フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近所のまったく新しい天体ショップ。 | トップページ | レコーディング「休肝日」。 »

2017年1月 2日 (月)

天体写真再放送的な。

 内装デザインは、星と、赤と黄のストライプに日の出の太陽です。
  ──『クラウド・アトラス(上)』(デイヴィッド・ミッチェル/中川千帆 訳 河出書房新社)

Oweb2

「ガーネットスターとLDN1120」
2016/9/2 23:56〜 and 2016/9/9 23:15〜 長野県下伊那郡阿智村 
L18枚/R6枚/G5枚/B7枚:各7分
Kenko SE200N CR/バーダーRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)/IDAS BGRL-RS2/SIPS 3
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2015

「ガーネットスター」は、左上に見える黄色くて明るい星です。
この星に照らされているのでしょうか、赤い星雲が、ちょっと黄色に寄っていたり。

右上の恒星が青く光っているのもなかなかなもんです。




 血がドクドク脈打って、なん年も流れて、ドラムんビートが一つずつ
 俺ん生を剥がしていく、おう、そして自分の魂が生きた生をみんなちら見った、
 「シューエン」の前、遠く遠く前、おう、そんハリケーンのなかをはやがけする馬までだ。
  ──『クラウド・アトラス(下)』(デイヴィッド・ミッチェル/中川千帆 訳 河出書房新社)

03_web_01 03_web_02_2

「心臓星雲と魂星雲と二重星団」
2016/11/5 20:37〜 長野県下伊那郡阿智村
Canon EOS 40D(スターショップ新改造)/ZEISS Apo Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)
ISO1600/たぶん3分
×44枚/Kenko スカイメモRS(ノータッチガイド)
CCDStack2(キャリブレーション/RGB分解/コンポジット)/ステライメージ7(RGB合成/レベル補正/デジタル現像)/Photoshop CC 2015


元日を除く年末年始のテレビって、
お昼までは「昨年の」年末年始に放送していた番組を再放送してることが多いですね。
そんなわけで昨年撮ったヤツらを今頃って感じです。

昨年最後の遠征は12月30日なんですけども、
それ以前の遠征分でもまだ未処理ってのはあります。
溜め込んでいるのはやはり、アポゾナーで撮りまくれるというのが大きな要因ですかね。
だけどもアポゾナーでの活動は、ガイドがしっくり来てない感じがあるので、
今年はそこらへんの質を上げていきたいと。

が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。

さて、今日はめでたいことに「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」の放送があります。
http://www.tv-tokyo.co.jp/tsuribaka/2017sp/

ワタクシは、この「釣りバカ日誌」の中の世界が本当に理想で、
ここで描かれているように平和であればよいことであるなあ、
と本気で思っているのです。

特にハマちゃんの所属する部署! 
みんなああいう風に仕事できたらいいのにね。

あと、番組サイト「みち子のカンタンお魚レシピ」は、
ありがちなことに、「カンタン」ではないけれども、興味深いお料理がたくさんあります。
ワタクシが作ったのは「黒鯛の和風アクアパッツア」しかないけどね(笑)

« 近所のまったく新しい天体ショップ。 | トップページ | レコーディング「休肝日」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
怪しげな作文と絶妙な色使いが凄いです。
やっぱりミッチーさんの作はこうでなくちゃ。
一転、アポゾナーは意外とスッキリ基本形ですね。
どっちも見習って、皆さんが昇天できる写真が公開できるよう頑張りたいです(笑。
釣りバカの世界もあこがれますが、私も年に1~2回は『今日は天体写真したいからもう帰る!』
って公言して帰宅します。
とても気持ち良いですよ。

■ふみふみさん
おはよーございます!
SE200Nでこういった感じに仕上がるとうれしいです。
アポゾナーの方はまだまだいろいろ「調整中」という感じで落ち着きません。

おー「今日は天体写真したいからもう帰る!」ですか。素晴らしいですね。
それはそれは気持ち良さそう。天気がいい時なんかそういうことやってみたいですよ。
そういうことが言える職場ってのはもちろんですが、言う方の人柄っつーのも大事だと思います。
ふみふみさんには、そういういい雰囲気を感じます。Web上だけしか知らないけど(笑)

こんにちは。
赤い星雲がガーネットスターで黄色味を帯びているなんて。
ロマンチックな光景ですね。これを狙って撮影したのでしょうか。
星もボテボテしていないのが羨ましい限りです。
しかし、随分と難しそうな本を読んでいるんですね。
私には豚に真珠です(笑)

新年早々、凄いのが出てきますね。
このガーネットスターの色がいいです。

最近はアポゾナーで撮る人が多いですね。相当いいレンズのようで。
あと、その本難しそうで私にはまだまだ理解できません(_ _|||)

■ヤマボウシさん
ここを広い写野で撮ったものをいくつか見ると、ガーネットスター周辺が黄色いんです。
なんで黄色いんだろうと思っていたら、ガーネットスターに照らされているんじゃないの、って。
そんで「お、これは!」とずーっと狙っていました。
狙い通りの色になったんで、それだけで満足してまーす。

「ボテボテ」、この時はクッキリなんですが、年末遠征のがひどくて…。
まじめに何か対策をとらねば、というくらいになってるんですよ。
まずはガイドとか極軸とか考えてるところですが、ひょっとすると赤道儀のOHかなあとか。

「クラウド・アトラス」は映画観てから読んでますからね。
映画の前だったらキッツイっす(笑)

■カムイミンダラさん
このころは良かったなあー(笑)
SE200Nだと、いつも寒い季節は「くそー、こんな鏡筒、捨ててやる!」ってなるんですよ。
そろそろBKP130の出番です。アポゾナーも!
でもどちらもなかなか本領発揮とはいかないんですよ。なんとかせねば!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/64707503

この記事へのトラックバック一覧です: 天体写真再放送的な。:

« 近所のまったく新しい天体ショップ。 | トップページ | レコーディング「休肝日」。 »