フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小4娘が描いた毛虫。 | トップページ | まったく新しい「トリプル システム」で撮影したNGC2024とIC434。 »

2015年12月15日 (火)

BKP130がやってきた。

ざっくり申し上げますと、山口のじぃ様からBKP130とゆー鏡筒をいただきました。
じぃ様の手による改善が随所に見られ、
スパイダーマスクと植毛紙貼りの丁寧さは
ブログからは伝わりにくい(笑)「人に歴史あり」感が漂っておりました。

Img_0437

ここ最近、この鏡筒を活用するためにいろいろと忙しくしておりました。
あー、忙し忙し。
しかし、もともとじぃ様が手をかけていただけのことはあり、
ワタクシの現有機材にマッチさせるための付け足しを済ませたら
本格運用できそうな状態になってきました。

Moravian Instruments G2-8300FWを装着し、オフアキで運用したいと思っていたので、
コマコレクタの相性、ピントがでるか、というようなことが課題でした。

こう見えても紆余曲折あり、ななんと、SE200Nと同じくバーダーのRCC1にて
運用可能である、という結論に至りました。
RCC1はその長さのせいでBKP130に装着すると斜鏡にぶつかるんじゃないか、
なんて冗談で言ってましたが、杞憂でした。
とはいえ、ピント出すにはこんなことが必要なのです。

Img_0460

この写真に見える、ピンクのリング状のもの、これはカーショップに売っていた
何かの部品なんですが、スペーサーのような形で使っています。
この分だけ、RCC1はドローチューブから飛び出しているわけです。
しっかりドローチューブ内に入れると、どんだけドローチューブを繰り出してもピントが出ません。
RCC1はとても長いので、これくらい外側に出しても平気です。
まあ、慎重に装着しないと安定はしないですけどね〜。

というようなことに辿りついたのが、2回目の遠征でのこと。
自宅であれやこれやとやっておりましたが、やはり遠征という本番を迎えないと、
問題出しはできないのだなあ、と実感しました。

SE200Nよりかなりコンパクトなこの鏡筒ゆえ、
ケーブルの取り回しひとつとっても、実際に現場で一晩まわしてみないと
勝手がわからないことがあるのですね。
遠征で「鏡筒反転」した時にカメラが赤道儀の電源コネクタにぶつかったのには
「あー、これは家で軽くテストしただけじゃわからんわ」とミョーに関心しました。はっはっは。


8182web

12/12 2:30くらい?〜 長野県下伊那郡阿智村
SkyWatcher BKP130 OTAW/バーダーRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)/SIPS 2.4/IDAS BGRL-RS2
L:300秒 11枚/R:300秒 3枚/G:300秒 2枚/B:300秒 5枚(ビニングなし)
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC


とてもコンパクトなので、稼働率高くなりそうだなあ、という実感。
惜しいのは、これから銀河の季節を迎えること。
それでも、この構図のように、M81とM82だけでなく、
もういっちょなんかNGCが入るのは今までと違うところです。

この日はいつものヘブンスそのはら駐車場でしたが、
ワタクシが到着した時には先客が1名。珍しい!

« 小4娘が描いた毛虫。 | トップページ | まったく新しい「トリプル システム」で撮影したNGC2024とIC434。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

エェよぉに書いていただき恐悦至極に存じます。テヘッ!
しっかし、同じ鏡筒で撮ったとは思えない切れのある星像!
銀河の腕の滑らかさ。ハハッハッハハハ!
ミッチーさんの画像処理の秀逸さは言うに及ばず、架台の
安定感にBKP130もラッスンゴレライでウキウキ気分なんでしょぉ!
銀河の季節に入りますが、いずれミッチーパイセンによる600mmの
珠玉の世界が量産されることを楽しみにしています。ハッハハハ!

おはようございます。
じぃ様のところからお嫁入り(お婿入り?)してきたのですね。
EM200に載せると安定感抜群で、ウェイトの位置を見ても余裕しゃくしゃくじゃないですか。
仰るように現地で実際に使ってみないと分からないことってありますよね。
今週末は晴れそうですが、冷え込みも厳しいようですよ。

■山口のじぃ様
いやー、どうもどうもどうもうどもどもどもどもども。お世話になりっぱなしでスンマセン。
本当に「風の影響を受けにくいコンパクト鏡筒」を考えていたところでしたので、
喜びも倍返し、じぇじぇじぇという感じで、とても感謝しており感謝してもしきれず、
仕切れないものは仕方ないのでこれからもがんばっていきたいと。

しかし、植毛紙が鏡筒先プラスチックリングの内側に丁寧に貼られていたのは「さすがだなあ」でした。
僕はSE200Nでは、スルーしてますからね(笑)

■やまねももんがさん
おはようございます。そうです、なんか「嫁」扱いなんですよ。
おっ! ウエイトの位置とか、そーゆーところいきますか!
実は現在、カメラは鏡筒の上方向でやっておりまして、ウエイトはずいぶん先に移動しております(笑)
やはり、赤道儀にカメラが当たる、ということがあって、変更しました。
これもまあ、2度目の遠征からなので、3度目の遠征で何か変わるかもしれません!
基本的にSE200NからBKP130に変わった、というだけなのですが、
サイズ感ってゆーんですかね、そこらあたりの差がとても激しくて、
例えば、ケーブルが妙に余る、とか…。まさしく回してみないとわからない部分でありました。

ミッチーさん、お元気ですか?
私です。初めてそのはらに行ってみました。
この日は、どこも天候が悪そうだったので、下見ついでに行ってみました。
誰かいらっしゃったのは気づきましたが、遠目に設置されたので、知らない方かと。
当夜は2℃程度で、それほど寒くありませんでしたが、0時過ぎまで雲が次から次へと
流れてきて、なかなか落ち着いて撮らせてもらえませんでしたね。
でも、今週くらいからスキー場がオープンになり、駐車場が一杯になり、
明かりも気になるのでしょうね。
また、お会いしたら宜しくです。

■Dんでんさん
こんばんは、頭は薄くなりましたが、絶好調です!
あー!やっぱりDんでんさんでしたか! もう、真っ暗な現場で横目でちらと0.2秒くらいみただけで
「あれは、Dんでんさんではないのか?」というくらいになってるんですよ。
って、確信持てなかっただけですけど(笑)
お邪魔してはいかんなあと思いつつ、遠くへ行ってひっそりやっておりました。
あの時、翌日が仕事だったので早く撤収する気でしたし。

どうです、今晩あたり?
冬場はとても便利な場所なので、Dんでんさんが気に入ったら、
お会いする頻度が増えそうですね。今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/62877086

この記事へのトラックバック一覧です: BKP130がやってきた。:

« 小4娘が描いた毛虫。 | トップページ | まったく新しい「トリプル システム」で撮影したNGC2024とIC434。 »