フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ケフェウス座は、好きですか。 | トップページ | なんかいっぱい集まってるなぁ、その1。M3。 »

2014年4月27日 (日)

遠征行きたい。「映画 クレヨンしんちゃん」。

M90_f2

M90
2014/4/23-24 岐阜県多治見市

Kenko SE200N CR/バーダーRCC1/LPS-P2
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800 10分×26枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC
 
遠征行けるときに、晴れてほしい。
自宅では、まあまあ活動してます。うれしい結果は残せませんが…。
 
ゴールデンウィークが本番を迎えたら、遠征できるかな。
 
今日「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」を子どもたちと観てきました。
「クレヨンしんちゃん」は、親も楽しめる映画だなあといつも思います。
 
「子どもが産まれてから、映画館に行かなくなった」とはよく聞く話しですが、
子どもがそこそこ大きくなると、いっしょに映画館に出かけられるようになります。
そんな時、選ぶ映画ってのは、お父ちゃんやお母ちゃんのお楽しみにはなかなかなりません。
でも、もう少し子どもが大きくなると、親のお楽しみにもなる選択肢が増えてきます。
最近では男の子のバヤイだと、「トランスフォーマー」シリーズが
適度に頭悪くて(笑)子どももお父ちゃんもお楽しみできます。そういう感じ。
そんな父親達がたくさんいるんでしょうね。
 
「ロボとーちゃん」は父親というものを描いていて、
もちろん作り手は「父親と観に来てほしい」って思ってるでしょうから、
そんな父親どもの心をくすぐるようなところはたくさんありました。
少年時代「ターミネーター」とか観て喜んでた人たちが親となり、しばらく映画館から離れ、
そしてしばらくすると子ども(男の子)を連れて「トランスフォーマー」とか
「パシフィック・リム」とか観に行けるようになって…。
そんな流れの中に、今年の「クレヨンしんちゃん」が突っ込んで来たって感じでしょうか。
 
これは親の「クレヨンしんちゃん離れ」を防止するとても良い作戦ですね。

« ケフェウス座は、好きですか。 | トップページ | なんかいっぱい集まってるなぁ、その1。M3。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

今回も見事なミッチーマジックの銀河を見せてもらいました。
どうしたら暗部のなめらかな諧調が出せるのか?
どうしたら背景が色付かずザラツキが出ないのか?
どうしたら星の淡い色が出せるのか?
どうしたら星や銀河が眠くならないのか?
簡単なコツがあったらこっそり教えてください。
あっ、4番目は光軸調整とかやったら少し改善するんですよね。

「クレヨンしんちゃん」前はWOWOWで録画して良く見てました。(子供では無くわたしだけ)

10分を26枚ですか。
だって、6枚で1時間ってことは・・
う~ん、ついていけない(笑)

 生きてる証しにしては、あいかわらずご機嫌な銀河を撮られてますねぇ。
260分も撮ってると、惑星が入ってたりしたらずれるのかなぁ、なんてことを考えちゃいます(笑)

 ミッチーパイセン、えぇお父さんしてますねぇ。反省してます。わたしのころは、バブル最盛期。
動いたら動いた分がお金になっていたので、家に帰るのがもったいなかった(笑)

10分26枚ですか。
やっぱ自宅撮影の時は、風呂入ったり寝ちゃったりして放置ですか?

ウチは女の子なので私のお楽しみ映画ってわけにはいきませんねぇ。
ヲタ系高2次女とはよく観に行きますが、都会でしか上映されないような「深夜アニメの劇場版」ばかりですね。
ビックリするほど高いパンフ買って、見終わればメイド喫茶でパスタ。
日本橋オタロードでフィギュアを買って・・・すべて私持ちですよ(泣)
私と行けばこずかい減らないですからねぇ。
トランスフォーマーとか観たいなぁ・・・。

■雲上さん
コツってゆーか、仕上げにPhotoshopで自由自在ってところがあるんだろうな、とは思います。
Photoshopに行く前、ハイライトもシャドウも、数値が残るように(飽和しないように)しておいて、
Photoshopでも、過剰な処理をせずに、少しずつ処理を重ね、
異常が見つかれば少しずつ修正していく、ってゆー感じでやってます。
雲上さんはまだPhotoshop導入してないでしたよね。おもしろいから、使ってみてくださいな。

「クレヨンしんちゃん」子どもなしで観るなんて! なんとゆーかお目が高いです!

■ヤマボウシさん
えー、でも、ほとんど寝てますから。
「撮影中にお布団に入ってる」って書いたら、やまねのオジキに怒られました(笑)
たまに起きてチェックしてますが、最近は暖かくなったので布団から出るのがらくちんです。

■山口のじぃさん
小惑星とかあったら、線になるんだろうなあとは思いますが、惑星はどうでしょうかね。
4時間、約1/6日ですね、動いて見えそう!
今のワタクシ、会社で仕事してるのがもったいない、とか思っちゃうんです。
いけないシトですよね(笑)。
「オレの大事な時間を会社なんぞに取られてたまるかっ!」って敵視してます。
でも、給料はくれ、と…。

■おりおんさん
放置です放置(笑)。長時間多枚数のコツですね。わっはっはあ。
いわゆる「イナバウアー」からスタートできれば、4時間まるっきし放置です。
小心者なんで、たまにチェックしますが。

ってゆーか、おりおんさんすごいですねー、高2次女ちゃん、なかなかいいんじゃないですか。
お父さんとしては、うれしいわけですよね。もっと詳しく話し聞きたい(笑)
フィギュアまで買わされるなんて…。
なんかすごく感動したので、今年もコメント大賞はおりおんさんに!
夏にまた「トランスフォーマー」やるみたいっすよ!

みっちーさん
10分×26枚=260分(4時間20分)露出..... だんだん露出時間が伸びていませんか(^_^)v
さすがに中光害地の多治見でもこれだけ露出するとなめらかな画像が得られるのかな。

お願いがあります。
これらのデータを使って、1枚、4枚、8枚、16枚、26枚コンポジットしたときの比較画像を載せてもらえませんか?
26枚コンポジットの効果が分かる良いデータになるような気がします。


■のんたさん
いやー、放ったらかしですから(笑)
まあ、自宅なんで、これくらいやらないと面白くないだろうなあなんて思ってますし。
それでもやっぱり、遠征と比べれば面白いもんじゃあないです。

コンポジット枚数比較ですか。
のんたパイセンの頼み、お断りするわけにはいきません。
さっそく取り組んでみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/59541948

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征行きたい。「映画 クレヨンしんちゃん」。:

« ケフェウス座は、好きですか。 | トップページ | なんかいっぱい集まってるなぁ、その1。M3。 »