フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NGC4216 | トップページ | あれさ、chainなんとか? なんとかchain? »

2019年2月19日 (火)

地方都市星景(シーズン2) No.2 「姉妹カノープス」。

487

2019/2/17 20時頃 岐阜県多治見市
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F4.5)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO400/3.2秒/487枚(比較明)
Adobe Camera RAW(現像)
ステライメージ7(比較明合成)
Adobe Photoshop CC 2018

2018年3月、多治見市を見おろすことができる場所(住宅売り出し中!)にて
「金星と水星と鉄塔」 を撮影していましたが、
この場所でカノープスが見えるはず? と。

そこでは、夏に花火(煙) を撮影しています。
それから時が過ぎ、今はどうなっているでしょうか。
カノープスは見えるのでしょうか。

そんなことを思いながら、現場に行ってみると…。
やはり、多くのおうちがにょきにょき建っておりました。
空き地はあるものの、そんな「隙間」で活動すれば
お住いの方々が「怪しいかっぱおじさんがいる!」と大騒ぎするに違いないので、
別の場所を探すことに。

とはいえ、まあ、地元ですから、すぐ近くの目をつけていた
「カノープスが見えるかもしれない」ポイントまでゴー!
ここも昨年、桜の季節に変なものを撮りに行きましたかね。
まあ、地元の方ならわかるんじゃないでしょうか。
次の3枚は、2018年3月に撮影したものです。

Img_2049

Img_1872


Img_1867


カノープスは、最初まったく見えていませんでしたが、
カメラの液晶で「げっ、写っとるがや」と確認できてからは
肉眼でも見えるようになりました。不思議なもんです。

そして、時々見えなくなったり、妙によく見えるようになったり。
その弱々しい姿は、まるで南極で老人が死にかけているようでした。

こんなにひとつの恒星を見続けたのは、初めてのような気がします。
公園の照明が結構きびしいものがありましたが。

« NGC4216 | トップページ | あれさ、chainなんとか? なんとかchain? »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
カノープスが沢山(笑
何だか不思議なもので。
自分が見るカノープスは、南アルプスの天然水の水源の山が前景で素敵だなぁって思うのです。
しかし、こちらはゴルフ場やら高架やら鉄塔にマンソンな大都会。
カノープスはアルプス上空に見えるレアな星でもないんだぁって思ってしまいました。
さすが分子雲愛好会の会長だけあって、押さえるべきものは押さえましたね!
うんこって…せめてうんちにして!

■ふみふみさん
こんちゃーす!
カノープス、地元で見えるっていうのが今回の楽しいポイントでした。
ふみふみさんところのカノープスも、それはそれは楽しいものでしょう。

とまあ、カノープスよりもこの「うんこポスター」ですね。
もう、この一枚を見せたいがために、他の写真があるようなもんです!
ホント「うんこ」ってすげーなって思いました。
なかなかないポスターですよ、これ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方都市星景(シーズン2) No.2 「姉妹カノープス」。:

« NGC4216 | トップページ | あれさ、chainなんとか? なんとかchain? »