
ようやく、ちゃんと撮れましたよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/59113533

この記事へのトラックバック一覧です: NGC5371からNGC5350にかけて。:

« NGC1973からM42にかけて、SE200Nによる上下モザイク。 | トップページ | M86、M84、NGC4438周辺。 »