フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« vdB152。 | トップページ | vdB142、あるいは「品格」。 »

2014年10月20日 (月)

遠征地トイレご紹介。その1「大山白山神社」。

10/18の夜、遠征。岐阜県加茂郡白川町の大山白山神社へ、たか丸パイセンと。
到着までは絶好調の夜空だったのに、ずーっと帯状の雲が流れる一夜となりました。

そんなわけで、SE200Nによる撮影はあきらめ、「雲と星」を撮って遊んでいました。
オリオン座が登ってきました。

 
Orion
 
Canon EF-S 18-55mm f/3.5-5.6USM(27mm/f4.5) 
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO1600/1分×2枚
タカハシEM-200 Temma PC Jr.
Photoshop CC
 
さて、本題です。
先日、この遠征地にトイレがあってとても助かった、という事を書きましたが(ここ
人によっては遠征地のトイレがとても重要だ、というようなこともあるかもしれません。
とゆーわけで、ワタクシの通う遠征地トイレの実態をご紹介する企画を始めます。
 
まずはここ、大山白山神社のトイレ。
 
O_inu
 
Canon EF-S 18-55mm f/3.5-5.6USM(27mm/f4.5) 
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO1600/1分×2枚
タカハシEM-200 Temma PC Jr.
Photoshop CC
 
星空部分のみテキトーに2枚コンポジットしました。トイレ部分は1枚です。
1分追尾しているので、トイレ部分もコンポジットするとブレて見えます。
ここはやはり明るい高級機材で短時間勝負すべき部分でしょう。
さらに、トイレ撮影に適した感度なども研究課題として残りました。 
さて、撮影時は月が出ておりましたが、それでも暗いですね。トイレは。
ここを出そうと思って強いレベル補正をかけると、分子雲のようなものが
うにょうにょと出てきました。
なるほど「分子雲」は逆さに読むと「雲子」であるのだなあと感心しました。
さらに、トイレの上にはおおいぬ座が「ちんちん」しておりますので、
コティラもなるほどトイレとちんちんは密接な関係にあるからか、と。
 
そういえば、このトイレには照明がない、はず…。
使用する際には懐中電灯が必要です。って、どこかにスイッチがあったりして!
 
小3の娘とここへ来た時、懐中電灯で照らされた、並んでいるトイレの個室におびえておりました。
「やっぱり怖いからヤダ。トイレの花子さんみたいだもん」と言ったおかげで、
それまで全然怖くなかったワタクシまで「ぎゃーっっ」という気分でした。
 
_mg_3401

« vdB152。 | トップページ | vdB142、あるいは「品格」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

お~~、この特集ぜひ続けてください。
遠征地のトイレ事情は押さえておかないとですね。
近所でトイレある遠征地ってあとどこがありますか??

素晴らしい企画ですね。
お腹がゆるい私としてはトイレがある場所は非常に助かります。(いままで遠征して野〇しなかったところはないくらいですから)

先週の金曜日は、昼間の空からはとても曇るとは思えませんでしたね。私も自宅観測所からOAGのテスト中にくもってしまいました。え?今日曇るの?とGPVを見ると岐阜県全域で雲が...ミッチーさんたち折角行ったのに...
でも白山神社はあの1996年の百武彗星を撮りに行って以来行っていませんが、写真を見る限り結構良さそうですね。トイレがあることは知りませんでした。

おぉーっ!!これはすばらしい企画。
私はあまりトイレを必要としないんですが「出物腫れ物 所嫌わず」ですからね。
星空とトイレ・・・一見なんの関わりもない物同士と思えて実は密接な関係があったんですね。
今後は、星空とトイレをいかに見せるか というのが大きな課題ですね。
やはり明るい光学系でトイレを狙うのが最良でしょうか。期待してます。

こんにちは。

遠征して曇られて悔しくても、品格だけは落とさないように!
私は大人しく帰りましたよ。

でも撮影地にトイレがあると助かりますよね。
灯りが点いていると、とっても大きな蛾なんかがいて、それはそれで嫌ですよ~。

■道端小石さん
続けられますでしょうか(笑)
たぶんこれが最終回です!
でも、次回バリウムのためにも必要ってことですかねー。
ちゃんとしたトイレ筆頭は山岡ですが、最近ほとんど行ってないです。
近づくと思いっきり照明がつくというおまけ付きです!
あとは平谷とか?

■のんたさん
「遠征して野○しなかったところはないくらい」って!(笑)
各地で伝説を残しているのでしょうか…。
あの日、のんたさんから電話かかってきたとき、たか丸さんと「すごく晴れてます!」って嘘言おうか、なんて笑ってました。
自分は、予定通り曇ったなあ、という感じでしたので、なんだか肩の力が抜けた遠征で、
でもこういうことをして遊んでいたので楽しかったです。
翌日はあららぎに行ってきました。あららぎではサイコーの夜空でした!

■おりおんさん
ワタクシも、こんなに星空がメッセージをかくしているだなんて、思いもよらず、です。
でもなぜ「トイレ座」がないのか、については今後調べてみたいと思っています(嘘)
夜のトイレを撮影するには、レデューサが必要でしょうか?
あとは、ビット数も今のデジカメでは足りませんね。

■やまねももんがさん
ひっ! 品格! も、申し訳ありません、「天文屋の品格」を落とす行い、反省しております!
その代わりといっては何ですが、次のブログに立派な写真を掲載するため精進いたします。
次はvdB142でございます。お許しくださいませ。
 
トイレの灯りは遠征では困っちゃいますが、ワタクシは虫もまあまあ好きなんで、
「カブトムシとかいないかなあ」って探してしまいそうです。
でも、やっぱり、でっかい蛾は怖いかなあ、顔みたいに見えるヤツとか(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/60518869

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征地トイレご紹介。その1「大山白山神社」。:

« vdB152。 | トップページ | vdB142、あるいは「品格」。 »