フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SGJ。そして、BKP130なしでは東京五輪は開催できないと言っても過言ではありませんが、言い過ぎではあります。 | トップページ | ケフェウス座アルファ星周辺の星雲たち。(5月撮影) »

2017年8月14日 (月)

ペルセウス座流星群2017。

P_web

流星(19個):2017/8/12 22:40から8/13 0:24 岐阜県揖斐郡
背景の星空と地上:2017/8/12 23:18 4枚コンポジット

Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
Samyang 35mm f/1.4 ED AS UMC(F2)
ISO3200/4秒/JPEG/固定撮影
Photoshop CC 2017


今年のペルセウス座流星群極大は、大きな月があるなんつって、
普段なら気の乗らない条件でした。
しかし、ここのところ遠征行けない新月期が続いている天体おじさんたちは、
なんとか晴れそうな希望の地へ「行くのだ! 雨が降っても行くのだ!」という勢いでした。

ワタクシはそんなパイセンに付和Ride on。
TKGパイセン、OGSパイセンとともに岐阜県揖斐郡某所に集結しました。

到着時はそりゃもう曇っていて、わっはっは、って感じで
なんかイヤイヤ(笑)撮影機材をセッチングしましたね。

今回は最初から最後まで固定撮影をし、
なんとなーく「一発屋」みたいなものを狙っていましたが、
結局は「放射点」写真を合成し仕上げました。
これ、やってみたかったんですよねー。

処理方法は、読売新聞、じゃなかった、
月刊「星ナビ」9月号に詳しく書いてあるのでそちらを熟読していただきたいのですが、
ひとつだけ。

“「放射点」写真を作るには赤道儀で追尾しながら撮る”と書いてあったのですが、
今回ワタクシはすべて固定撮影でした。

“レンズの歪曲収差で恒星の配列が歪むので、(略)流星画像を変形させる必要がある”
と解説されているとおり、合成はとても大変でした。

固定撮影してしまったため画像処理は大変でしたが、
少々曇っていても、位置合わせの手がかりになる星の並びがわかれば、
雲の間に流星が流れていても「使えるコマ」になるのがとても安心だと思いました。
「背景」となる星の並びは、雲の少ない時間帯を選べばいいですしね。

そんなわけで、少しでも雲が出ると「うわぁー、今日は仕上げられないじゃーん」
と精神にダメージの大きい望遠鏡での撮影と違い、とても楽しかったです。
今度は追尾しよーーーっと。

« SGJ。そして、BKP130なしでは東京五輪は開催できないと言っても過言ではありませんが、言い過ぎではあります。 | トップページ | ケフェウス座アルファ星周辺の星雲たち。(5月撮影) »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
いやいや設置ingでも最後はしっかり締めてますね。
流星が降ってくる感じが素晴らしいです。
読売も星ナビ買ってないんで熟読できないですが(笑)、
小難しい技を早速披露するのはさすがです。

■ふみふみさん
こんにちは。今日まで休みでーす。
現場ではあっち見たりこっち見たりしてたので、こんな「降ってくる」感じは味わえませんでした。
ってゆーか、こんなに流れてたのかー、って。

撮影前に「星ナビ」熟読して、帰ってからも熟読して、
大変な時間をかけて処理しました。はははは。
休日じゃなければ、こんなことはしなかったでしょうね。

読売はともかく、「星ナビ」楽しいです(笑)

ミッチーさん
こんにちは。
これは素晴らしい写真ですね。ほとんどの流星ウォッチャーが惨敗する中、
これほどの数の流星を写されるとは、天気の読みも大したものだと感心です。
気象衛星の画像では、薄く写った低い雲が関東周辺に張り付いて動かなかった
ので諦めたのですが、伊吹山方面はそれが在りませんでしたよね。こちらからでは
あの時点で出掛けたら夜が明けちゃいます(苦笑) お見事でしたgood

◼︎ヤマボウシさん
こんばんは。ありがとうございます。
この場所では、曇ったり晴れたり。
全天スカッと晴れたのはわずかの間でした。
それでも、雲の隙間から見える空に流星を見ることができました。

渋滞などがあって、行きはここまで3時間半かかりましたねー。
家を早目に出られたのが、良かったです!
帰りは2時間ちょうどでした。ははは。

久しぶりの星空で楽しい時間を過ごせました。
流星以外にもシカやキツネ、天文おじさんが見られて良かったです。
是非またご一緒しましょう。

しかし、あの星空でこの写真とは!さすがミッチーさん。マジックですね~

◼️たか丸さん a.k.a. TKGパイセン
アニマルたくさんでしたね。
僕はサルの野郎に会いました。
あの天文おじさんに会えたのも、ちょっとうれしかったですね。

この写真の合成方法は多少の雲があってもコマが活かせるので
現場で感じたものとは違いますね。

月夜で天気が微妙だったにもかかわらず、遠くまで遠征お疲れ様でした。
うーん、凄くたくさん写ってる。とても月夜の撮影とは思えない写り。凄いですね。

■のんたさん
まぁ、天気にかかわらず、行くことは決めてましたからね(笑)
まったく新しい遠征地は周りに光がなくて怖いくらいですよ!

流星、現場ではこんな雰囲気じゃなかったですね~。
相当見逃してます。

写真をあとでよーくみたら、たくさん写ってたのでウレピーです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/65663750

この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス座流星群2017。:

« SGJ。そして、BKP130なしでは東京五輪は開催できないと言っても過言ではありませんが、言い過ぎではあります。 | トップページ | ケフェウス座アルファ星周辺の星雲たち。(5月撮影) »