フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の記事

2019年1月30日 (水)

IC2574だよ♪

Ic2574_0126a_2_si_web

L:長野県下伊那郡阿智村 1/6 2:32~
RGB:岐阜県加茂郡 1/14 1:44~
SkyWatcher BKP130 OTAW/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)/IDAS BGRL-RS2
L24枚/R12枚/G8枚/B6枚 各7分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018


1/13-14の遠征では、ninzyaパイセン、たか丸パイセンと3人での遠征でしたが、
さて、ワタクシを含めたこの3人をTHE ALFEEに例えるならば、
誰が誰になるのだろう、というのを考えてみました。

まず、ninzyaパイセンが高見沢さんであることは間違いないのですが、
残るたか丸パイセンとワタクシの割り振りですよね(笑)
どっちが坂崎さん?!

自分としては、ワタクシが坂崎氏だろう、そう思っているのですが、
周りからみるとワタクシはどんな人物に見えているのか、
ということがよくわからないので、ひょっとすると、世間的には
「おまえは桜井さんだろう」となるのかもしれません。

たか丸パイセンの「坂崎度」もまあまああると思うので、
ここはいずれ、みなさんで集まって決定するべきなのでしょうか。

が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。
この銀河は、たぶん、おおぐま座にあって、
M81 and M82を含めた分子雲を撮った作例の端っこにいることがあります。

とてもきれいな色をしているので、昨シーズンから狙っているのですが、
今回初めて色付けできました。

とはいえ、これはねえ、ちょっと厳しい銀河野郎でした。

昨シーズンはSE200Nで撮影しましたが、結局L画像だけで終わってしまいました。
そのL画像だけは次の通りです。

Se200n_03all

いずれ、カラーを撮り足して完成させる、ということもあるのかもしれません。

2019年1月26日 (土)

地方都市星景(シーズン2)No.1「もうすぐ開店か スーパーセンターオークワ多治見店」。

1212okuwa

2018/12/12 22:22~ 岐阜県多治見市幸町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F?)
ISO400/8秒×230枚(比較明)/RAWで撮影
Adobe Camera Raw(現像/JPEG保存)/ステライメージ7(比較明合成)/Photoshop CC 2018
移動:徒歩

「地方都市星景」などと言って近所で「比較明」の星景を撮りはじめて
もう1年と数ヶ月過ぎました。

かつて撮った、あの場所、この場所…
変わってしまって、新しいナニかができたところもあります。
そんなわけで、「シーズン2」へ!

って、Amazonプライムで海外ドラマを観る、という習慣ができたからなんですけどね!
文句あるか!
今は「マーベラス・ミセス・メイゼル」観てます。もちろん「シーズン2」!
 
が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。
 
この場所では、昨年8月に工事の様子を撮影しています。
よろしかったら比較してみてください。
もうちょっとすると、それから半年となりますね。

「オークワ」。当初の予定では、昨年中に開業しているはずでしたが、
昨年のいつだったか、オークワ氏から
「2019年2月開業に延期」というアナウンスが。

現在では店舗の看板もでき、国道から入る道路も整備されております。
「DAISO」も入るようで、娘も大喜びしております。
まもなく開業でしょうかね。

地方都市星景的には、右に出ているゴーストが、
「なんだかなー」ってがっかりしてたのですが、
JJの「スタートレック」みたいに、「あってもいいじゃん」と心を落ち着かせました。
※左に猛烈な光がありますが、これは国道を通過する自動車です!

あと、以前に書いているかもしれませんが、
ステライメージで比較明合成するとき、
「加算」っていうところにチェックを入れると
こういうのはちょっと目立たなくなります。
街の明かりもちょっとやさしくなる感じです。

星と星の「途切れ感」が少なくなるのは、もちろんです。
──────────────────────────────────

この日の写真は以前 ウィルタネン彗星 と開業前のオークワをアップしました。

2019年1月22日 (火)

M78。BKP130復活。

M78_b

長野県下伊那郡阿智村 1/5 21:13~
岐阜県加茂郡 1/13 23:08~
SkyWatcher BKP130 OTAW/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)/IDAS BGRL-RS2
L 7分×26枚 RGB 7分×5~6枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018


久しぶりにBKP130が大活躍!
ってゆーか、接眼部のアレコレを、あーでもないこーでもない、
と、やっているうちに、なんともならなくなっていたのですが、
えーい、モーターフォーカスとか、どーでもいいわ! となりまして。

微動もついてない状態ですが、まあ、なんとかなりましたかね。
ピント合わせるのに行ったり来たりで、すごく時間かかりましたけど。

ほんでも、使ってるうちに「クセ」みたいなのをつかんだ感があるんですよ。
中心部で「ピント合ったな」っていうところで、
ネジを締めてドローチューブを固定するんですが、
そん時のズレ(動き)具合とか(笑)締め具合とか!

ネジがゆるいうちは、写野のどこかにピントがキテないところがあるんですが、
そこでうまいこと締めると、全面にピントが合うんですよ!

バーティノフマスクで試写しながらですが、
さっきまで「オレ、関係ないもんねー」っていう感じの隅っこの星が
同調圧力?に屈してぴったりあわせてくる様子などは
めっちゃ面白くて、しかもうれしかったなー。

かなりテキトーで、次もそうなるとは思えないけど、
まあ、いいじゃあないですか。

2019年1月20日 (日)

M78を中心にして、馬頭星雲など。

All03dg_web2

2018/12/31 21:20~ 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/130秒×62枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018

いやー、もう悪ふざけは終わりです。
ブログの最初の記事がアレではまずいと思って
早く新作を、と画像処理。



先日、──娘の要望があったため──木の板をいくつかネジでくっつける、
という作業をしていたのですが、そのとき、突然脳内に
「ワッシャーをかます」というフレーズがあらわれました。

「かます」。
なぜ「かます」っていうんですかね?
言いがちな言葉だと思うんです。


さて…

どうでもいいことですが、
我が家では、サキソフォン・プレイヤーのカマシ・ワシントンさんは
「カマス・ワシントン」と呼んでいます。

また、干物などでいただくと大変美味な「カマス」のことも
「カマス・ワシントン」と呼んでいます。

2019年1月19日 (土)

うんこ分子雲ドリル。(おうし座)

All_kasanh01_bweb_3

2019/1/1 0:14~ 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/130秒×32枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018

あー、また、こういうタイトルつけちゃうと、
パイセンに怒られるんだろうなーーーー。
しょーもないパクリのうえに、引用しにくいっていう!
しかも「ドリル」って関係ないし!

年が明けてから、晴れが続いていたので、
ちょい西に傾きつつある、「撮りたかったものばんばん撮ろう」活動に励んでいました。
そのうちの一枚。おうし座の分子雲、右上にIC359とかです。

「分子雲」って、さかさまに読むと「うんこ分」って読めて、
で、その「分」ってなんなんだ?という疑問も多少漏れたりするわけですが、
そこは曖昧にしておいて。

って、なんでこんなアホみたいなことを書いているかというと、
「分子雲を撮影する」っていう敷居を下げようっていう(笑)

なんか方向性間違ってるような気もするんですが、
このおうし座のやつらは何かと写ってるし。

良い時期に、たくさん撮れば「ぶいぶい系」になるだろうし、
露光時間が少なくても、ダークな印象で色を出す、という方向性もあるし、
結構いい対象だと思うんですよねー。

2019年1月16日 (水)

Vixen FL55SSによる「うみへび座の顔」「かみのけ座ハイライト」「M31ちょいズレ」。

Umihebi

うみへび座の顔

2019/1/6 1:53~ 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/150秒×64枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018

150秒を64枚撮りましたからね!

実は、「うみへび座頭部の分子雲」っていう作品を
数年前に見たことがあるような気がしていて、
どんなだろう、って興味はあったんです。

まあ、ネットで検索しても作例などが見つからなくて、
どなたか知りませんかー、と問いかけたところ、
滋賀のwatanパイセンから「これじゃないの?」って
赤外線画像のようなものを教えていただいたのは数年前ですかね。

んで、やっと撮ってみたんですが、なーーんも、ほんとなーんも!って感じで!

まあ、アホみたいにレベル補正したら、
ちょっと「ムラ」じゃないようなものがあるような気がするような妄想、というレベルで…

はい、次いきましょう。


Kaminoke

かみのけ座ハイライト
2019/1/6 5:02~ 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/150秒×6枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018

先の「うみへび座」もそうなんですが、
これくらいの星座とか、分かりやすい星のかたまりを撮ることで、
「この機材って、どれくらいの範囲を撮っているのだろう」っていうことが
「生の目」と比べることができるから、わかりやすいと思うんですよね。

別に、髪の毛に固執しているわけではありません。
その点は強く主張しておきたいと思います。
このかみのけを、うみへびの頭にかぶせてみたいですな。

はい、次いきましょう。

M31_web_2

M31ちょいズレ
2019/1/5 19:55~ 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー) 312mm/f5.7
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/150秒×20枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018

先の2枚と違って、これはレデューサーなしの構成。
M31をど真ん中に置いたつもりでしたが、ちょいズレてました。
かつらとは関係ありません。

それにしても、気軽にこういう対象を撮るというのは、ホントに楽しいなーと。
まじ「天文少年に戻る」という感覚でした。
少年はこんな機材持ってないと思うけど。

この機材での撮影は、案外「ゆるーい」感じでやってます!

2019年1月15日 (火)

「野球感」を出していく星景写真。

Img_9655web

2019/1/13 22:34 岐阜県加茂郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F4)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO6400/30秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018


1月13日、ninzyaパイセン、たか丸パイセンと岐阜県加茂郡の某村に天体撮影遠征へ。
具体的に目指す現場に着いたものの、諸般の事情で「ここでは撮影できないなー」
と判断し、しばらく車で別の場所を探し回りました。
そしていくつか候補はあったものの、近くにあった某駐車場にて活動することとしました。

その横には某運動場があり、なんか野球っぽいので
「野球感」を出す写真を撮ってみました。

こないだ、大槻ケンヂさんが某ラジオ番組で
 自分は野球の事を全然知らないのに、
 他人はよく、みんな野球や相撲を知ってると思ってその話題を振ってくるけど、
 自分は同じことをオカルトでやっていた。
といったようなことをお話していました。

ワタクシもまったくその通りで─「オカルト」のほうじゃなくて─
野球や相撲を知らないんですねー。
それでもまあ、40年以上生きていると、
野球の話をしてくるおじさんに対し、
持っているすべてのうすーい知識によりテキトーに話を進める、
というくらいのスキルは身についていると思います。

いつだったか、「きよみや」っていう選手の名前を思い出せないおじさんがいて、
見事「ああ、清宮選手ですね」と、見事に返せたのは自慢です。
今では、なんでその名前を知っていたのかは思い出せません。

さて、写真の続きを。
これはなんていうんですかね、光るやつですね。

Img_9641

2019/1/13 22:09 岐阜県加茂郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO6400/20秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018

シリウスも入っていたら、冬のダイヤモンドになってました。
右下ではカシオペア座が切れているし、
「星座目線」で見ると、なかなか厳しいものがあります。

さて、次は、東側にレンズを向けたものです。
こぐま、おおぐま、しし、かに、こいぬ、おおいぬ。

ワタクシの思う「野球感」。
バックネット、スコアボード、照明、ホームベース、控え室?

Img_9660

2019/1/13 22:40 岐阜県加茂郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F4)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO6400/30秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018



このあと、カメラはVixen FL55SSに接続され、
なんとも微妙な領域を撮り続けたのでした。

…そして明け方。
金星と木星とアンタレスが昇ってきたので、
レンズにつけかえ、最後の「野球感」撮影となりました。

Img_9766

2019/1/14 5:53 岐阜県加茂郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(30mm/F3.5)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO3200/13秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018

2019年1月12日 (土)

政治的天体写真。M31については移している。絶滅危惧種のM32やM110も存在していたが、これはしっかりとかみのけ座に移していく。

Fake

かみのけ座にあるM31。
近所にはM32やM110といった明るい銀河もあり、
天体おじさんは、ばしばし埋め立てていきましょう。
とんがった銀河NGC4565も見えますね。

まあ、僕が子どものころは、オトナって
みんな責任を持って仕事をしてるもんだと思っていました。

嘘ついたり、いじめをしたり、いじわるなことをしたり、
っていうのは、フィクションの中だけだと思ってました。

オトナになれば、意見が違ったとしても他者に敬意をもって、
「ああ、あんたはそう思うのか」って話を聞くことくらいはすると思ってましたけどね。

今は、恥とも思わないのか、
テレビで顔まで出てるのに、嘘とごまかしばかりですな。
身近にいるのは味方ばかりだからなんでしょうか。
それとも「誰も見てない、見ててもすぐ忘れる」と思ってるのか。

国会でのやりとりなどを聞いていると、
なんか目の前の人をバカにして悦に入ってるみたいだけど、
「すんません、それは、オレ(など他の人々)も馬鹿にしてるんですかね」とか思ったり。

言いにくいことがあると、
本来の意味を薄めた言葉に言い換えたり(ジョージ・オーウェルか!)、
「誤解を招いた」とか言って釈明したり。
しまいにゃ数字もごまかしたり。

あ、間違えた、これはM31じゃなくて、M35(サンゴ)でした。

2019年1月 8日 (火)

NGC2259とLBN902など。

0_1web_2

2018/12/31 21:06~ 長野県下伊那郡
KENKO SE200N CR/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)
IDAS BGRL-RS2
L7枚/R7枚/G6枚/B8枚 各7分(L画像として、L7枚にR7枚を加算)
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018


クリスマスツリー星団とかコーン星雲とか呼ばれているところの北です。
左上にある星団がNGC2259で、その右側にある恒星は約6等星。
さらに右側、暗黒をはさんで、赤い星雲がLBN902です。

つっても、全体に赤い星雲で占められているので
「さらに右、ってどこ?」ってなりそうです。

写真の下部には暗黒野郎がちらり顔を出しています。
もうちょっと下も写すと、この暗黒野郎は「V」字に似た形になっているのが分かります。

こんなところ、誰も撮影してないと思ってましたが、
なんかいろんなパイセンが数年前に撮ってましたね(笑)
まったく、かなわねーや。

この日、SE200Nとモラビアン冷却CCDで撮影したのはこの対象のみ。
午前2時頃に月が出てくるまでたっぷり露光したのですが、
どうも後半(対象が西に傾いてから)の「ぼけぼけ」感がすごくて、
L画像はほとんどゴミ箱行きでした。(なので、Rも輝度に使用しました)
いけませんねー。
設置バランスが悪くて、ガイドが不調だったのではないか、と思っているところです。

まあ、いつものことですが、この「赤」というのは、
どこに落ち着いたらいいのかな、っていうのがありますね。
今回は、「この辺って、ちょっとマゼンタ寄りなんじゃね?」というのが
ワタクシのアタマの中にありますもんで、こういうところに落ち着きました。

2019年1月 6日 (日)

天体写真遠征、今日までそして明日から。部分日食もあるよ!

4日に出社しなければならない、というのは、ホント遊びみたいなもんで、
明日7日からは本当に仕事が始まってしまうようです。

5日の夜は遠征に出かけました(ありがたいことです!)
のんたパイセン、たか丸パイセン、S浦パイセン a.k.a. タフマンおじさんとご一緒に。

そして、帰ってきたら部分日食なんてのもあって、
忙しい日曜日でした。

私は今日まで生きてきましたが、
明日からは、死ぬまで生きるでしょう。

5日から6日にかけての夜空は、
すっきりしないふわっとした空でした。
広角レンズで写真に撮ってみると、薄い雲があちこちにあるようでした。
金星が山の上に出てきたところ。春の星座がきれいに見えました。

Img_9621

2019/1/6 5:35 長野県下伊那郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO4000/60秒
スカイメモRSで恒星時1/2追尾
Adobe Camera RAW(現像)
Adobe Photoshop CC 2018

ウィルタネン彗星とこぐま座。

Img_9623

2019/1/6 5:41 長野県下伊那郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(30mm/F2.8)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO4000/60秒
スカイメモRSで恒星時1/2追尾
Adobe Camera RAW(現像)
Adobe Photoshop CC 2018



部分日食も撮れたよ!

New2web

2019/1/6 中央は10:25ころ 岐阜県多治見市
Canon EOS 40D(スターショップ 新改造)
タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030):100mm/F5.6
バーダー アストロソーラーフィルター/ISO100
1/200秒を2分ごとに撮影し比較明合成
Adobe Camera RAW(現像)/ステライメージ7(比較明合成)
Adobe Photoshop CC 2018
※真上は北ではありません、少しカメラを傾けています。
 
300_hikakumeib_2

2019/1/6 中央は11:04ころ 岐阜県多治見市
Canon EOS 40D(スターショップ 新改造)
タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030):300mm/F9
バーダー アストロソーラーフィルター/ISO100
1/5
00秒を3分ごとに撮影し比較明合成
Adobe Camera RAW(現像)/ステライメージ7(比較明合成)
Adobe Photoshop CC 2018
※真上は北ではありません、少しカメラを傾けています。

2019年1月 3日 (木)

楽しかった遠征の思い出。

Img_9366

2019/1/1 3:48 長野県下伊那郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F4)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO5000/10秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018


こぐま座、おおぐま座、うしかい座、かんむり座。
月と車。

まじ、明日から会社なんて、イヤなんですけど~。




Img_9365_2

2019/1/1 3:47 長野県下伊那郡
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
SAMYANG F2.8/12mm ED AS NCS FISH-EYE(F4)
LEE ソフトフィルタ#3(レンズのうしろ)
ISO5000/10秒固定
Adobe Camera Raw/Photoshop CC 2018


沈む冬の大三角。
しし座、からす座、月。

まじ、明日から会社なんて、イヤなんですけど~。





New2dg2

2018/12/31 20:15前後 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/130秒×20枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
ステライメージ7(現像/メトカーフコンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018
※かなりトリミング

ウィルタネン彗星。
やまねこ座にて。

明日から会社なんて…。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »