フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の記事

2018年3月29日 (木)

天の川の幽霊。

New3web

2018/3/25 4:34~ 愛知県知多郡南知多町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(30mm/F2.8)
LEE SOFTフィルターNo.3(レンズの後ろ)
ISO6400/30秒×19枚/Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
ステライメージ7/Photoshop CC 2018


 
“「(略)だって、足がこう、暈(ぼや)けてるとかさ、そういうことはない訳よ。
   影もある。ちゃんといる、存在してる訳。なら幽霊じゃないでしょうに」”
 ── 『虚談』 京極夏彦(角川書店)

霞んじゃって、春。

数週間、ちょっと腰を痛めてまして、いろいろな士気が下がりまくっていました。
そんな中、めっちゃいい天気だったいくつかの日を通り越し、
やっとこさ腰も上がったこの日、GPVの野郎はいつものように真っ黒か!

で、喜んで海まで出かけたのですが、天の川が見えないくらい霞んじゃってる春の空。
低空はなんだか何も見えなくて、全体がもやっとしていて、
幽霊のような天の川が写りました。
花粉もひどいし。


Img_1761

2018/3/25 3:50~ 愛知県知多郡南知多町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEE SOFTフィルターNo.3(レンズの後ろ)
ISO6400/30秒/Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Photoshop CC 2018

かなり明るいですね。
12月に行ったときは許容範囲だと思ったんだけど。
特に明るい東側に、主役となる天の川がいるのと、もやもやが光を拡散しているから
ダメな感じに見えるのでしょうか。
まあでも、雰囲気ですよ、雰囲気。

次の2枚は「桜公園」っていうところから撮影しました。


Img_1709web

2018/3/25 2:00~ 愛知県知多郡南知多町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(24mm/F2.8)
LEE SOFTフィルターNo.3(レンズの後ろ)
ISO5000/10秒/固定
Photoshop CC 2018


Img_1713web


2018/3/25 2:13~ 愛知県知多郡南知多町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEE SOFTフィルターNo.3(レンズの後ろ)
ISO4000/10秒/固定
Photoshop CC 2018

2018年3月 6日 (火)

2018年3月4日夕方、金星と水星と鉄塔。

A

2018/3/4 18:23~ 岐阜県多治見市虎渓山町
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F22)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO100/15秒/RAW
ステライメージ7(比較明合成)
Adobe Photoshop CC 2018


金星と水星が近い、というので、近所の見晴らしの良い場所まで。

ここは、パナホーム株式会社が住宅をじゃんじゃん売り出しているところです。
今のところ、家は建ってない場所で、空き地みたいになっていて、
多治見市を広く見下ろすことができます。撮影できるのは今のうちかな、と。

ここからはカノープスも見えるはずです。
先日、うす曇の中、試しに撮影してみたところ、それらしいものが写ってましたねー。


B

向こうの山に隠れる前に、雲が隠す。
18:30~ 17枚(他の条件は一枚目と同じ)


撮影開始時間は一枚目から約7分後ですが、
ずいぶんと空の色が違うもんですね。

そういえば、まだ明るかった撮影開始前、しばらく金星が見つかりませんでした。
ちょっと待つとすぐ見つかり、その後は一気に明るく見えるようになりました。
水星が見えてきたのは、しばらく経ってからでした。


  “流れ者の集まるアナーキーな川崎でも──
    いや、そんな街だからこそ、不安定さに耐えられなくなったときに、
    人を見下すことで自分の地位を確保しようとする者がいる。
    それは日本の縮図でもある。”
   「ルポ川崎」磯部涼(サイゾー)


「みくだす」んじゃなくて多治見を「みおろす」。

24web

2018年3月 1日 (木)

地方都市星景19。「矢印芸術。国道248号下領域の純粋」。

Ya_web_2

2018/2/23 23:26~ 岐阜県多治見市幸町 国道248号下
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F10)
ISO640/30秒×50枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車


こないだ重機撮った時 に、画面の隅っこに矢印が群れているのを発見しました。
で、今回はやつらを主役に地方都市星景を撮ってみたと。

近づくと、群れてる感じが薄れますね。

ここらには災害時に必要になるであろう資材等が置かれているのかな、
と思っています。この矢印もそうなのかな。

災害が起こらず、出番がない間は、
純粋に、一方向を指し示すのみ!
これを芸術に見立てる、というのもありでしょう。
「トマソン」の「純粋階段」のようなものだと。「純粋矢印」ってね。


星の軌跡の中盤で、なぜだか明度が上がっているのが気に入りませんが。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »