フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014年5月29日 (木)

M71。

M71fase2_2

5/23-24 岐阜県加茂郡
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO1000/5分×11枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack2(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC
トリミング

 
これは、いつも通りの手癖で仕上げました。
さっと成果が見られるものがあると、少し安心したりして。

2014年5月22日 (木)

明日は園原、あさっては高嶺山かな。

Photo

 
明日は、ヘブンスそのはらスキー場の第ナントカ駐車場。
あさっては、家を早く出られるなら高嶺山行きたいです。
 
のんたさん達は、あさって高嶺山行くみたい。
晴れますように。

2014年5月20日 (火)

NGC4216周辺。

隕石が家に落っこちて来た、とゆー話しはまあ、
多くはないが、ものすごくわずかな確率であるのだ、という事は分かるので、
毛虫とか芋虫とかが、木から落っこちてきたのが、
その下を調子よく自転車で通過している自分にくっついてくる確率も、
できることなら計算して知らせて欲しいです。
 

4216_2

 

5/2-3 長野県阿智村
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800/8分×18枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack2(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC

 
銀河の写り具合というものは、鏡筒の調整具合を反映してるのかな、
と考えさせられた一枚でした。
前のヘルクレス座銀河団でも感じたことですが、「なんか、来ないなあ」みたいな(笑)
 
今ちょっと、デジカメワンショットカラーをRGBに分けて、
そこから質の高いL画像も生成して処理を進める、というのに取り組んでいます。
ステライメージのマニュアルにも書いてあった方法かと思うのですが、
最近、ただよしさんが実践されているのを見て、メリットがありそうなので挑戦、
というわけです。
 
もちろん、機材の能力をはるかに超えるL画像が得られるなんて思ってはいませんが、
処理のしやすさ、とか明快さ、みたいなもんが感じられれば
出てくるものが違ってくるんじゃないかなと。
 
こういうことは、始めからうまくいかないのですが、
だからといって、「だめだこりは!」となって、
今までの手癖に戻る事のないよう注意をしたいところです。
 
いやー、しかし、今までのやり方を捨てるってのは、苦しいですね。
 
苦しいばっかではいけないので、癒しをひとつ。
 
Img_8247
 
この遠征はゴールデンウィーク中でした。
遠征後、某所へ。
上の写真は、モンシロチョウのたまごを探すよそのおばあちゃんと超然嫁と娘です。
 
Img_8246
 
小さいあおむしもいたようですが、
本日、チョウチョになりました。
 
Img_9057

2014年5月13日 (火)

ヘルクレス座銀河団。

好きな言葉は「その時、会場のあちこちから失笑が漏れた」です。

 
さて、いつまでも露光不足の固定撮影写真ばかり載せていてはいけないと思い、
5月2日、長野県阿智村での結果を。
 
Her
 
5/2 長野県阿智村
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO1600/8分×12枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack2(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC
 
ここは俗にいう、MSDF(Michie Sokosoko Deep Field)。
相変わらず南北逆ですかね。
 
久しぶりにISO1600で撮ってみましたが、とても苦労しました。
やっぱりワタクシの40Dだと、あんまり使わない方がいいのかな〜、なんて。
 
一番おいしいところ。
 
Her2
 
かみのけ座銀河団とくらべて、恒星がとても多いので、
調子こいてると星がどんどん主役の座を奪おうとします。
 
こういうのは、ものすごい長焦点だとうきうきウォッチングなんでしょうが、
SE200Nなりに撮れる範囲でやってみるのもいいですね。
 
5月14日追記。
北を上にし、改めて恒星の処理などを見直してみました。
 
Abel2151_prn
 
Abel2151_2

2014年5月11日 (日)

ぼくとオメガと校庭で。

Boku_2

 
5月3日、長野県平谷村、高嶺山(たかねやま)。強風。
 
風がやんだら使えるもんが出てくるだろう、と思って
SE200Nでの直焦点撮影をしつつ、もう1台のカメラで星空撮影。
 
21時半過ぎ、「まだ風やまないなあ」と思いつつ、
空を見上げるボク。
 
南の方を向いていたカメラの前に立ち、
うんざりして空を見上げていたのが、
こんな風に写りました。
 
背中に「あきらめ」の様子がにじみ出ていますかね。
 
案の定、直焦点はさっぱり。
午前1時まで風がやまなかったら、
SE200Nを降ろそうと思っていました。
予定通り、SE200Nには引っ込んでもらいました。
 
その後で撮ったカメラレンズでの対象。
まったく上手に仕上げられません。
 
あ、そういえば、早いうちに明るい流れ星が写りました。
 
Nagare
 
流星の左にはω星団も。
写ってる車は、いろんなパイセンの車。
のんたさんのお知り合いの中天の方とか。
 
これが一応、遠征地その2。平谷。最終回。

2014年5月 8日 (木)

遠征地その1。長野県阿智村。

ずーっとケーキ屋さんだと思っていた店が、
実は美容院であるということに、開店から数年経った最近、
ようやく気づいた星景写真見習ミッチーがお送りしております。

 
5月2日夜、いつもの長野県阿智村へ。
園原インターで、やっぱり今までの倍はする高速料金を支払って
いつもの撮影地まで行く途中、道路は「はなもも」でいっぱい!
撮影地まで「はなもも」に囲まれているではないか!
 
「はなもも」って何? はなもげら? はなもこし?
昔「エビモンキー」ってゆー工具を知り「海の物とも山の物とも…」って。
 
で、直焦点撮影の合間、いたずら撮影を…。
 
 
Hanamomo1
 
懐中電灯で照らしてみたんですが、塩梅が難しいです…。
根元がドキュメンタリーチックですなあ。
一度、ここに車が入って来て、ライトでさーーーっと一帯が照らされたんですが、
その時の明かりの状態がとてもよかったです。(写真としてはおさめられませんでしたが)
 
ちなみに、背景はみんな大好き、ケフェウス座です。
先っぽが隠れてますが…。
 

カメラはノーマルのCanon EOS Kiss Digital Xで、
レンズはキットレンズのEF-S 18-55mm f/3.5-5.6 USM(27mm F5)、
ISO1600/30秒となっております。

 
もうちょっと星が見やすい感じを求めてますが、
ソフトフィルタ使った方がよいんでしょうか?
こういうものの撮り方で、アドバイスありましたらよろしくお願いいたします。
 
あともうひとつ。
最近、天文誌でみかけた「車体に写る星」もやってみました。
沈むカラス座と車とSE200N。
 
Car
 
なんとか車体に写ってくれました。多分、火星と土星だと思います。
これも、もっと写ってくれんもんでしょうかね。
車をぴかぴかにしておいたらいいのかな〜。
 
さて、明け方のはなもも。
 
Img_8232
 
と、ちょっと珍しいことをいろいろやってみましたが、
このシリーズ、次回で最終回。次に紹介する遠征地は「平谷」です。

2014年5月 1日 (木)

なんかいっぱい集まってるなぁ、最終回。かみのけ座銀河団。あと、コンポジット枚数別比較画像。

All

 
先日の自宅撮影M90で、26枚コンポジットしたら
のんたパイセンに「他の枚数でもやって比較してみろ」と言われたので、
ここに比較画像を掲載いたします。
CCDStack2で位置合わせしてそのまま加算平均でコンポジットしFITSで保存。
ステライメージにて開いてレベル補正をしただけです。
それぞれの枚数(左肩の数字)で、「見た目」が似るようにがんばってみましたが、
まあ、こんな感じです。サーセンねー。
 
とはいえ…。
ワタクシとしては、8枚から16枚に行った時の変わりようが
「ほら」って感じですかね。16枚と26枚の差も分かりました。
ここら辺になると、案外分かりづらいんじゃないかと思ってましたが、
いやー、がんばってよかった(笑)
でも、処理中の「らくちん」さは実感できますよ。
まあ、気分でやってますけどね。
 
それよりも、銀河の詳細がよくわかるようになってる、というのが「やったね」でした。
これって、色とかもちゃんと出るってことなんじゃないでしょうか?
 
さーて、昨日始まった「なんかいっぱい集まってるなぁ」シリーズ最終回。
自宅撮影のかみのけ座銀河団。
まさかおうちでこれが撮れるとは…。
 
Kami_dg
 
2014/4/25 岐阜県多治見市(自宅)
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1/LPS-P2
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800  7分×20枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
CCDStack(ダーク、フラット補正、現像、コンポジット)
ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像)、Photoshop CC、フラットエイド
 
ヤバい。
これは遠征で撮りたい…。
 
足許の悪い中、お集りいただいたみなさんを見てみると…
 
Kami_u
 
渦がうっすら見えてます。
おもしろそーーーー。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »