« 「多治見大道芸見本市 2019」の話(5)。健山さんにハートをキャッチされたまま。 | トップページ | お楽しみ銀河M101。 »

2019年4月22日 (月)

「多治見大道芸見本市 2019」の話(6/総括)。来年は投げ銭を積極的に。

Img_1705

4月13日、14日の「多治見大道芸見本市」の思い出は、これで最後となります。
総括的なことと、来年に向けて、みたいな感じです。

写真は「くす田くす博」さん。
そりゃもう、見た目は普通のおっさんなんですけども、
「くす田パイセン」、としか言いようがない、そんな存在でしょうか。

くす田くす博さんのパフォーマンスは、
今回の「見本市」でがっつり見るタイミングは作れませんでしたが、
多治見市民なら、何かと目にする機会はあるのかな、と。

この「多治見大道芸見本市」は、くす田さんの尽力あってこそ?
ということが伝わってくる場面もありました。

Img_1648


「多治見大道芸見本市」を、それと意識してみたのは今回が初めて。
昨年はまるで事故にあったかのように「うわー、おもしろい人たちがたくさんだ!」という感じでした。

昨年の喜びをあまり意識しすぎると、
「Youtubeで見たやつを確認しに行く」みたいなことになりかねませんから、
事前情報はなるべく入れないようにしました。
次回も、このイベントがあれば、このような姿勢で楽しみたいと思います。

昨年、加納真実さんとか「ゼロコ」さんとか見て、すごく楽しかったんですよねー。
今年は加納さん出てないし、「ゼロコ」さんは、なんとタイミングが合わずに一回も見られなかった!!
などと「昨年見て面白かった人を!」なんていう態度でいると、
健山さんや、はしごにぶち当たるような出会いもなくなってしまうので、
来年も、まあ、歩いてみて、足を止めてみる、そういう感じでいきたいです。

そんな中、「投げ銭」については、準備万端でのぞみたい、そんなことも思いました。
ホント「この人に1,000円!」とか思っても、1万円札しかなかったりとか(笑)

ご本人はそれを聞くと、
その1万円を帽子に入れる気にさせる、うまいこと言うんでしょうけどね。

「お会計の時間です」と言ったのは、ブーブさんでした。
「応援と千円(声援)を」と言ったのは、健山さんでした。
「折りたためるものを」と言ったのは、誰だったっけ?

何もいえないパフォーマーも、もちろん!!
そして、くす田くす博さんがナニを言ったかは、子を持つ親としては書けません(笑)

Img_1689

« 「多治見大道芸見本市 2019」の話(5)。健山さんにハートをキャッチされたまま。 | トップページ | お楽しみ銀河M101。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「多治見大道芸見本市 2019」の話(5)。健山さんにハートをキャッチされたまま。 | トップページ | お楽しみ銀河M101。 »