フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« LDN1355, LDN1357, LDN1358。 | トップページ | 晴れた星空を求めて、南知多っていうところまで行ってきたよ♪ »

2017年12月12日 (火)

地方都市星景番外編。「多治見修道院」。

「自分だけが苦しんでいると思っていることが、
  言葉を獲得することによって多くの人々と共通する問題であることが分かる。
   それが人を楽にし、自由にする」(岩波書店 岡本社長)

Syudo_web

2017/12/2 4:43〜5:06 岐阜県多治見市緑ヶ丘
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO800/20秒×64枚(比較明合成)/JPEG
建物1階部分より下、別撮りのものを合成
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車


冒頭に引用したことばは、
『広辞苑』改訂版発行の発表の際、
「LGBT」などの言葉が追加されたことに関して発言されたものです。

そんなわけで、ワタクシも「地方都市星景」などと数枚の写真に
言葉を与えたことがよかったのか、天文リフレクションズ 氏に変態認定されました。
ありがたいことです。


さて、ワタクシの住んでいる多治見の3大名物を4つ挙げるとすれば、
1.うながっぱ
2.暑い
3.虎渓山永保寺
4.多治見修道院
5.うなぎ
6.うながっぱ
7.陶器
の、5つになるわけですが、
今回は珍しく、こういった「やだー、興味あるーーー」的
ちゃんとした名所で撮影してきました。

ですから、これは「誰も興味を持たない対象」っていうわけではなさそうなので、
「地方都市星景」としては番外編となります。

でも!
この対象を「地方都市星景」として成立させる「1日」というのがあるのですね。
それにはあと1年ほど待たなければなりませんが…。

今年の11月ですが、そのチャンスがあったんですけどね。
しかも、天気よくて、夜に現場まで自転車乗って行ってました。
だけど、その頃はまだ「地方都市星景」という概念(笑)が確立していなくて、
「なんだこれ、また今度来よう」って見逃してしまっていました。
で、それを1年待ちます。

これには言葉だけを与えていまして、それは「台無しコントロール」っていいます。
普段はとても美しい対象、映える(笑)対象を、台無しにする局面、
というのがあるわけですが、それをあえて撮るという。

「興味を持ちにくい瞬間」を切り取るというのもまた、
「地方都市星景」なのですねーーははっはっはっはああー。


───────────────────────────────

カメラを置いたすぐうしろには、公衆トイレがあって、
そのトイレを構図に入れたら「修道院も台無しだぜ」と目論んでいましたが、
修道院の美しさに負けてしまい、普通に撮りました。

明け方だからか、新聞配達のおじさんみたいな人が、
こちらに近づいてくるのが見えました。トイレに来るようでした。
こういう時、ワタクシがいるのにびっくりされると困るので、
たいてい、咳払いなどをしてこちらの存在をアピールしますね。

この時も「ごほげほ」などと無駄に音を出したところ、
それでおじさんはびっくりされたようで、瞬間的に立ち止まり、
こちらを凝視しておりました。
その後、トイレに入られたのですが、5秒くらいで出てきましたね。

どうでもいい話ですが。


ほぼ朝の1枚撮りを2点ほど。

Img_7510web

▲2017/12/2 5:20
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO3200/6秒/RAW
Photoshop CC 2018


Img_7500web

▲2017/12/2 5:12
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO3200/8秒/RAW
Photoshop CC 2018



次は昼間の様子です。

Img_7123

« LDN1355, LDN1357, LDN1358。 | トップページ | 晴れた星空を求めて、南知多っていうところまで行ってきたよ♪ »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
そうそう、多治見は暑い場所なんですよね。
40度近い気温て経験したことないので興味深々。
新聞配達のところ、面白いです。
先方にしてみればルーチンなのに、なぜかその日は近くで人の気配とゴホン!
そりゃ誰だってビビりもします。
おじさん、出るものも出ず数秒でトイレを後にするとは、ちょっと気の毒(笑

多治見修道院の星景かっこいいですね。
ところで、僕が気になるのは「天文リフクションンズ」の記事のほう。
ミッチー作品の紹介順序が絶妙だなぁーって思いました。

編集部の方々には「変人」としては認められたようですが、「変態」としてはどうなんでしょうね。
新聞配達のおじさんにはもっと別の事をしたら認められるかも知れませんね。
でも、警察に通報されますよね。

■ふみふみおじさま。
おじさまっ! おじさまっ!
暑い! 暑いの!

5秒でうんこは出ませんね。

■たか丸パイセン
修道院がかっこよすぎですよ。絶対撮ってはいけないヤツでしたね。
リフレクション編集部(ひとりですが←この言い回しが大好き!)さんは変人なんですよ、きっと。
そう、変態じゃなくて変人でしたね。まだまだ精進が足りません笑。
でも、リフレクションさんはとてもきれいな星景写真を撮られるので、あこがれてます。
僕も南の島にいきたいなー。
南の島の新聞配達おじさんとは仲良くなれるでしょうか。

こんばんは。
「天文リフクションンズ」に掲載されている記事を読んでさすが目の付け所が違うわい。と思ったものです。きっとアクセスアップが凄いことになっていますね。

多治見修道院、こんな立派な修道院があるのですね。初耳でした。美しい写真も日本とは思えません。

最初の写真右側の葡萄の棚が気になります。敷地内にあるように見えるのですがひょっとするとトラピストワインに化ける?でしょうか。

■Gさん
こんばんは、「天文リフレクション」氏の目の付け所ですね(笑)
近所で楽しくやってます!

多治見修道院はご存知なかったですか。なんだか外国みたいだっていう方多いですね。
さすがG様、ブドウ畑に注目ですね!
ワイナリーもあるんですよ。そして年に一度「ワイン祭り!」。
僕は1度だけ行ったことのある祭りですが、まあ、朝から大騒ぎですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/66151887

この記事へのトラックバック一覧です: 地方都市星景番外編。「多治見修道院」。:

« LDN1355, LDN1357, LDN1358。 | トップページ | 晴れた星空を求めて、南知多っていうところまで行ってきたよ♪ »