フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 地方都市星景6 「コイン精米機」。 | トップページ | 飛水峡ロックガーデンからの星空。 »

2017年11月16日 (木)

地方都市星景7 「多治見市民病院、前畑陶器。Kenko Tokiな」。

まあ、「地方都市星景」ってゆーか、そろそろ「せいけい」ってタイプして
「星景」って一発で変換できるようになってほしいわけなんですけども、
今回の一枚、ってゆーか700枚比較明合成なんで、今回の700枚、
ってどうでもいいですが、
撮影対象としてはとても弱いと思うんですよ。

以前書いた、ワタクシの考える「地方都市星景」っていうのは
─オサレになってはいけない
─ほとんどの人にとって、興味のない対象を主人公にすべきだ

の2つだってことなんですけど、

まあ、興味を引かないことは間違いないし、オサレでもないんですが、
なんか「近所行ってぐるぐる撮ってきました」っていう
どうでもよさがすごいわけです。

写真が弱いわけで、だからまあ、これから永い言い訳が始まるっていう。


Maebata2

2017/11/2 23:41~11/3 1:00 岐阜県多治見市前畑町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5)
ISO400/6秒×700枚(比較明合成)/JPEG
多治見市民病院の一部にF16 6秒のものを合成
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

まず「多治見市民病院」っていうのは
左にあるどう見ても「病院」っていう感じの建物なんですけど、
照明が明るすぎて「多治見市民病院」っていう表示がまったく見えないです。

その右に「前畑陶器」っていう会社があります。
まあ、これらにお勤めの方が何かの拍子にこれ見て、
喜んでくれたらな、って。

あとはあれですね、これ撮ってるとき、土手に座ってましたけども、
たまたまそこを通りかかかった人がワタクシ見て
「あのハゲ、なに撮ってるんだろう」っていう疑問が解ければね。
でもまあ、帽子かぶってたんで、ハゲってのはバレてないと思いますけど。


多治見といえば、陶器ですからね。
で、この手前に流れている川は「土岐川」っていいます。
なんで「陶器川」じゃないんだろう、なんて。

だけど「地方都市星景」撮り始めてから、
星空を見上げている時間っていうのは猛烈に増えましたね。
流星とかばんばんですよ。多治見でも。

この写真でも、多治見市民病院と前畑陶器の間に流星写ってるのわかります?
これ、目でもばっちり見えてましたけども、すごくゆっくりとした流星でした。
もちろん天然ものですよ。

そりゃもう「人工流星」にスポンサー出てきたってんで。

あんまり深くつっこむと、不都合な真実、不適切な関係、
不自然な合成、ラズベリーなベレーとか出てきちゃうかもしれないんですけど、
まあ、一発イベントで盛大にやるくらいならいいけどね、
って思う一方、成功したら、流行るよね(笑)それは困る。

世の中には人工イクラしか知らない人ばかりになって、
そのうち人工イクラから鮭が生まれるみたいな。
ほら、レプリカントだって赤…、あ、ここらへんでやめとこ。


現状では、この前の「コイン精米機」が地方都市星景としては最強の対象ですかね。
実はもう一箇所、近所に精米機あるんですけども、
さっき通りかかったとき、よく見たら同じISEKIの精米機だったんで、
撮るのやーめたって(笑)

で、これからの「地方都市星景」はどうなるのか?
めちゃくちゃ考えてますけどね。
まあ、タイトルだけなんですけど
「バロー一強体制」とか「台無しコントロール」とか。
「公民館運動」も地道に続けていかないといけないし。

まあ、期待している方なんていないかもしれませんけども、
待っていてください。
って、どれもやらないかもしれないですけどね。

« 地方都市星景6 「コイン精米機」。 | トップページ | 飛水峡ロックガーデンからの星空。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ついに市民病院出ましたか。
そして、そうそう、多治見と言えば陶器屋さん。
地場の産業風景があってこその地方都市。
茅野は何があるんだろう?って考えたら、観光地でもあって八ヶ岳なんですよね。
あぁ、これではオサレになってしまう(笑
土岐川の水面に病院の灯りが反射している感じが、実はオサレなんだと思いまーす。

この夏頃からやっと「星景」一発変換できるよぉになりました!
「光害」はちょっと気を抜くと「公害」に戻ります!テヘッ!
同音異義語は懐くの難しいですねぇ!パイセンも頑張ってください!
ハハッハははっはハハッハはは!!

今回の痴呆・・・モトイ、地方都市星景!こりゃエェですねぇ!?
夕日や朝日と同じ、グルグルがでっかく見えます!
地上風景の中にあるローカルな情報の上に広がる雄大な宇宙景色!!
これって意外と真理かも知れないと思う、今日この頃のボク!

透明感があり、凄く良い感じで見入ってしまいました。 あの寒空の中よく1時間以上外で待っていられましたね。車なら良いけど....

■ふみふみさん
おはようございます! 夜ですが! 曇ってますね。
実は「多治見といえば」みたいなのって、どう撮るか、ってすごく悩むところなんですよ。
いわゆる名所みたいなもんもありますしね。それをいかに「地方」っぽく撮るか(笑)
まあ、まじめにやってる人には怒られそうですけども、
誰にも媚びない美学っつーんですかね、まあ「B-BOYイズム」っていう。

実は最近、まじめな星景写真にも憧れがあって、
というのも、そういうものを撮っている人のブログ見て、まじ痺れているところなので、
八ヶ岳ってこれまた憧れシチュエーションですよ。
それでも自分なりに、いいロケーション探しておのれを磨いていこうかと思っています。

反射はアレですよ、「リフレクション」っていう。
「リフレクション」もの、いいの考えてます!

■山口のじぃさん
僕のiMacもそろそろ「星景」覚えたかなーって思ってるんですけどね。
まあ、こういうのも積み重ねですね。わっはっは。

んー、じぃ様のお言葉に甘えて、なんかいい感じに見えてきたこの700枚!
こういうのって、ありきたりなんですが「時間差」って感じるんですよね。
スケール感の違いですよ。
空見上げてると、流星のような一瞬の出来事と、恒星時の動きが同時に起こっているという。
これって、うまいこと一枚に収まっているのって、ほんと不思議なんですけどね。

■のんたさん
のんたさんからも一言いってやってくださいよー、
「照明少し落とした方がいいんじゃないか」って。
でもまあ、一時間以上座って考えていたことは、
ここってヘリコプターも来るだろうから、これくらい明るくないとな、っていうことです。
通勤時はこの撮影方向の反対から見てるんですけども、
やっぱりめちゃくちゃ明るく「多治見市民病院」って出てるんですよね。
たぶん東西南北、全部見られようにできてるんですよね。
もう、そういうのは「やっちゃってください」ですから。
お世話になってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/66051777

この記事へのトラックバック一覧です: 地方都市星景7 「多治見市民病院、前畑陶器。Kenko Tokiな」。:

« 地方都市星景6 「コイン精米機」。 | トップページ | 飛水峡ロックガーデンからの星空。 »