フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の記事

2016年11月22日 (火)

「オリオン座周辺のモクモクを出す天体おじさんは、スケベである」論。

Orionweb3

11/3 23:36〜 長野県下伊那郡阿智村 あららぎ高原
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)/ISO800 

ZEISS Apo Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8) 270秒×32枚 
タカハシEM200 Temma PC Jr.(ノータッチガイド)
CCDStack2(キャリブレーション/RGB分解/コンポジット)/ステライメージ7(RGB合成/レベル補正/デジタル現像)/Photoshop CC 2015



ほれ、この左下なんか、ずいぶんモクモクと立体的に出した素晴らしい作例がありますが、
作者はきっと、相当スケベな天体おじさんなんでしょうね。

ワタクシなんぞ、まだまだ甘いですな。

特にM42の左側なんか、出し方によってはかなりワイセツな造形もありますしね。
あと、M●なんてもう●●と言っても差し支えないでしょう。
ここには写ってませんが、ずずずっと南西にいけば、なんかもっとすごいのがあるようですし。
(先日、おりおんさんが撮って見事にスケベな仕上がりとなっておりました)

つまり、オリオン座周辺のモクモク大好きおじさんはスケベであると。

2016年11月16日 (水)

ワタクシのM31。

Lrgb_web2

11/5 21:16〜 長野県下伊那郡阿智村 あららぎ高原
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)/IDAS BGRL-RS2/SIPS 2.4
L10枚/R5枚/G5枚/B6枚:各7分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2015


お供に写っているM32のちょい上から、
M31のカーブに沿って、青い細かな星があるようで、
右下に降りていって、端っこのほうで急激にカーブし
ひらがなの「し」のようになっている。(と見える)

ここの様子を見て、ああ、なんともまあ、と 「ヤバさ」を感じました。
って、画像処理の話とか撮影うまくいったいかないの話ではないです。
あー、ここに星があるんだ、って。なんだか神秘的なものを感じました。

宙(そら)おじさんは、 この野郎の難しさを教えてくれます。
まったくそのとおり、ワタクシも今回は、どうにもしっくりこないと感じ、
そこで、某パイセンにもアドバイスをいただきました。
でもなんか、そう言ったことで済まない不思議な魅力とか不思議な感じ。
なんつーか、M31だから、ってことではないのかなあ、って今は思うんですけどね。
「天体写真撮ってる」ってことに対する神秘みたいなもんですかね。

ちょっと前に「天文ガイド」誌に「最優秀」で掲載されてたお若い天体お兄さん。
結構入れ込んでてすごい人だったんですけども、
M31ってそういうところあるんかな、って改めて思いました。

って、あー、なんか軽く書いてますけど(笑)、
M31は今年撮りたいなっていうのがあったんで、
そのあたりのいろいろは、今度の飲み会で。

2016年11月13日 (日)

ひとりではダメな遠征おじさんになってしまいました。

Web_2

11/4 2:58〜 長野県下伊那郡阿智村 あららぎ高原
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)/ISO800
ZEISS Apo Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)
270秒×23枚/タカハシEM200 Temma PC Jr.(ノータッチガイド)
CCDStack2(キャリブレーション/RGB分解/コンポジット)/ステライメージ7(RGB合成/レベル補正/デジタル現像)/Photoshop CC 2015

ちょっと前まで、遠征はひとりで行ってもへっちゃら、
むしろ、周囲に気兼ねすることなくやりたい放題、
自分には「ひとり」が合っているのだなあ、と思っていたのですが、
どうも最近、そうではないみたい。

ちょっと前に、完全ボーズのひとり遠征があったのですが、
どうにも寂しくて仕方なかったんですわ。
スマホ持ってないからリアルタイムに交流できないし。

そして、おじさんだらけの遠征になると、談義するのが楽しくて。
まあ、話す内容はあれですよ、そんなこと(わかりますよね)ばかりなんですけどもね。

ネタが尽きたら空を見上げて星空を褒めるもよし、DISるもよし。
天気の心配をするもよし!

んで、最近の流行はGPVの悪口ですかね(笑)
間違いなく、盛り上がります!
どうしたらこう、都合の悪い方にハズレるのか、そんな話題は大好きですね。

バラ星雲とか、全体が撮れてうれしい!
バラがやたらと明るいのがわかりました。

2016年11月 7日 (月)

明るいレンズは楽しいですね。

Ic1396web3

11/3 20:18〜 長野県下伊那郡阿智村 あららぎ高原
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)/ZEISS Apo Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)/ISO800/270秒×19枚
Kenko スカイメモRS(ノータッチガイド)
CCDStack2(キャリブレーション/RGB分解/コンポジット)/ステライメージ7(RGB合成/レベル補正/デジタル現像)/Photoshop CC 2015

(11/9差し替え)

天体写真撮影って、山なんかに遠征して空を見上げて、
いかにもアウトドアって感じがするんだけど、
持って帰る成果は、記録媒体に閉じ込めたデジタルデータなんだなあ、って
とても不思議に感じているミッチーがお送りしております。

でもまあ、「成果」だけでなく「体験」っていうのはありますけどね。
シカの恐ろしい鳴き声とか、天体おじさんの面白い話とか。

だけども魚釣りのように、クーラーボックスにお魚が詰まっていて
帰ったら細君が喜ぶ、というようなことはないですね。
あちこちの天体おじさんが、クーラーボックスに入れて持って帰れるようなお土産を
毎回遠征地に持ってきてワタクシにくれる、というのなら話は別ですが。

で、Kenko スカイメモRSが来たので、ZEISS Apo Sonnarで楽しく撮影するという
まったく新しいことを始めました。
いやー、明るいレンズってのは楽しいですね、ほんと。
撮れて撮れて仕方ないという、そんな感じですかね。

まあ、ちゃんと撮れているかどうか、ちゃんと仕上がるかは別ですけど(笑)
とりあえず一発目であるこのIC1396と仲間たちは、
スカイメモRSですと結構歩留まりの悪い状況でした。
このあと、幸いにもスカイメモRSの電池が切れたので(笑)
EOS 40D and Apo SonnarはEM200に載せましたけど。

仕上がりですが、なんというか、こういうテイストで仕上げていくのだなあ、と
自分のことなのに客観的に見てしまいましたね。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »