フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 地方都市星景12。「首都消失。新首都は明るい未来の…。」。 | トップページ | 地方都市星景14。「中華そば 大石家と昇るしし座」。 »

2018年2月 1日 (木)

地方都市星景13。「金岡町インターパークのうながっぱ」。

All_web

2018/1/27 23:11~ 岐阜県多治見市 金岡町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(19mm/F8)
ISO400/4秒×888枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

「うながっぱ」と北天。
「うながっぱ」は多治見市のマスコットキャラクターです。
こういうのは、ある時期、地方で乱立していた印象があります。
中には「乗っただけ」的なものもあったかもしれませんが、
多治見の「うながっぱ」は成功例だと思っています。
まあ、ワタクシの印象批評ですけどね。

多治見市民は、この「うながっぱ」にどういう扱いを受けているかというと(笑)
まあまあぞんざいに扱われていて、これはまあ、褒めてるんですけども、
中に入ってる公務員の個性なんですかね。

2013年の写真ですが、ご覧ください。

Una

多治見駅前にいたので、「写真撮って!」みたいな感じで
細君と子ども達が寄っていったのですが、あっち向いたままで(笑)
なんかパイプ椅子みたいなもんに座っていたかな。
ともかくこういう態度が他になくて、いいなーって思っていました。

当時、「うながっぱ」のTwitterは「うなー」って言ってるだけでした。
今では中が変わって、どういうキャラになっているのか分かりませんが。

岐阜には「ミナモ」っていうのもいて、こちらはまじめすぎて面白くないですね。
ただ、皇族の前に出すには最適です。

« 地方都市星景12。「首都消失。新首都は明るい未来の…。」。 | トップページ | 地方都市星景14。「中華そば 大石家と昇るしし座」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
多治見は鰻と河童の街だったんですか!?
諏訪湖、というか隣町の岡谷も鰻で売ってるので親近感湧きます。
タイル調の一枚目はオサレですが、駅前で椅子にふんぞり返っているのはピンポンパンに緑色のがいたような、微妙な出来合いってのがシュールだと思いました。

■ふみふみさん
こんばんは!
なぜか、うなぎなんですよ。名店たくさんあるのですが、
うなぎが絶滅しそうなこのごろ、どうなってしまうのかと心配しています。
で、「河童」の方は良くわかりません。

諏訪湖のうなぎちゃんは大丈夫ですかね。養殖なんでしょうか。
数年前に、諏訪湖の白鳥ボートみたいなもんに家族で乗ったかなあ~。
あの時は、ラーメン食べたかもしれません!

うながっぱのこの感じ、当時はよく見られて、それが笑いを誘っていました。
何かの宣伝みたいなのに出てきても、興味なさそうなふりをしているのがかわいくて。
たぶん、その後はノーマル対応になっていると思います(笑)残念ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方都市星景13。「金岡町インターパークのうながっぱ」。:

« 地方都市星景12。「首都消失。新首都は明るい未来の…。」。 | トップページ | 地方都市星景14。「中華そば 大石家と昇るしし座」。 »