フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の記事

2017年11月30日 (木)

地方都市星景9 「幸町の畑。浴槽リフレクションズ。」

Yokusou2web


2017/11/28 21:18〜21:33 岐阜県多治見市幸町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(30mm/F8)
ISO400/25秒×35枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

左上に白鳥座の一部。
地上に電柱が見えますね、左から2本目に重なるように、
こと座が沈んでいくところです。ベガ以外はわかりにくいですが。
そして、電柱とともに、ベガが浴槽の水面にリフレクションしています。
大根、わかります?

「家庭菜園」の延長として、ちょっとした土地を個人に貸す、
そういうのありますわね。地方では。
ここもそんな畑なのかどうか、知らないのですが、浴槽は、ある(笑)

なんですかね、ある日、思ったんです。
畑の浴槽って、面白いね、って。

同じことを考える人は当然いるわけで、
過去にmixiっていうところで畑の浴槽を専門に調査研究している団体?もあったようです。

そういえば「トマソン」なんてのあったじゃないですか。
路上観察学会とか。
あー、ああいう面白がりなんだなって。

こういうものと、地方の星空を写すのっておもろいですよ。
楽しくて仕方ないです。
撮影しやすくて、この時期いい星座が写り込みそうな「浴槽」結構探しました。
日曜日の昼間に、これまた電動アシスト自転車であちこち行きましたね。
浴槽そのものは、まあまああるんですけども、
撮影には厳しいところばかりでしたね(笑)


Yokusou1

2017/11/28 20:43〜21:07 岐阜県多治見市幸町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F8)
ISO400/20秒×61枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

浴槽にリフレクションする月。ネギ大好き!
月そのものは、写野の外。
アティラに見える、国道248号線。


昼間の様子はコティラ。

Img_7146

ところで、この浴槽は、Googleマップ でも見られます!

2017年11月27日 (月)

地方都市星景8 「深山の森。気根リフレクションズ。」

Kikon2

2017/10/31 21:39~22:04 岐阜県多治見市大藪町「深山の森自然公園」

Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5.6)
ISO400/30秒×45枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:自動車


  我々が今見て、聞いて、体感しているこの現実は現実そのものではない。
  脳がその裁量によって選択した情報の再構成だ。
  従って部分的に構成されなかった要素がある場合、
  当人には全然知覚できない。記憶は持っていても、
  意識の舞台に上(のぼ)って来ないのだから
    ──『姑獲鳥の夏』(京極夏彦/講談社NOVELS)


今年の8月、何か面白いものはないかと、
この撮影地である「深山の森」に出かけて、
ミヤマクワガタやカマキリの写真なんかを撮り歩いたことがありました。

この場所は子どもと来たり、若い頃に花見をしたり、
そんな行き慣れた場所のはずでしたが、
この日、不思議な、いや、不気味なものに出くわし、驚愕しました。

_mg_8163
▲なんかぼけぼけですが、夏のようすです。


この湿地みたいなものの周りに、
ゾンビ状のもんがうにょうにょ出てる!!!! 
ここは何度も訪れている場所なんですよ!
なのに、この日、顔を上げて周りをよく見ると、
うわー、なんだこれ! 初めてだ! という感じで…。

ほんと、この地になにか良くないことが起こったのでは、
と心配しましたが、これは「気根」というのだそうです。
詳しくは読売新聞を熟読していただきたいと思います。


この「気根」、今まで、目には入っていたのかもしれません。
ただ、ワタクシの意識の舞台にのぼってこなかっただけなのかもしれません。


まあ、そんなわけで地方都市には「気根」は、いっぱいあるんでしょう(笑)
でもあれですよ、ご覧のように木がおおいかぶさっていますから、
月の光がうまい塩梅にリフレクションされるまで、いい感じに撮れませんでしたね。
水面に星がリフレクションされていますが、その弱々しさがいかにも地方都市!


Kikon1_web

2017/10/31 22:32~22:50 岐阜県多治見市大藪町「深山の森自然公園」
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5.6)
ISO400/30秒×30枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:自動車


あ、タイトルはアレですよ、アレ(笑)。サーセンねー。
「リフレクションズ」続きます。

2017年11月25日 (土)

星景花嫁修業。沈むダイヤモンド、のぼる大曲線。

見破るも 黙っておれと 二階言う 整形の君 嫁ぐ霜月

Img_7097

▲沈む冬のダイヤモンド
2017/11/19 5:11~ 長野県下伊那郡阿智村
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEEソフトフィルターNo.3(レンズの後ろ)
ISO6400/30秒/Kenko スカイメモRSによる恒星時追尾/RAW
Photoshop CC 2018


Img_7104

▲のぼる春の大曲線
2017/11/19 5:23~ 長野県下伊那郡阿智村
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEEソフトフィルターNo.3(レンズの後ろ)
ISO1600/30秒/Kenko スカイメモRSによる恒星時追尾/RAW
Photoshop CC 2018

2017年11月23日 (木)

飛水峡ロックガーデンからの星空。

Img_6934

2017/11/12 2:31~ 岐阜県加茂郡七宗町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO400/10分固定/RAW
Photoshop CC 2018

真ん中の光は、国道41号。
邪魔なのか、邪魔じゃないのか、青パジャマ。
奥はオリオン座、手前はどんだけ古いか知りませんが、石じゃないですか。
間に、人間の営みが挟まってるんですね。
こちらからの「見かけ上」ですけども。
この「飛水峡ロックガーデン」はよく知っているつもりでしたが、
夜に行ったのは初めてで、まじ怖かったです。
レグルスを食い終わった月が出てこれば明るくて歩きやすいかな、
と思ったものの、やはり怖い。あと一歩が踏み出せないのですね。
そんなわけで、撮りたいイメージとはちょっと違っちゃいました。てへ。

Img_6938

▲北斗七星が少しでてきました
2017/11/12 2:49~ 岐阜県加茂郡七宗町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
ISO6400/10秒固定/RAW
Photoshop CC 2018


Img_6946

▲レグルス食を終えた月
2017/11/12 3:00~ 岐阜県加茂郡七宗町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
ISO6400/10秒固定/RAW
Photoshop CC 2018



Img_6952

▲オリオン座
2017/11/12 3:15~ 岐阜県加茂郡七宗町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
ISO6400/10秒固定/RAW
Photoshop CC 2018


Img_6865web

▲月が出る前、オリオン座が見え始めたところ
2017/11/12 0:20~ 岐阜県加茂郡七宗町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
ISO6400/30秒/kenko  スカイメモRSによる恒星時追尾/RAW
Photoshop CC 2018

2017年11月16日 (木)

地方都市星景7 「多治見市民病院、前畑陶器。Kenko Tokiな」。

まあ、「地方都市星景」ってゆーか、そろそろ「せいけい」ってタイプして
「星景」って一発で変換できるようになってほしいわけなんですけども、
今回の一枚、ってゆーか700枚比較明合成なんで、今回の700枚、
ってどうでもいいですが、
撮影対象としてはとても弱いと思うんですよ。

以前書いた、ワタクシの考える「地方都市星景」っていうのは
─オサレになってはいけない
─ほとんどの人にとって、興味のない対象を主人公にすべきだ

の2つだってことなんですけど、

まあ、興味を引かないことは間違いないし、オサレでもないんですが、
なんか「近所行ってぐるぐる撮ってきました」っていう
どうでもよさがすごいわけです。

写真が弱いわけで、だからまあ、これから永い言い訳が始まるっていう。


Maebata2

2017/11/2 23:41~11/3 1:00 岐阜県多治見市前畑町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5)
ISO400/6秒×700枚(比較明合成)/JPEG
多治見市民病院の一部にF16 6秒のものを合成
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

まず「多治見市民病院」っていうのは
左にあるどう見ても「病院」っていう感じの建物なんですけど、
照明が明るすぎて「多治見市民病院」っていう表示がまったく見えないです。

その右に「前畑陶器」っていう会社があります。
まあ、これらにお勤めの方が何かの拍子にこれ見て、
喜んでくれたらな、って。

あとはあれですね、これ撮ってるとき、土手に座ってましたけども、
たまたまそこを通りかかかった人がワタクシ見て
「あのハゲ、なに撮ってるんだろう」っていう疑問が解ければね。
でもまあ、帽子かぶってたんで、ハゲってのはバレてないと思いますけど。


多治見といえば、陶器ですからね。
で、この手前に流れている川は「土岐川」っていいます。
なんで「陶器川」じゃないんだろう、なんて。

だけど「地方都市星景」撮り始めてから、
星空を見上げている時間っていうのは猛烈に増えましたね。
流星とかばんばんですよ。多治見でも。

この写真でも、多治見市民病院と前畑陶器の間に流星写ってるのわかります?
これ、目でもばっちり見えてましたけども、すごくゆっくりとした流星でした。
もちろん天然ものですよ。

そりゃもう「人工流星」にスポンサー出てきたってんで。

あんまり深くつっこむと、不都合な真実、不適切な関係、
不自然な合成、ラズベリーなベレーとか出てきちゃうかもしれないんですけど、
まあ、一発イベントで盛大にやるくらいならいいけどね、
って思う一方、成功したら、流行るよね(笑)それは困る。

世の中には人工イクラしか知らない人ばかりになって、
そのうち人工イクラから鮭が生まれるみたいな。
ほら、レプリカントだって赤…、あ、ここらへんでやめとこ。


現状では、この前の「コイン精米機」が地方都市星景としては最強の対象ですかね。
実はもう一箇所、近所に精米機あるんですけども、
さっき通りかかったとき、よく見たら同じISEKIの精米機だったんで、
撮るのやーめたって(笑)

で、これからの「地方都市星景」はどうなるのか?
めちゃくちゃ考えてますけどね。
まあ、タイトルだけなんですけど
「バロー一強体制」とか「台無しコントロール」とか。
「公民館運動」も地道に続けていかないといけないし。

まあ、期待している方なんていないかもしれませんけども、
待っていてください。
って、どれもやらないかもしれないですけどね。

2017年11月12日 (日)

地方都市星景6 「コイン精米機」。

Seimai_web

2017/11/9 21:15~21:52
岐阜県多治見市幸町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO400/8秒×256枚(比較明合成)/JPEG
精米機の一部にF6.3 1/40秒のものを合成
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車


ISEKI コイン精米機 小泉A・小泉B。
星座はおもにペガスス座で、右上に四角形があります。

どうでしょうか、大都会に住んでみえる方のご近所には
こういった「コイン精米」というのはあるでしょうか。

2017年11月 7日 (火)

地方都市星景5「中央自動車道。右に見える平井町、左はタイル工場」。

Chuo_web

2017/10/30 21:38~22:41
岐阜県多治見市赤坂町付近 中央自動車道歩道橋から名古屋方面を向いて
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F6.3)
ISO200/5秒×660枚(比較明合成)/JPEG
高速道路上は5枚の比較明合成
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

西に沈む月。
その左下にみなみのうお座のフォーマルハウト。
写真の右にはわし座のアルタイル。
写真の右上はペガスス座の先っぽで、明るい恒星はエニフ。
写真の左上からはくじら座のデネブカイトスが入ってきています。
右上だの左下だの、ややこしいわ!

天体の運行、トラックで運送、トイレはうんこ。

さて、高速道路上は1時間分の露光を全部「比較明」合成すると
とんでもないことになったので、「ここだ!」というところの5枚だけを合成しました。

こんな風に1時間ほどですが、撮影している間、何をしたらいいんでしょうかね。
細君にもらったiPhoneで「ラジオクラウド」聞いてることがたまにありますが、
この日はぼんやりしてましたかね。

座るところもないし、ずっと突っ立ってたかなー。
そんな時、路上を眺めていると、きれいな光を放つトラックが3台。
緑が最初に来て、次に赤、次に青! って並んで通っていきました。
これを見たとき「路上はこれで決まりだなあ」なんて思いました。
通りがかる人もまれにあって、おばさんに話しかけられました。
「地方都市星景」撮っていて、人に話しかけられるのは初めてでしたね。

「何かを撮影しているのかしら?」と問うのに
「星の写真を撮っているのです!」と答えると、
「あら、素敵な写真が撮れるといいですね!」と。


あと、左側の民家、時々電気がついていてちょっとプライバシー的危ない橋なので、
電気のついてない時のをすこし足してごまかしてます。

2017年11月 5日 (日)

地方都市星景4 「オリオンスポーツ、棍棒ノスタルジー」。

Orion_web

2017/11/3 1:19~ 岐阜県多治見市広小路「オリオンスポーツ」
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F8)
ISO400/6秒×108枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

宇宙のオリオンと商店街のオリオン。
空のオリオンは、人類が滅亡しても、棍棒をウサギの頭に振り下ろしていることでしょう。

地上のオリオンはどうか?
その棍棒を振り、ボールを空高く飛ばすことは、これからも続くのでしょうか。

「宝石のカトウ」氏は、冬のダイヤモンドと同じように、永遠の輝きを保つのでしょうか。

どっちも、そんなこたぁ、ないです。
昨日「ブレードランナー2049」を観てきて、
なんとも悲しく、切ない気分になっているミッチーがお送りしております。

Img_6130

上の写真に写っているのは、移動に使っている自転車です。

2017年11月 3日 (金)

地方都市星景3 「根本交流センター、私にも夢がある」。

Nemoto

2017/10/25 23:28頃 岐阜県多治見市根本町 多治見市根本交流センター
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F3.2)
ISO3200/4秒×2枚(加算平均)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車


ワタクシの考える「地方都市星景」。

─オサレになってはいけない
─ほとんどの人にとって、興味のない対象を主人公にすべきだ

このように考えてわけであるわけでありますわけですけども、
どうしても、「こいつとコラボしたらオサレじゃん」とかなっちゃったり、
思わず「きれいな夜景」的方向にいきたくなったりするわけです。

そんな自分を「地方都市星景」に留め置くために、
「地方都市」のキングともいえる「公民館」を重点的に巡る活動、
まあこれを「公民館運動」というわけでありますけれども、
その第一弾がこの「多治見市根本交流センター」略してTCNCCです。

今回は星の軌跡ではなく、高感度短時間で星を止める方向でやってみました。
15mmフルサイズで8秒の露光ですが、若干動いてますね。
まー、ともかく明るいです。
星色はトバしまくり、空は青く!
地上に近い雲からオリオン座がゆったり登って来ています。
それでも夜は明ける! まだ23時だけどね!

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »