フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Cederblad51。なんて読むの? | トップページ | 天体写真遠征行ったら、血圧下がるんだろうか。 »

2018年11月17日 (土)

おうし座 A地点からB地点まで。

Dsig_3web_4

2018/11/10 22:22~ 長野県下伊那郡
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F3.5)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/3分/39枚
Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Adobe Camera RAW(現像)
ステライメージ7(コンポジット/レベル補正)
Adobe Photoshop CC 2018
NIK Collection(無料版)のSilver Efex Pro2



そうなんですよAldebaran

ちょっと待ってくださいBarnard22

いや じつはですね えー そーーなんです

A地点からB地点まで…



  C地点はどこへ行ったんや
  写ってないけど、北に行ったらCalifornia


B地点からC地点まで…

« Cederblad51。なんて読むの? | トップページ | 天体写真遠征行ったら、血圧下がるんだろうか。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
星々が美しいですね\(//∇//)\
素晴らしい抜け感というか透明感です。
私も広い画角の写真撮ろうかしらん\(//∇//)\
いや、被り取り嫌いだからやめとこー(笑)

先日、A地点からC地点まで撮ってみたおりおんです。
そうなんですよ、ミッチーさん。A地点の星々の輝き、B地点の宇宙感。
最近、流行ってるんでしょうかね、こういった構図。
一昔前までは、こんなところにガスがあるなんて思いもよりませんでした。
ぜひこんどはC地点もお願いします。

■こたろうさん
こんばんは! ありがとうございます。
「透明感」って、目指したいところであるんですが、
いったい、どうしたら出るんですかね。
「ここまでやった、さて、透明感がないな」っていうのって結構多いのですが、
その後の操作は具体的にどうするのか…って、そういうのあるんです。
今回は、コンポジット後すでにこういう感じでしたから、
結構初期段階に決まってしまってることなんですかねー。

「被り取り」!
最初からそうなることはわかっていたので、慎重にやったのですが、
これ、処理の後半になると、「この調整レイヤーをとると」ってしてみても、
よくわからんくなるんですよ!

結局「あってもなくてもよいのなら、ないのが正解」ということにしましたが、
ホント、画面見ている自分の目が信じられなくなりました。
結局、「正解=ほんとうの空」はわかりません。

■おりおんさん
そうなんです。C地点、おりおんさんでした。
いくつかの作例を検索したり、雑誌をめくってみたり…

いろいろ見たり読んだりしていると、国内では、ある方の作例が
多大な影響を及ぼしているのではないか、と推測しました。
「あの作品を見て撮ってみたくなった」という方が多いんですね。
だから、その作例を見て撮っている僕は、孫みたいなもんです。

C地点は、おりおんさんの「子」として撮る日が来るかもしれません!!

ミッチーさんこんにちは。
遠征なんてもう絶対できない庭撮り人間には夢のような画像です。
薄茶の部分は反射だとすると、星々の共同作業で見えてるんですかね。
濃い部分は背景より暗く見え、
宇宙空間より暗い部分が写るって不思議な感じがします。

◼️雲上さん
雲上さんちでも、天頂付近だと、
じっくりカメラレンズ撮影したらどうでしょうかね。
やっぱ厳しいですか。

「背景より暗く見え」って、ホントそうなんですよ!
僕も不思議で不思議で。
こういうところ、もう真っ先に真っ黒になるんですよねー。

こんにちは
なんと美しい星々でしょう。本当にまるで宝石をちりばめたような・・・うっとり。こんな星空を撮ってみたいです。
高級レンズには手は出ませんがやはり素晴らしいレンズですね。安いレンズを使って画像処理で誤魔化しができると良いですが、そんなに甘くはないですね。

◼️Gさま
こんにちは! ありがとうございます。
ヒアデス星団には色とりどりの星があって、
大変美しいですね。
いい塩梅の明るさだし、この「散らばり具合」もナイスだと思います。
「高級レンズ」ですが、1年、2年計画でお小遣い貯めたら買えました(笑)

星々に立体感があり、また透明感も素晴らしいです。微恒星がちょっと青く感じるのは僕のMacBook Proの色再現のせいかな..。

■のんたさん
こんにちはー!
ってよーく見てみたら青だったり緑だったりしてるじゃないですか!
「フリンジ軽減」してみただけでずいぶん見栄えが変わりましたよ~
まだまだ楽しみが残っていてありがたいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/67390893

この記事へのトラックバック一覧です: おうし座 A地点からB地点まで。:

« Cederblad51。なんて読むの? | トップページ | 天体写真遠征行ったら、血圧下がるんだろうか。 »