フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Atik460exが欲しいなあ。 | トップページ | NGC6888ができるまで、動画。 »

2014年8月 5日 (火)

NGC6888。

『天文ガイド』9月号表紙が、「オレが撮った写真じゃねーか!」と思ったものの、
そんなわけない、と気づいたものの、
解釈を変更すればなんとかなるのではないか、と思っているミッチーがお送りしております。
 
しかしパイセンには、まったくかないません。
 
6888web
 
6888web_01 6888web_02 6888web_03 6888web_04
 

7/25-26 岐阜県加茂郡白川町 大山白山神社
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800/6分×40枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2(現像、コンポジット) ステライメージ6.5(レベル補正、デジタル現像) Photoshop CC
 
今回、こんな事を考えました。
トータルで240分撮ったわけだけど、その内訳は再考の余地あり!
6分の写りをどれだけ枚数撮ったところで、出ないものはでないではないか?
たとえば、このクラゲみたいなもんの内側にはもっといろんなものがあるはず。
 
どうせ240分ぶんまわすなら、たとえば10分24枚だったらもっと面白い結果になっていたのかもしれません。
そういうもんですか?
 

« Atik460exが欲しいなあ。 | トップページ | NGC6888ができるまで、動画。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

露光時間と枚数に関しては、私もときどき悩みます。
原理的には違いはないはずですが、現実は違うのではないかと思っています。

ますは淡い(暗い)部分の輝度の線形性が少し怪しいです。
デジイチの場合はRAWと言えどもカメラ内部で何かをやっているような気がするのですよねえ。
だから、撮影対象(星雲など)は飽和しない範囲で、できるだけ明るく撮影したほうが良いと思います。
その点では単色CCDに一日の長があると思っています。

また対象が明るいほうが処理しやすいということはありませんか?
暗いものを炙り出すのはなかなか厄介ですよね。

ミッチーさん
待ちに待った白山神社の写真やっと出てきましたね〜。凄くシャープですね。星が小さい...
露出は気温が高いのでノイズを気にしての6分だと思いますが、こればかりは実際撮って比較しないと分かりません。ただ、同時に撮影しないと空の状態で写りが変わってしまうので結局は分からないかも知れません。
今度遠征時にのんたの40Dで一緒にテスト撮影しましょうか。
ミッチーさんが10分露出×10枚ならのんたは20分露出×5枚みたいな感じで。
.....でも光学系がちがう....同じ望遠鏡はVC200Lしかない。
VC200L使って見ます?

天文ガイドの表紙、「これミッチーさんじゃねっ?!」と思って、確認しましたよ(笑)

あーわかりますわかります。写ってないものをいくら重ねても現れないんじゃね?って思いますよね。
よっちゃん氏が2007年に冷却KissDXで撮影されたアイリス星雲付近は、ISO400で40分を4枚撮られてました。
非冷却で40分も撮ったらえらいことになりますが「40分かー!!」と驚愕しましたよ。
やっぱ1枚の露出時間は多い方がいいなと単純に思って、ヒストグラム中央よりかなり右ぐらいで撮る事も多々ありますね。
まあ感度との兼ね合いもあるので、露出時間だけの問題ではないでしょうけどねー。
なかなか、難しいもんですね。

スンバラシイ!!! キラッキラッでかっこいい~!!

DeepSkyStackerのページに興味深いことが書いてあります。
http://deepskystacker.free.fr/english/theory.htm
「Are 100 x 1 minute and 10x10 minutes giving the same result?」
(1分100枚と10分10枚とで同じ結果が得られますか?)

答えにこんなことが書いてあります。(一部です。)
「かすかな星雲から10分間光子をキャッチしてはじめて1つの信号となるような場合、10分の露光時間が必要で、1分ではノイズとしかみなされません。」

なので、仰るとおり、出ないものは出ないってこういう事なんだと思います。

 こんなすごいのを撮って、まだ向学心に燃ゆるパイセン。京福電鉄で、ガス。
えらいアカデミックなブログだこと。おりおんさんところから来たのでパニックになってます。ハハハハハ!
まるこうさんのコメント、あっちとこっちで別人やがなぁ。はハッ母母母は!!
 エッ!?わたし?そらぁあ~た。そんな難しい事ぉ、やっぱ、AKB48人より山口百恵ひとりがエェでガス。

40枚コンポジットの効果は必ず出ているはず。
でもISO800で6分というのは、よほど空が明るいなら別ですが、短かすぎないですか?
我が家でもR200SS F4でISO1600で空が明るいときでも5分、良い空なら10分はいけますよ。

6分40枚ですか!!もう気が遠くなりました。
淡い部分は、やっぱり時間をかけないと写らないのかなぁ?
そうなると、画像処理が問題になってきますね。う~ん、これは問題だ。

■やまねももんがさん
おはようございます。
「淡い(暗い)部分の輝度の線形性が少し怪しい」っていうのは、全体が均等に盛り上がってくれない(リニアでない)
というような意味合いでしょうか。
「内部でなにかやってる」としたら「まぁ、ほら、暗いとこ? そこらへんはみんな一緒で」みたいな事なんですかね。妄想ですが(笑)
とはいえ、やまねももんがさんのコメントで、あぁ、そうだ、「飽和」ということも考慮するんだっけ、
と改めて思った次第です。
明るい対象は処理しやすいです。それって、「ノイズとの戦い」という意味で。
あとのまるこうさんのコメントでもありますが、「ノイズと区別つくか」というレベルの問題と理解してます。
だから、ワタクシは冷却CCD志向なんです。それに階調の「差異」がもたらす情報量とか。
そのためにお金ためてます。

■のんたさん
「お待たせしました!」っていう感じではないですが(笑)
今回ISO800の6分にしたのは、おっしゃるとおり! ノイズ抑制の意図がありました。
これでも1枚画像は相当なものでした。見た事ないくらいの!

あとは、相性の悪い大山白山神社だってこともあります。
「どうせ、途中で曇るんだろう」って思って始めましたから。
そういう意味では、まさか朝までこれが撮れるとは誤算でした。

遠征でテストですか! うーむ、お断りします!(笑)
今度ご一緒したときにいろいろお話しましょう。

■おりおんさん
『天文ガイド』表紙、別に投稿とかしてないんですけど、なぜか「これはオレの!」って思うという!
まあ、レジに持って行く途中で「送ってないし」って気づきましたけどね(笑)。

感度、ノイズ、現場…、そんな兼ね合いの中で、ベテランの方は決めるんですかね。
今回は単純に「ノイズ抑えてやろう」ってんでこういう選択をしました。
ちょい前におりおんさんがヒストグラム見て「露光不足」って書いてるのを見て、「同じだなあ」って思いました。
このとき、カメラのヒストグラム表示だと、いわゆる「露光不足」でした。
でもノイズのこと考えて、これでいこう、って判断しました。

翌日、別の場所で10分やってるんで、それの出来が気になるところなんです。

■まるこうさん
「ザ・セオリー」!
ありがとうございます。とても腑に落ちました。感謝です。
もっと長くやりたいです。ということはやっぱり、冷却です。
でも、何年後になるでしょうか…。

■山口のじぃさん
まだ3年目くらいですよ、ボク。
今回のみなさんのコメントは、とても有益です。
本当は「そんなんあたりまえじゃん」とか「先に調べとけ」っていわれるようなことなのかもしれないなあ、なんて。
おりおんさんは、尻のアナとか言いながらも、非常に堅実な仕上げをしているなあ、と思います。
まるこうさんは、たぶん3人くらいいるんでしょう。

■雲上さん
はい、短すぎたな、と今になって思います。
つまり「まだいけたかも」というような判断です。
ノイズとか現場の(過去の)事を考えて、
「今日は大山白山神社いくなら、ISO800で6分」って早い段階で決めてました。
結局、それはちょっと甘かったと。

最初にヒストグラムにみたとき「これは露光不足だろうな」とは感じましたが、
処理段階でこんなに「あぁ、写ってない」となるなんて…。
だから今回のことは忘れないでおこうと、思ってます。

■ヤマボウシさん
カメラがアレなんで、この遠征では1つしか撮らないって決めてましたから。
6分なので40枚いっただけです。
で、どうやらそれはあんまり面白い結果を出しそうにない、ということも感じました。
淡い部分がどうの、というのは、機材などと相談ですよね。
これはこれで、最初からそこは求めないというような気分がありましたので、
結構お気に入りなんですよ♩

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/60104244

この記事へのトラックバック一覧です: NGC6888。:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/06 08:48) [ケノーベル エージェント]
加茂郡白川町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« Atik460exが欲しいなあ。 | トップページ | NGC6888ができるまで、動画。 »