フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« IC59とIC63。 | トップページ | クマよけ鈴の話しと、東京画像処理オフ会アタリ屋企画「道端小石さんを囲む会」迫る! »

2014年10月 3日 (金)

IC59-IC63 ふたたび。

03dg_web

 
昨日のは、いったい何だったんだろうか。
 
今回はRAP2から処理を始めて、
現像はPhotoshopのCameraRAWプラグインです。
その後、CCDStackで加算平均して、ステライメージ→Photshop CCとゆー、いつもの流れ。
 
現像後、大きく結果が異なりました。
体感的に「CameraRAWは色が出る、もしくは出過ぎる」というのがありますが、
対象、状況によっては活用するのもひとつの方法なのですね。
 
しかし恒星の色が出なかった、というのはどうにも理解しがたいですが。
撮影結果に依存して、ブレがあるということなんでしょうか。
 
一気にCCDStackで処理をすすめることができてとても便利ではあるのですがね。

さーて、ようやくvdB152の処理に気持ちが向いてきましたよぉ!

« IC59とIC63。 | トップページ | クマよけ鈴の話しと、東京画像処理オフ会アタリ屋企画「道端小石さんを囲む会」迫る! »

天文」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

すぐに結果を出してくるなんて流石ですねえ。
とっても綺麗になったじゃないですか。
でも前回のは何がどうしたのでしょうね。

私は処理のブラックボックス化が嫌で、全て手作業でやっています。
時間はすごくかかってしまいますが、これが自分には合っているようです。

CameraRaw、色が出ますよねー。以前これを使っていた時はバーナードループ等の赤いところは、あまりにも濃過ぎてあとから抑えてました…。

前回のを拝見しましたが、これはデジ現SSSでしょうか?だとすると確かに薄味すぎる感じがしますね^^; RGBマスクだとナチュラルな発色ながら薄味テイストにはなりますよね。CCDStackやPixInsightでの現像は低彩度になる実感が僕にもあり、デジ現SSSを用いない場合は、別途彩度をがんがん上げる事が多いですね。

あ、今思い出したのですが、僕も先日IC405をステライメージでスタック-デジ現した時になぜか彩度が低くて困ったのですが、最新版にアップデートしたところ解決したという経験があります。ミッチーさんの事象と関係あるかどうか分かりませんが…。

■やまねももんがさん
もう、気になって気になって仕方なかったですから。
CCDStackって、たまに「あれ、なんかおかしくないか?」っていう結果を出すことがあるような…。
そんなことないですかね〜。

手作業は大変ですね。多枚数コンポジットとか、もう、やる前からうんざりして放置しちゃいそうです(笑)
「ステライメージ」でのコンポジットでもうんざりしてた自分ですからね! わっはっは。
しかしブラックボックスですよ、ほんと、なぜ、そうなったの? ってさっぱりわかりません。
RAP2でやったらうまくいきましたよ、では気持ち悪いです。

■龍之介さん
CameraRAW、色出る件で「対象によっては使おう」ということにしました。
というか、CCDStackでまたこういう事態に陥ったときの別ルートですね(笑)

デジ現SSSは、やってませんが、検証のためにやってみたりもしました。それでもまったく色がつかなかったです。
それ以前のレベル補正とかで間違ってるのかと思って、そこからやりなおしたり、
CCDStackの現像からやりなおしたり…。
でも、何しても、同じような傾向でありました。
CCDStack、うまくいってると感じてた時の色は好きなんですけどねー。

龍之介さんは「ステライメージ7」ですね。ワタクシは6.5ですので、同様かわかりませんが、
「CCDStackで書き出したFITSをステライメージで開いたときの『何か』」とかも考えちゃいます。

新着画像からして「おっ!ぜんぜんちゃう!」って感じでしたよー。
星雲そのものの彩度というか色合いも変わったんでしょうけど、星に色がつくだけでこんなに変化するもんなんですね。
私はステライメージとフォトショだけのシンプル処理なので、ミッチーさんの処理過程はよくわからないですが、やはり今回のキモはCameraRAW現像ってことでしょうか。
色、かなり出るんですねー。

■おりおんさん
なんでしょうね、この違いは。ちょっと腹立ちもありますけどね。
でも、そういうことも含めた天体写真処理なのかなー、って、今回は思うことにしました。
本当は、スコッチ(もしくはジャパニーズ)みたいに「何も足さない、引かない」で出てくるといいんですけど。
そりゃまあ、夢ですね。

星の色、背景の方向性、そんなことで全体の印象はがらりと変わっちゃうんですね。
きょう、2L版でプリントしてみましたが、それはそれは、結構なできばえでした(笑)

CameraRAWのことはわからないのですが、飽和していない星の外周部に
色情報が残っているということなのでしょうか?
とてもカラフルになったのですが、飽和しているはずの星の中心部まで
色づいているのはちょっとゆきすぎの感もあるのですが・・

■雲上さん
そうです、外周部です。

で、ご指摘の件、そーなんですよね。でも、あんまり気にしてなかったです。
言われてみれば、なんとかしたいなあと思うので、とても助かります。

特にγ星みたいな、でっかく写る明るいのに顕著で、気持ち悪いですね。
これのせいでべったとした感触がしますが、果たして普通にやって直せるものか…。
単純にハイライトを少しぶった切ってみたらどうなるかな〜。
雲上さんのおかげで、もうちっとブラッシュアップできそうです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/60416875

この記事へのトラックバック一覧です: IC59-IC63 ふたたび。:

« IC59とIC63。 | トップページ | クマよけ鈴の話しと、東京画像処理オフ会アタリ屋企画「道端小石さんを囲む会」迫る! »