フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« M81,M82。 | トップページ | IC4954周辺の「星園」という、アホみたいな領域。 »

2015年4月19日 (日)

NGC4216周辺。

わーっはっはっは、ははわっはっは。

Web_ngc4216

4/17 21:57〜4/18 0:51(RAWデータにスタンプされてる時間です)
長野県下伊那郡阿智村 あららぎ高原スキー場
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Canon EOS 40D(スターショップ新改造) ISO800/10分×8枚、12分×8枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2(RGB分解、各コンポジット)
ステライメージ7(RGB合成、レベル補正、デジタル現像)
Photoshop CC

今回はモーレツ丁寧に処理してみましたが、

プリントすると「おぉっとこれはひどい!」という感じの残念な仕上がりに…。
ちゃんとできませんでした!
露光時間とか、1000mmとか、風とか、いろいろ考えちゃいます。
まずは、もうちょっと星に情報が残るような撮り方かなあと改めて思いました。
風などでガイドが乱れると、途端に星がぼんやり丸くなるんですなあ。
こういった条件が悪いと、いっきに「ダメ画像」になってしまうわけです。

この日の遠征では、明け方にのんたさんとぶらぶらとフキノトウ採集に励みました。 
そこらへんの収穫があったので、まあ、よかったのかもしれません。 
中2になる息子が、てんぷらにしたフキノトウをたくさん食べてくれたので、
お父ちゃんとしてはうれしいかな〜。

一方、あららぎのツクシは細くて、時期的にもちょっと遅かったみたいで、
今回収穫はしませんでした。

なんかおいしそうな「木の芽」のようなものがたくさんありましたが、
まったく知識がありませんので、パス。

そして珍しく、今回はたくさん写っている銀河のカタログナンバーなどを記入してみました。
参考にしてみてね♪
Web_ngc4216_2

« M81,M82。 | トップページ | IC4954周辺の「星園」という、アホみたいな領域。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

ミッチーさん、遠征お疲れ様でした。今回は霞んでいたのと薄雲がかかったりと空が本調子ではなかったですね。
あららぎとしては街灯もありイマイチでした。
でもでんでんさんやミッチーさん達と撮影の合間にいろいろお話しできたり、明けてからフキノトウを採ったりと有意義な遠征でした。

今週末晴れたらもう一度遠征する予定です。
....NGCナンバー字が大きすぎません?

■のんたさん
遠征楽しかったですね!
フキノトウの収穫、本当に楽しかたですね。ああいう散歩は大好きなんです。
今度はたか丸パイセンもご一緒したいですね。

まさしく僕も、今週末はどうか、と思っていたところです。
今週末ですと明け方近い対象、例のアレですね。

字、でかいのが「誰もやってない」感です(笑)

やばい! オークションが閉まる!!!!!!

カタログナンバーありがとうございます。参考になります。
・・・って、デカすぎてわからーーんっ!!(笑)
NGC4216、どのあたりかなとステラナビで調べたらあのあたりですか。
大小いろんな形の銀河が集まってて、これまた楽しい領域ですね。
鶴姫で撮影中にのんたさんからFacebookで「あららぎです」とお知らせをいただいたので「ミッチーさんも撮ってるな」とワクワクしました。
当日は全国の星屋さんが同じ星空をながめてるんだなと思うとうれしくなりましたよ。

カタログナンバー、私の脳みそでは補完しきれまへん!(プンプン)
NGC4216周辺って、素人立ち入り禁止区域やないですかぁ!
って、禁止せんでも恐れ多くて立ち入る気はないですが。ハッハハハ!!
露光時間2分の差を捜そぉと必死こきましたが、見つけられない今日この頃。テヘッ!
「星に情報が残るような撮り方」フ~ム。まず情報を引き出す勉強します。ハッハハ!!

■おりおんさん
どーですかこれ、とってもためになるでしょーーーーーーははっはははははは。
わははは。
まあ、今回はこれがやりたかっただけ、ってことですよわあはははははは。あああははっは。

しかしあれですね、この手の対象はデジカメだとつまらんです。
って、冷却CCD使ったことないですけどねーー。

そうなんです、のんたさんとご一緒しました。
おりおんさんは鶴姫とのこと、おめでとうございます。
そして結構なみなさんが「なんか眠い空」といっていたのも同じですね。
自分の写真が眠いのを見て、「あーそーかー、空が悪かったんだねー」と言い訳できて、うれしくなりました(笑)

■山口のじぃさん
この文字を見るのに、考えてはいけません。感じるのです。

あ! 2分の差に気付かれましたか! いやー、実は間違えたんですね〜(笑)
なんか暗いなあと途中で気づきまして…。
しかもダークは共通という手抜きっぷりです!

「星に情報」っていったいどーしたらいいんでしょうか。
短くしたらえーのかな、ってそーゆーもんでもないのかなあー。
やっぱガイドがしっかりできてナンボなのかしら…。

いろいろご不満の画像のようですが、やはりミッチーさんの作品だと一目でわかります。
なめらかでニュートラルな背景に、一見するとモノクロ画像かと思うのですが、
ほのかな黄色が生きてますねぇ。
それに小さな銀河の細部まで描写されていて。
それにしてもISO800でこの露光時間なら不足だと思うのですが・・
不思議です。
当方、諸般の事情でISO800封印してます。(別途R200SS F4でやろうかと・・)

■雲上さん
こんばんは、ここのところ空の状態が厳しいようです。それが不満で…。
恒星を見ると、秋頃とは大違いなんですよね。まあ、短い鏡筒持ってないし、仕方ないです。

あら、800封印ですか。ガイドがうまくいけばよろしいんですかね。
あれだけノイズが減ったという実験結果がありますから、ここはぜひとも実用化したいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/61464344

この記事へのトラックバック一覧です: NGC4216周辺。:

« M81,M82。 | トップページ | IC4954周辺の「星園」という、アホみたいな領域。 »