フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の記事

2018年2月25日 (日)

地方都市星景18。「大原川のごみ。土になるか、ならないか。」。

Ohara_color

2018/2/8 23:07~ 岐阜県多治見市光ヶ丘
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F10)
ISO1000/30秒×26枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

「中華そば 大石家」 を撮影したのと同じ日。
「大石家」は、レンズを川の下流に向けて撮影しましたが、
この一枚は上流に向けて。

風がおだやかだったこの日。
鏡のようになった大原川。
静かな川のようですが、やはり、時には災害をもたらすこともあります。

人がここで命を落とせば、土になるでしょうが、
流れ着いたスプレーみたいなもんは、
土にはならんでしょうな。

なるのか? なる素材だったら、不幸中の幸いだけどね。

沈むカシオペア、ペルセウス。
これを見たとき「ああ、まだカシオペアがいるのか」って思いました。

2018年2月22日 (木)

地方都市星景17。「amazon 多治見FC。誘致デベロップ。」

Amazon

2017/11/28 22:34~ 岐阜県多治見市小名田
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5)
ISO400/20秒×68枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

地上の右に見えるのが、みんな大好き、amazon。
ここのところ、多治見市はいい塩梅に企業を誘致していて、
広報には、企業誘致の実績報告が載ったりしています。

企業誘致の現状報告(PDF:732KB)
ここは「長瀬テクノパーク」という工業用地の開発が進んでいて、
これからどんどん大企業がやってきてウハウハなわけです。

そんなことより、天体おじさんや天体おばさんが大好きなamazonがありますんでね。
多治見に住んでいると、注文してもいないものが届いたり、
細君が注文したものが毎日届いたり、
ワタクシが注文したものが毎日届いたり。
新聞か!ってくらいお忙しそうです。
仕事がなくなっても、amazonが面倒みてくれそうだし。

いつだか「地区懇談会」みたいなのに動員されて(笑)行ったら、
こういった企業の雇用対象は「多治見市民限定」ということはない、
(企業側からそういう約束はない、という意味)
というようなことを市長がおっしゃってましたねー。
まあ、隣の都市から通勤される方もありますからね。

んで、ソーラーパネルがあるっていうのがいかにも地方都市っぽいし。

あ、天体は、秋の空なんで、ペガススとか、くじらとかですかね。
もう、忘れそうですよってはっはっはっは。

2018年2月18日 (日)

地方都市星景16。「多治見税務署。年貢アンタレス」。

All

2018/2/18 5:14~ 岐阜県多治見市白山町 多治見税務署
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5)
ISO320/8秒×155枚(比較明合成)/RAW
地上は一部マスク処理にて合成あり
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車


いろいろな意味で話題の税務署。
(↑ このくだり、数年後でもその意味を憶えているのだろうか?)

天体おじさんや天体おばさんは、確定申告の時期がやってくると、
さそり座が撮影できる季節がやってきたな、と思うわけです。

税務署の真上にある一番明るいのが「木星」。
その東には「火星」と「アンタレス」。
さらに東、画面の端っこには「土星」。

ちなみに、多治見には「きん星」っていういい飲食店があって、
それも一緒に入れて撮ってみようと思ってたんだけど、
撮影には厳しい場所なのであきらめています。

今回、撮影中、2人組の女子が通りがかり「星ですか?」。
「はい、そーです」(ワタクシ)
「すごーい!」(女子)

この場所でワタクシの様子を見て「星」と分かるのがすごいなあ、
と思いました。「インスタ映え」とかじゃないけどね。

で、こんな時、たとえば次のような大嘘を言ったら面白いのかも、
と妄想しました。

「S川国税庁長官が、今日ここに視察に来るという噂があるので、夜中から見張ってるんです」


そっちの方がすげーや、って思いますよね。わっはっは。

今回はRAWで撮影してみました。
トーンジャンプなんか防いじゃったりできるんじゃないかって思ったので。
上の一枚では発生していませんが、
別の場所で、同じくRAWで撮ってトーンジャンプ出たのがあるんですよね。
画像処理が一番の原因なのかなあ。

2018年2月15日 (木)

地方都市星景15。「式場閉店。祝福デストロイ」。

Bon

2018/1/23 21:24~ 岐阜県多治見市宝町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F5)
ISO400/15秒×59枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車


宝町にあった結婚式場・宴会場が閉店してしまいました。
ワタクシ自身がここで式を挙げた、とかいうことはないのですが、
かつて町内会長やってた時に、「敬老会」っていうのを開催したっていう思い出があります。
おじいちゃん、おばあちゃんだけの宴会でした(笑)

こういうのって、かなり大変で、さまざまな要望・ハプニングがあって、
式場の担当の方は苦労されたのではないでしょうか。
あん時の担当者とか、どうなっているのでしょうかね。
皆様、健やかに過ごされているといいなあ。

ある場所がなくなるっていうのは、どこにでもあることなのですが、
かつてそこに関わったいろいろな人たち、
「あいつら、元気かなあ」っていう。そういう一枚です。

さて、ずいぶんと破壊が進んでしまってから撮影となりました。
門のところに鎖が…。

一歩踏み出したいところですが、そこは行ったらあかんしな、
と入り口の広いところで撮影していたら、迫力おじさんがすっとんできました。

「ここの土地に何か用事でも?」と明らかに「怪しいヤツ」という雰囲気でした。
「写真を撮っているのです」と説明すると、
「あーそうですか、土地じゃなくてね」と、立ち去っていきましたが、
たぶん、納得していなかったのではないかと思います。
金属泥棒とか、いろいろありますしね。

こういうとき、「こんな写真を撮ってるんですよ!」とバカ丸出しで、
地方都市星景のアルバム(笑)とか見てもらえたらいいんですけどね。
何も準備していません。
そのおじさんには「比較明合成」とかの説明をしたかったし。
って、いらんわ!
あと、ここにはちらりとしか写っていませんが、「重機」ってのが
かなり来るな、と。

後日、近所にて、お休み中の重機を撮ってみました。
これはこれで、専門業者がいるんでしょうね。
ワタクシの大好きなバカ映画「トランスフォーマー」っぽく
ノイジーな処理を施しました。

Img_0098b

んで、下のは、ノーマルっぽい処理ですが、
ショベル(?)の間からグラフィティが見えますよ!

Img_0099

2018年2月11日 (日)

地方都市星景14。「中華そば 大石家と昇るしし座」。

02

2018/2/8 22:37~ 岐阜県多治見市光ヶ丘
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F9)
ISO640/30秒×46枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

ハレー彗星がやってきた1986年に発売された
斎藤晴彦さんのアルバム「音楽の冗談」のB面4曲目、
「ラーメン生誕80周年奉祝!」に

  “食べ方も勝手にさせろ あのスープを残してどこが悪いんだ
    金を払うのはこの俺だ”

というくだりがあるのですが、
健康診断で「血圧が高い」と指摘されているワタクシは今
とても清らかな気持ちでスープを残しています。

「金を払うのはこの俺」なんてこたぁ思いません。
お店としては、スープは、そりゃもう、
大変な苦労をして完成させているのでしょうから、
申し訳ないことであるなあ、と思っていますが。

多治見の名店「中華そば 大石家」と、しし座。
すげー近くにあるのですが、ワタクシは入ったことはありません!
行きたいんですけどね。
死ぬ前に一度は入ってみたいお店です。

右はパチンコ屋の明かりなんですけども、
これがトーンカーブの傾斜を立てると、いい色が出るんですね(笑)

空を広く照らすモノがあると、トーンジャンプが出やすいなあ、
って感じていますが、今回もそう。
でも、傾斜を立ててみました!

2018年2月 1日 (木)

地方都市星景13。「金岡町インターパークのうながっぱ」。

All_web

2018/1/27 23:11~ 岐阜県多治見市 金岡町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(19mm/F8)
ISO400/4秒×888枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

「うながっぱ」と北天。
「うながっぱ」は多治見市のマスコットキャラクターです。
こういうのは、ある時期、地方で乱立していた印象があります。
中には「乗っただけ」的なものもあったかもしれませんが、
多治見の「うながっぱ」は成功例だと思っています。
まあ、ワタクシの印象批評ですけどね。

多治見市民は、この「うながっぱ」にどういう扱いを受けているかというと(笑)
まあまあぞんざいに扱われていて、これはまあ、褒めてるんですけども、
中に入ってる公務員の個性なんですかね。

2013年の写真ですが、ご覧ください。

Una

多治見駅前にいたので、「写真撮って!」みたいな感じで
細君と子ども達が寄っていったのですが、あっち向いたままで(笑)
なんかパイプ椅子みたいなもんに座っていたかな。
ともかくこういう態度が他になくて、いいなーって思っていました。

当時、「うながっぱ」のTwitterは「うなー」って言ってるだけでした。
今では中が変わって、どういうキャラになっているのか分かりませんが。

岐阜には「ミナモ」っていうのもいて、こちらはまじめすぎて面白くないですね。
ただ、皇族の前に出すには最適です。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »