フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« レグルス、金星。 | トップページ | スパイダーによる回折。って、言ってみたかっただけ。 »

2017年10月 9日 (月)

地方都市星景1 「池原神社、神の視点」。

Gyosya

2017/10/8 0:47 岐阜県多治見市大原町 池原神社
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm)
ISO100/5分/Photoshop CC 2017

そこらへん、これはまさに、住んでいるところの周辺、
いわば、地方都市の、特別なスポットってわけでもない場所、
誰もが「何だこれ興味ない」と思うような建物などを対象にした
電動アシスト自転車を移動手段とする「地方都市星景写真」の最初の一枚といった、
といったわけであると思うわけであります。

ですが、神社は「ありがち」だったかなー。
鳥居なんか写しちゃって! わっははは。
決して「NHK貢献度No.1」ふみふみパイセンの真似をしたわけではありません!

そんなこたぁともかく、右上にでかい月があって、空が明るくなっています。
そしてこの日は、濃霧注意報が出ていたようです。
星が見えたのは本当に10分くらいのことではなかったかと思います。

まあ、せっかく電動アシスト自転車に乗って現場まで来たのだからと、
あちこち神社を撮影し、さて帰るべと、振り向いたところ、
ななな、星が見えている! と驚いたものでした。


この鳥居は、2番目の鳥居で、カメラの後ろに本殿があります。
いわば、これはまさに、「神の視点」という。
鳥居の間から見える鉄塔、右上にのびる電線。
ぎょしゃ座を中心に、冬の星座がのぼってきました、
すべて、お見通しなのです。

あ、「地方都市星景」にはちょっと気取ったタイトルをつけていく方針でいます。

鳥居が光りすぎているのは、本殿横の照明のため。
なんかフラッシュ撮影したみたいになってしまったのはちょっと残念かな。
比較明を前提とした撮影にした方がよかったかなー。

ところで「地方都市星景」というのは、「都市星景」というような
かっこいい対象を撮ることはあんまり目的としていないのと、
岐阜県多治見市なんで「地方」ってつけたほうが面白いなー
って思ったのでこれを標榜しています。
んで、どこかに同じようなことを言ってる人がいるはずだ、
と思い検索してみたら、なんとふみふみパイセンが!(笑)
最近ふみふみパイセンの真似ばかりしてるんで、
(さっきは、「真似してない」って書いたけどね)
なんか「さすがだぜ!」と感心してしまいました。


あと、この時撮ったもろもろを。

Kiri
163秒。

現地到着時は、こんな感じでしたね。



Img_3461
88秒。

外側から本殿方向を。
霧がどっかに行ったようです。
よく見ると星が写っている!
Cho
120秒。

手水舎。月までぼんやり。

« レグルス、金星。 | トップページ | スパイダーによる回折。って、言ってみたかっただけ。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
地方都市星景…(笑
天体写真では憧れの一人である、ミッチーパイセンらしからぬ新境地。
アシスト付きチャリが良い働きしてますねぇ。
階段とか敷石とか、キレキレ描写と思ったら完璧な星景仕様じゃないですか!
神レンズを使って神の視点とは、恐れ入ります。
近所星景って気軽にできそうで、でもやるには案外と勇気が必要と思います。
自分もベランダに籠ってないで、地方都市星景に挑戦してみたくなりました!

神秘的な夜はやはり地方都市星景でしょー。
わたしはどっちかというと近未来型都市星景派ですが
最近まったくご無沙汰です(笑)

これみてちょっとやってみたくなりました。
これからの活躍楽しみにしてます~~

こんにちは。
一枚目は兎に角、2枚目以降も綺麗な写真ですね。
何気ない星景写真もいいと思いました。
満月期に夜な夜な電動自転車で夜遊びとは!職質お気をつけて。
本当は電動自転車を乗り回したかったりして(笑)

■ふみふみさん
お世話になっております!
いやー、ついに始まっちゃいましたよ。って、勝手に始めただけですけどね。
「神の視点」タイトルを考えるのが楽しかったです。
今度は笑えるやつにしたいなー。
しかしあれですね、構図の制約もあるだろうから、どのレンズだとどう写るのか、
みたい感覚を身につけたいと思いました。
昼間にも自転車乗り回してロケハンみたいなものしてますが、
夜はイメージ全然違ったりしますしね。「勇気」と「経験」がいるなあと思いました。

ベランダじゃなくて、「室内から」っていうのを考えてますよ(笑)

■道端小石さん
そうですねー、道端さんといえば近未来型建造物のある本格派「都市星景」と山岳派。
でも、最近やっておられないようで(笑)
派出所のおまわりさんも寂しがってるんじゃないですか。はははは。
今見ると、あーしておけばよかった、こうなるといいのにな、ってたくさん出て来ますね。
帰ってからの画像処理でリカバリーできない諸々が多いなって思いました。

■ヤマボウシさん
ありがとうございます。てへ。
地方都市では、電動自転車のおかげで行動範囲がめちゃめちゃ広がりますね。
ここでも撮りたい、あそこでも撮りたい、ってなって、新月期に遠征しなくなるかもしれません!
まあ、そんなことはないですかね。ははは。
「職質」今のところないのですが、そのうちあるかなあって思います。
別にいいんですが、カメラを照らされるのかなあとか心配してます。

地方都市星景!?エェなぁ!月の半分寝てるんで、
これで起きれそぉで、ガス!はっはハッハハッハは!!
って、ウチの場合、過疎地星景じゃけど!テヘッ!
雨も雲も霧も、そして月明りでさえも使えるなんて、
最高やなぁ!
2枚目なんて、死んだ婆ちゃんに会えそぉ!ハハッハ!

■山口のじぃ様
僕は晴れていてもほとんど寝ているか家にこもっている状態なので(笑)
これのおかげでたくさん自転車に乗って出かけられます。
そーなんです、霧なんか出た日にゃあ「お、おもしろそう」ですからね。
雨はちょっと困るけど。はははは。

「過疎地星景」!! いろいろ開発できそうですよ。
もう限界まで見せてやってください!
そちらなら死んだばあちゃんも写せそうです!

こんにちは。
3枚目の写真の光芒ですが、同じレンズをお使いですね。少し絞るとタムの広角ズームの光芒がとて
も良いですよ。どなたかの写真でこのレンズの光芒を気に入り買うことにしたのです。
まあ、本当はNikon使いとしては純正の12-24mmが欲しかったのですが、ちょっと値段的に手が出なかっただけですがね。本当言えば。
しかしこのレンズ良いですよね。最近はサードパーティも頑張っていますね。

■G様
こんばんは、G様もタムロン15-30でしたか!
僕はレンズのことはまったく分からなくてあれこれ調べていたら、
星景に関する良いうわさをたくさん見たのでこれを選びました。
これくらいの焦点でEOS 6Dに装着できるの持っていなかったですしね。
Nikonのそのレンズ、調査中にどうしても目に入ってくるやつですね(笑)
まあ、僕はCanonなので、そんなものを目にしてもどうってことありません!
これはいろいろ使って楽しみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/65896196

この記事へのトラックバック一覧です: 地方都市星景1 「池原神社、神の視点」。:

« レグルス、金星。 | トップページ | スパイダーによる回折。って、言ってみたかっただけ。 »