フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 超然嫁に「新鏡筒」。 | トップページ | NGC6888。 »

2014年7月13日 (日)

Atik460exが欲しいなあ。

Photo

ほら、「まるでSF小説のような世の中になった」なんて文脈で
「この作品は未来を予言していた」みたいなことを言われたりするかと思うんですが、
現実は逆で、未来人(としてのワタクシたち)が、過去の作品を読んでなぞってる、
ってことないんですかね?

為政者は、小説を読んでそのとおりにしてると。
「積極的平和主義」なんて、ジョージ・オーウェルさんの『1984年』でいうところの
「平和省」だなあと感じたりする、ミッチーがお送りしております。
 
そうそう、本日放送の『題名のない音楽会』に中村紘子さんが出ておりまして、
なにやら若い人にレッスンをほどこす、というような企画がありました。
画面の右上に「魂のレッスン」と出ているのをみた小3の娘が
「鬼のレッスン?」と言ったのが、とても印象に残りました(笑)
が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。
 
Atik460exが欲しいですね。
価格的に本年中の実現は難しそうですが、
1機100億円はするというヒコーキを10機以上買うという、
(と、ビッグ・ブラザーが東北出身の大臣に言わせている)
「金目」の国の人ですので、何かしら間違いがないともかぎりません。
いや、ないでしょう(笑)
 
というような妄想は、日々変わるもので、
ほんと昨日まではε130Dが欲しいな、とか(笑)
 
「金目」的にはε130Dの方が現実的ですので、
ひょっとすると、そうなるのかもしれません。
いずれにせよ、近いうちに、ということではありませんが…。
 
Atik460exは、愛する鏡筒SE200N CRで銀河なんかをクローズアップするのに
適していると思ったりするんですが、どうなんでしょうか。
鏡筒を刷新するよりも、その他周辺機器も継続して使えるのかなあ、
とか思いますし。
そしてAtik460exを使うなら、鏡筒をカーボンに改造してやりたいですなあ。
 
雨雨雨。
 
こうして、毎日の妄想が続くのでした。

« 超然嫁に「新鏡筒」。 | トップページ | NGC6888。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

 ミッチーさんの本棚を見たくて仕方がない今日この頃のボク。
「鬼のレッスン」と読んだ娘さん。このじぃが岐阜まで行って抱きしめたい。で、ガス。
 金目の要らない妄想こそ、平和の要で、ガス。母母母母は曾祖母。

こんばんは。鬼のレッスンは厳しそうですね。はい次ぃ〜、何モタモタやってんだぁ〜的な。
天体写真を撮るという趣味って、機材や撮影環境を変えて初めて到達できる領域があると思います。
イプシロン光学系にして初めて味わえる世界があるでしょうし、冷却CCDにして初めて味わえる世界もあるでしょう。
候補に挙がっている両機材、片方でも両方でも後悔しないと思いますよ。どうせなら両方行っちゃいましょう。
むしろ心配すべきは、そこで満足できなくなることではないでしょうか?
130D使い始めたらフルサイズで撮ってみたくなるかもしれません。460exならGS250みたいな長距離砲でクローズアップしてみたくなるかもしれません。
私はEOS60Daが故障したのをキッカケにAtik383L+を中古で調達しましたので光学系よりカメラの拡充が先行しました。確かに未知なる領域に足を踏み入れた感を味わいましたし、光学系の拡充も願うようになりました。
一つ想定外だったことがありました。それは「冷却CCDで撮るからこそ、より暗い空の下で撮りたい」と思うようになったことです。

こんにちは。

バナナはおやつ代に含まれないので、いいんじゃないですか。
イプも冷却CCDもバナナでしょ。
でもただよしさんが仰るように、そこで満足できなくなることが怖いですね。

昔、赤道義を買うときにEM10とEM200で悩みました。
うちの奥さんはEM200でも良いと言ってくれたのですが、乗鞍まで通うようになりそうなのでやめました。
これ本当の話です。
もう20年ほど前になりますかね。

■山口のじぃさん
あたしの本棚、多治見市図書館です(笑)
我が家の本棚には、筒井康隆氏と京極夏彦氏と、「家畜人ヤプー」しかないのでーーす。
「鬼のレッスン?」と聞いた声に、わずかな恐怖が感じられまして、本当にいとおしかったです…。
中村紘子さんは、それはそれは優しさにあふれたレッスンをしておられました。
それを見て「お高いんでしょう?」と思った、平和なボクです。

■ただよしさん
あら、ただよしさん、最近どうですか?
「鬼のレッスン」ちゃんと「この漢字の右側はオニって読むんだよ」と教えておきました。
ただよしさんが冷却買われたときのあの感じ、ブログ読んでて「なるほどこうなるのか」って思ってましたが(笑)
読んでるだけでも楽しかったんで、それを体験してみたいですね。
ある時点で「もっともっと」ってなるのは、多分そうでしょうね。それもまた、楽しみですね。
Atik383L+は、ほんとに「縁(えん)」でしたね! そういうチャンスが自分にもこればいいのに、なんて!

そう、ε買ったらフルサイズの方向になるのは間違いありません。
自分的に「順番」ってのがあって、実は「そろそろフルサイズ」って思ってたところもあるんですよ。
だけど、どうにもSE200Nを御せないところがあって「お前にはまだ早い!」って思いまして。
とまあ、いろいろ話したい事はありますね(笑)楽しいなあ。

■やまねももんがさん
εは色的にバナナですね。
冷却ccdもバナナですか? そんなバナ…。
今後、満足できなくなった時、また考えます(笑)
ともかく、このクソ鏡筒(失礼)で楽しいライフを送りたいもんです。
えっ、オジキも奥さんに許可もらうんですか!
かといってこっそり買ってごまかしてる感じもしないのですが、
ともかくご理解いただけたようで何よりです。
あ、うちは超然としてますから、いつでもオーケーですよ(笑)

うーん、やっぱりε-130D+EOS6D(改造)かなあ。カメラは冷却でも良いかも。
そろそろとは言わず、40Dが調子悪いと言うことは『フルサイズへ変更しなさい』という神のお告げではないでしょうか?

ミッチーさんが撮るフルサイズ楽しみだなあ。

■のんたさん
その「黄金コンビ」は、今後流行りそうですね。
そのコンビだとお値段的には冷却CCDにも負けないくらいですよね(笑)
やっぱし、冷却で銀河やるってのを最初にしてぇ、次にεいってぇ、
次にフルサイズのなにか? と、妄想…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/59979504

この記事へのトラックバック一覧です: Atik460exが欲しいなあ。:

« 超然嫁に「新鏡筒」。 | トップページ | NGC6888。 »