フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 別の日のNGC1973。別の趣向で処理。 | トップページ | NGC1973からM42にかけて、SE200Nによる上下モザイク。 »

2014年2月 2日 (日)

全く新しい、黄色い鏡筒。

Img_7521

 
うわーーーあっはっはっはっは。はっははは。
ははっは。はは。
 
垂乳根の、新しい鏡筒がやってきました。
遠征でご一緒する、のんたさんのダチ、たか丸さんから
「息子さんにどうですか?」と譲り受けた新鏡筒です。
 
金曜夜、遠征地で手渡されたこの鏡筒。
翌日は整備に励みました。
主鏡、副鏡を洗い、茜さす新鏡筒となりました。
 
Img_7533
 
調整前に、現地で久方の星なんぞを見てみました。
なんだか、懐かしい…。
ほら、導入できないさねかずら。
 
えーっと、ところどころ差し挟まれる枕詞には、まったく意味とか、流れとか、ありません。
 
最近、子どもたちを遠征に連れて行くことについて、いろいろ思い出すことがあります。
昨夏、息子と娘を根の上高原というところに連れて行ったとき、
二人とも、外でシート敷いて、寝袋入ってそのまま寝てたんですが、
今思うと、根源的な「恐怖」みたいなもんが後で襲ってくるんです。
原始、人間は外で寝てたんでしょうね。
なんかに食われたり、ってこともあったかもしれません。
 
02d
 
ふたりはこんなふうに、横に並んで寝てました。
(木星のゴーストみたいなもんがふたつあって、まるで惑星状星雲、赤い星雲のようです)

« 別の日のNGC1973。別の趣向で処理。 | トップページ | NGC1973からM42にかけて、SE200Nによる上下モザイク。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

 「垂乳根の、新しい鏡筒」(超新星爆笑)
またもや、反射鏡筒。1枚目の画像、130 OR 180と思うたやないですかぁ(笑)
 息子さんにですか?贅沢とは言わないのですね。いぃダチのダチをお持ちだ。
こちら、3月までじ~ッと我慢の子でいるというのに(笑)
 ミッチーさんのことだから、きっちり撮影鏡筒にしちゃうんでしょうね。
ファーストライトは済んでるでしょうからショット楽しみにしています。

 私のお友達も持ってますが、反射114mm眼視にはいいですね。
 赤道儀はどうされるんですか???
 これからは親子2ショットが見れるんですね。
 楽しみ~

一瞬ドキッとするじゃないですか!
ビックリしたなあ、もう。ついに行っちゃったかと。 
この鏡筒は高丸さんから譲り受けたこと生で聞いていたのに、ビックリ。 心臓が止まるかと思いました。

でもいつかはイプシロン欲しいなあ。

おはようございます。

私も遂に「あれか!」と思っちゃいましたよ~。

ビックリした~。
そりゃ誰しもが「あれを買ったかっ?!」と思いますよ(笑)

やっぱ人間て「暗闇に対する恐怖」みたいなもんがあるんでしょうね。
動物の気配を感じたり、遠吠えを聞いたりすると身構えたりしてしまいます。
本能なんでしょうか。
ただ、天体写真をやる者って「暗闇そのもの」に対する恐怖心みたいなものは薄れているかもしれませんね。
好んで真っ暗闇で一晩過ごすなんてのは、一般的な感覚からはありえないかもしれませんね~(笑)

 見せ方うますぎ。私もだまされました。そりゃ、ミッチーさんなら買いかねない、と思っちゃいますよ。なにせ赤道儀の前科がありますから(笑。
 わたしも、鏡筒、塗装しようかなぁ。なんてったってタイガースカラーだし、わたしも間違えてもらえるかもしれないし。あっ、観測地は真っ暗、シルエットでわかっちゃいますね(笑。

■山口のじぃさん
130か180か、男なら180と即答すべきでしょう。
ひとあしお先に、やってまいりました。何かのはずみで、じぃ様のところに早く届くことを祈っております。
いやー、これを撮影鏡筒にするには、相当の苦労が…。
今のところ、遠征のお供、って感じです。
息子には、庭で空でも見上げてもらいたいんですけどねー。

■道端小石さん
園原で見てみましたが、非常に使いごこちのよいものでした。
ちなみに、経緯台、三脚付きなんです! ありがたやありがたやー。
暖かくなったら、息子を引っ張りだしますので、その時はよろしくかわいがってやってください。

■のんたさん
やばいやばい、心臓止まったら人間は死んじゃうんじゃあないですか。よく知りませんが(笑)
黄色い鏡筒っていうと、そうなるなんて、かなり重症ですよ〜。

■やまねももんがさん
おはようございます。多分、アレだと思うに違いない! そう思って、楽しみにしてました。すみません。
でも、こうやって盛り上がりまくってるおじさんたちがたくさんいるのを、一般人はどう見てるのでしょうか…

■おりおんさん
わっはっは。高笑いが聞こえますでしょうか。
そうですね、闇の中の「がさがさ」っていう気配には、身構えちゃいますね。
向こうも緊張してるんでしょうが、お互い、動物なんですね。
「暗闇」といえば、先日は暗闇の中でお弁当食べました。
白い米以外、全部同じに見えました。口に入れて初めて「肉のようなものだなあ」と分かるという。

■阪神ファンいっこうさん
赤道儀の件は、すっかり刑期をつとめました。はい。
しばらくまじめに生きてゆきます(笑)。
時々は、小さな罪を犯すかもしれませんが…。
塗装したらですね、こうやって主鏡側だけ撮ればいいんですよ!

ご期待どおり、騙された。チキショー!

全く新しい・・。Appleじゃないんだからぁー。
鏡筒が黄色いだけでなんでこんなにときめいてしまうのでしょうか。
まぁ、一部の方だけでしょうが・・。(笑)

私も息子と一緒に夜遊びがしたいのですが、ゲームに夢中で付き合ってくれません。(泣)

何気にふたご座の写真がかっこいいなぁ。。

■まるこうさん
「まったく新しい」って表現、発明だと思ってますのでよくまねします(笑)。
黄色い鏡筒…、牧場ではまた一本売れたみたいですね。この差はなんなんでしょうか、いったい。
そーいえば、うちの息子もゲームばっかりやってますが、たぶん、夜遊びは好きだと思いますので、
だまくらかして連れ出します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/59057981

この記事へのトラックバック一覧です: 全く新しい、黄色い鏡筒。:

« 別の日のNGC1973。別の趣向で処理。 | トップページ | NGC1973からM42にかけて、SE200Nによる上下モザイク。 »