« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年2月の記事

2019年2月26日 (火)

あれさ、chainなんとか? なんとかchain?

さて、ここで投票です。

次の天体写真に写っている対象を、
三択から選んでください。

────────────
1.マルカリアン チェーン
2.マラカニアン宮殿

3.どちらでもない
────────────


02dg1_c_h_b

2019/1/14 1:18~ 岐阜県加茂郡
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/150秒×36枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018



2019年2月19日 (火)

地方都市星景(シーズン2) No.2 「姉妹カノープス」。

487

2019/2/17 20時頃 岐阜県多治見市
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F4.5)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO400/3.2秒/487枚(比較明)
Adobe Camera RAW(現像)
ステライメージ7(比較明合成)
Adobe Photoshop CC 2018

2018年3月、多治見市を見おろすことができる場所(住宅売り出し中!)にて
「金星と水星と鉄塔」 を撮影していましたが、
この場所でカノープスが見えるはず? と。

そこでは、夏に花火(煙) を撮影しています。
それから時が過ぎ、今はどうなっているでしょうか。
カノープスは見えるのでしょうか。

そんなことを思いながら、現場に行ってみると…。
やはり、多くのおうちがにょきにょき建っておりました。
空き地はあるものの、そんな「隙間」で活動すれば
お住いの方々が「怪しいかっぱおじさんがいる!」と大騒ぎするに違いないので、
別の場所を探すことに。

とはいえ、まあ、地元ですから、すぐ近くの目をつけていた
「カノープスが見えるかもしれない」ポイントまでゴー!
ここも昨年、桜の季節に変なものを撮りに行きましたかね。
まあ、地元の方ならわかるんじゃないでしょうか。
次の3枚は、2018年3月に撮影したものです。

Img_2049

Img_1872


Img_1867


カノープスは、最初まったく見えていませんでしたが、
カメラの液晶で「げっ、写っとるがや」と確認できてからは
肉眼でも見えるようになりました。不思議なもんです。

そして、時々見えなくなったり、妙によく見えるようになったり。
その弱々しい姿は、まるで南極で老人が死にかけているようでした。

こんなにひとつの恒星を見続けたのは、初めてのような気がします。
公園の照明が結構きびしいものがありましたが。

2019年2月13日 (水)

NGC4216

4216web

長野県下伊那郡某村 2/3 1:52~
SkyWatcher BKP130 OTAW/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)/IDAS BGRL-RS2
L 7分×13枚 RGB 7分×4~5枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018


 4 1 2 6
 4 1 2 6
 電話はヨイフロ

って、
あっ!!

4216だった!


伊東に行くならハトヤ。略してNGC。

たくさんの銀河があるハトヤ領域。
勝手に名づけてますけどね。
本家NGC4126は、どこかにあるみたいですけど、それは無視!

というわけで、このハトヤ領域に散らばる銀河、
今後のご参考にと、分かる範囲で番号を入れてみました。

ええ、例のアレです。
例のアレ、いってみますか!!!









4216web_text

2019年2月11日 (月)

おおいぬ座の顔とIC2177 “笑っておくれ”。

New1c_web



2018/11/11 1:41~ 長野県下伊那郡
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F3.5)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/3分/27枚
Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Adobe Camera RAW(現像)
ステライメージ7(コンポジット/レベル補正)
Adobe Photoshop CC 2018


 …“ジャックナイフを ふりかざして

   女の胸に 赤いバラの贈りもの

   かもめ かもめ

   かもめ かもめ”

   ──浅川マキ『かもめ』(作詞:寺山修司/作曲:山木幸三郎)



かもめ星雲から、ずずっと北にはバラ星雲。(この写真には写ってないけど)
流れた血が、かもめ星雲なのかなー。

ずいぶん前に、バラとかもめを一枚におさめて
「花鳥風月」みたいなタイトルを付けた方がおり、
その見立てに感動したものです。

さて、
年が明けてすぐ、中古レコード屋で、浅川マキさんのレコード「LIVE」を見つけ、
ああ、そういえば、浅川マキさんが亡くなったのは今頃だったっけ?と思い出しました。

ワタクシが初めて浅川マキさんのライブをみたのは
2010年1月のたぶん16日で、
それが浅川マキさんの最後のライブとなりました。
なぜなら、ライブが終わったその日の夜、亡くなったから。

その時のことは“浅川マキさんが死んでしまった。” でブログに書いているのだけども、
面白いのは、その頃は「天体」の「て」の字もないということ。



2019年2月 5日 (火)

M42─星雲のプリンス。

M42_01web4

2019/1/5 21:23~ 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー) 312mm/f5.7
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/150秒×48枚・60秒×9枚・30秒×6枚・15秒×7枚・6秒×8枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018


ちょっと前に、映画評論家の町山智浩さんが
 「映画『ボヘミアン・ラプソディー』のヒットに気を良くして
  今度はプリンスの映画を撮ろうと計画している」
というようなことをラジオで発言しておりました。

ほほぅ、プリンスの映画ですか。実現するのでしょうか。
「パープル・レイン」の後の時代、という感じですかね。

ずいぶん前のことですが、テレビのものまね番組で、
出川哲郎さんがプリンスの真似をしていたのを見たことがあります。

ついさっき曲を聴いて、耳だけでおぼえた歌詞をテキトーに歌ってる、
そんな感じのものまねだったかと思いますが、
顔のつくりをプリンスに寄せていて、それはもう感心したものでした。

というわけで、
プリンスの映画をつくるなら、日本で撮ってもらって、
主演は出川さんだとおもしろそうです。

で、その映画を「邦キチ」がプッシュするという、
そんなことを思ったりしている今日このごろです。

2019年2月 4日 (月)

2019年2月3日の岩本彗星 C/2018Y1。

75_76web

2019/2/3 4:34~ 長野県下伊那郡某村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO2500/180秒×2枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018
※トリミングしています



前日の「ルビーの指輪」は、
「岩本彗星はどこかなー?」って、撮影しながら探していたその途中のものでした。

M104も一緒に写っています。

この感じで枚数はたくさん撮りました。
んで、メトカーフコンポジットしようとがんばっていましたが、
いい塩梅の仕上がりじゃないんで、2枚の恒星基準コンポジットで終了。

次の一枚は、試しに10枚くらいメトカーフコンポジットしたものです。
色ムラの処理とかやるパワーがなくて白黒ですが。
New10


この日は、ひとりぼっちの遠征。
アルフィー結成ならずでした。



Img_9891

2019/2/3 5:30 長野県下伊那郡某村
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F2.8)
ISO6400/30秒固定/横2枚パノラマ合成
Adobe Camera Raw(現像・パノラマ合成)/Photoshop CC 2018


「今日はこれでおしまいだな」といったところで、
天の川がぐわぁーっと登ってきました。
この時期、夏の大三角が見えるようになると、いつも不思議な気持ちになります。
お楽しみは、これからも続きますねー。

ところで、右下にモザイク処理を施しています。
まあ、ここはちょっとした事情がありまして、丸見えにしないほうがいいかなって。

たとえばですよ、たとえば!
ここにちんちんのカタチをした木とかがあったとしたら、
これ、みなさんどうですかね?
このちんちん木を写野の外に出すと、さそりとか入らないし、
この角度が気に入ってるし、なんてことになったら
そりゃ、とりあえずちんちん写してしまうわけです。

あ、これはたとえ話ですから、別にちんちんを撮影する話ではないです。

まあそんなわけで、ちんちんが写っていても、僕は別にいいんですけど、
なんかこう、世間的?関係各位への配慮をしたうえで、モザイク処理かなと。

2019年2月 3日 (日)

「ルビーの指輪」。

Ruby

くもり
カラスの
向こうは
ハナモコシ。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »