フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「天フェス2018」。その3。宴はこれで終わり。 | トップページ | 地方都市星景27。「多治見市某所のホタルとサソリ。マイナーなケツの光。」 »

2018年5月23日 (水)

アコガレの、撮りたかった天体を撮るということ。

Web_g



長野県下伊那郡阿智村 2018/5/19 21:18~
KENKO SE200N CR/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)
IDAS BGRL-RS2
L8枚/RGB2~3枚 各10分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018

久しぶりの「あららぎ」遠征。

りゅう座の、いわゆる「銀河トリオ」。
左の細長いのがNGC5981、
まんなかのボンヤリがNGC5982、
右のイケてる野郎がNGC5985。

この対象との「出会い」は、たぶん雲上さんのブログだったかと思います。
こんな面白い対象があるんだ! っていうのは、
いろんな方のブログで知ったり、天文雑誌で知ったり。
いつか撮りたいな、っていう思いが実現するのは、うれしいですね。

アコガレの対象。
撮りたいって思っても、天候だとか、仕事のめぐりとか、
「他にもっと撮りたいもんがあるし」とか笑、
「撮れない理由」は、天にも地にもありますから。

今回の撮影は、ちょっと短め。
いわゆる「本命撮影に入る前に」って感じなのですけども。
アコガレ対象のせいか、久々に「天体おじさん」になった面白み、を感じました。

この日は「観望派」から「撮影派」に完全移行した「たか丸」パイセンと。
「赤道儀をアスコム制御にしてから、初めて順調ですねー」などと緩い会話をしながら、
素晴らしい空に期待しておりましたが…


Img_3628




げっ、曇ってきたじゃないですかの午前2時。

朝まで雲ひとつないはずだったのですが
急激に星が見えなくなり ─GPVの野郎!─  その後晴れることなく。

上の写真を撮影したころは、たか丸パイセンが撤収の真っ最中。
ワタクシは、星景写真を撮ろうと準備を始めたところなんですけど、曇った写真だけが残されました。


Img_3633

« 「天フェス2018」。その3。宴はこれで終わり。 | トップページ | 地方都市星景27。「多治見市某所のホタルとサソリ。マイナーなケツの光。」 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
そう言えばミッチーさんの撮影地って、ヘブンズなのかなぁって思ってたら、清内路とかあららぎの方が中心なんですか?
あららぎ…
なんか、ちょっと気になるところになっているんですが、そちら方面の同好皆さんの反応はどうなんでしょ??
それでも長野県、家からだと県境部は近くて遠いです(笑

わたしが撮ったのが白黒写真に思えるほど総天然色の銀河トリオすばらしいです。
母の葬儀から一週間で、早くも自宅裏に機材を持ち出して月や木星を撮っています。
(この親不孝者)

■ふみふみさん
こんにちは! ヘブンスはですねー、もう行ってないんです。
星空が有名になってから、僕が行っていた駐車場がめちゃくちゃ明るくなりまして、
星を見るどころじゃない環境になってしまったので。
だから今は、長野方面なら清内路かあららぎです。
あららぎは、昔っから評判いいですね。
スキーシーズンが終わったので、これからは清内路よりもあららぎが中心になると思います。
ふみふみさん方面だと「園原インター」問題もありますしね。
でも逆に僕が麦草峠とか行っちゃいますから!

■雲上さん
ブログ拝見しました。お悔やみ申し上げます。
星になられたんでしょう、きっと。晴天をプレゼントしてくれるかもしれませんね!
天気がいいときに、ばんばん活動しましょうよ!

あ~これ凄いです。でも冷却でないと撮れないんですよね。きっと~。

雲上さんがおっしゃるように総天然色(懐かしい言葉)です。

良い眼の付けどころですね。

■Gさま
こんばんは! ありがとうございます。
いやー、D810Aでいけそうじゃないですか。
ただ、鏡筒はSE200NとかBKP200、そこらあたりがいいかもしれませんよ~はっはっは。
色は、もっとたくさん時間をかけて撮れば信頼できる色、落ち着いた感じになるのかな、
って思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/66752487

この記事へのトラックバック一覧です: アコガレの、撮りたかった天体を撮るということ。:

« 「天フェス2018」。その3。宴はこれで終わり。 | トップページ | 地方都市星景27。「多治見市某所のホタルとサソリ。マイナーなケツの光。」 »