フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ルビーの指輪」。 | トップページ | M42─星雲のプリンス。 »

2019年2月 4日 (月)

2019年2月3日の岩本彗星 C/2018Y1。

75_76web

2019/2/3 4:34~ 長野県下伊那郡某村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO2500/180秒×2枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018
※トリミングしています



前日の「ルビーの指輪」は、
「岩本彗星はどこかなー?」って、撮影しながら探していたその途中のものでした。

M104も一緒に写っています。

この感じで枚数はたくさん撮りました。
んで、メトカーフコンポジットしようとがんばっていましたが、
いい塩梅の仕上がりじゃないんで、2枚の恒星基準コンポジットで終了。

次の一枚は、試しに10枚くらいメトカーフコンポジットしたものです。
色ムラの処理とかやるパワーがなくて白黒ですが。
New10


この日は、ひとりぼっちの遠征。
アルフィー結成ならずでした。



Img_9891

2019/2/3 5:30 長野県下伊那郡某村
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
ISO6400/30秒固定/横2枚パノラマ合成
Adobe Camera Raw(現像・パノラマ合成)/Photoshop CC 2018


「今日はこれでおしまいだな」といったところで、
天の川がぐわぁーっと登ってきました。
この時期、夏の大三角が見えるようになると、いつも不思議な気持ちになります。
お楽しみは、これからも続きますねー。

ところで、右下にモザイク処理を施しています。
まあ、ここはちょっとした事情がありまして、丸見えにしないほうがいいかなって。

たとえばですよ、たとえば!
ここにちんちんのカタチをした木とかがあったとしたら、
これ、みなさんどうですかね?
このちんちん木を写野の外に出すと、さそりとか入らないし、
この角度が気に入ってるし、なんてことになったら
そりゃ、とりあえずちんちん写してしまうわけです。

あ、これはたとえ話ですから、別にちんちんを撮影する話ではないです。

まあそんなわけで、ちんちんが写っていても、僕は別にいいんですけど、
なんかこう、世間的?関係各位への配慮をしたうえで、モザイク処理かなと。

« 「ルビーの指輪」。 | トップページ | M42─星雲のプリンス。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

それって連呼オッケーなんですかね?
多分ですが女性のものを連呼したら絶対アウトですよね(笑)

全然関係ないですが、この彗星は鮮やかですねえ\(//∇//)\
星野はこうでなくっちゃ(*⁰▿⁰*)

ああ。。。お墓かあ。。。♪(´ε` )

■こたろうさん
こんばんは!
ワタクシは「うんこちんちん」はOKなんです。
それ以外はちょっとダメなんですが、人によっては「なんだその基準は!」となるのでしょうね。

ちなみに、あんまり連呼していたら、
娘には「男子か!」といわれたことがあります。
自分では「クレヨンしんちゃん」みたいなもんだと思ってるんですけど。

しかし、彗星は周りにはない色をしていて、きれいですね。

しかし彗星って、計画的な撮影が必要なんですね。
なんと言っても「動く」というのが。
1枚あたりの時間とか、コンポジット枚数とか、
まさしく相手を見て決めないといかんのだなーと感じました。

おお、ミッチーさんが彗星を撮るのは初めて見たかも。 さすが尾まで描写されていて美しい写りですね。
下の天の川が横たわる写真もすごい! 地平線と宇宙の境界部の描写が良い雰囲気ですね。
 ここってあそこですよね。モザイク処理のコメント面白い! そうですよねー。そうしたくなりますよね、ふつう。

■のんたさん
こんにちはー!
最近、遠征してないし、パソコンで写真をいじることもしてないし、寂しいです。
彗星、自分でも撮ってないつもりでいたんですが、
過去のブログ記事を読むと、結構撮ってました。
SE200Nでまあまあ撮ってはいたみたいです。まったく忘れてましたよ!

最近は、カメラレンズもあるし、FL55SSもあるので、
彗星にも、天の川にも手を出してるって感じですね。

そんなわけで、残念な「モザイク処理」笑でも立派な天の川が!
この場所で、広い空をみるとわくわくしますね。
次の新月期が楽しみです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年2月3日の岩本彗星 C/2018Y1。:

« 「ルビーの指輪」。 | トップページ | M42─星雲のプリンス。 »