フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 球状星団M13。 | トップページ | IC4592の画像処理で、レベル補正について改めて考える。 »

2019年4月30日 (火)

Vixen FL55SSによるM8やM20。

M8_m20_b_web

2019/4/13 3:21~ 長野県下伊那郡阿智村
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/180秒×11枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド
Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Adobe Photoshop CC 2018


  ”Bambi, can’t you understand? 
   Bambi, it’s better with a man”
             『Bambi』(プリンス/『愛のペガサス』)



つい先日、ソニーから、プリンスさんのカセットテープが発売になりまして、
「The VERSECE Experience Prelude 2 GOLD」っていうやつなんですけども、
さーて、どうやって聴こうか、と。

9年ほど前に「カセットテープ」を知らない子どもたち。と題して
娘(現在中学2年生)が、カセットテープを知らないのだなあ、
という感慨を書いておりましたが、
その時にあったプレーヤーは、今では片付けられておりまして。

先日、「たしかここにしまったはず」というところを探したところ、
ほこりだらけの状態でデッキが出てきたのは大変、運の良いことでした。

とはいえ、これをアンプにつないで、というのはこれまた大変なことであるなあ、
などと思っている今日このごろなのでした。

さきほど、デッキに直接イヤフォンをつけて聴いてみましたが、
なんとも言えぬ音質なので、この連休中になんとかアンプにつないで聴かなくちゃ、
君に会いにいかなくちゃ、って。

Img_2053


ケーブルでもアダプタ的なものでも、
「もう、これ使わねーし」なんて思って捨てちゃったりしてましたけど、
このように再登板をお願いする局面もあるのですなあ。

« 球状星団M13。 | トップページ | IC4592の画像処理で、レベル補正について改めて考える。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

237mmの写野確認に参りました!テヘッ!
フルサイズの広さに参りました!はははっははは!!
干潟からバンビ!?ウジャウジャの星々ッ!この中で何個あるんやろ?
天体おじいさんが頑張ってる星ッ!?ふぅ~あぁ!で、ガス!
相変わらずカラーバランス手本のよぉな処理で、ガスねぇ!?(シミジミ)
勉強させてもらいましたッ!

スイッチを入れてくれる主がもぉ居ないカセットコンポが
嫁いだ娘の部屋にありますね!ポツンと!ははっはははっはは!!
私のモノでは9,800円で買ったレコード音源をデジタルに返還する
プレイヤーならあります!ははっははは!!

■山口のじぃ様
こんばんは!
ええ、237mmですよ、あの有名な(笑)
でも、今後は250mmにすべての話題を持って行かれるのでしょう!!

干潟からバンビの端、一枚ものでも、とても素性がよろしいデータでした。
それ見て「あー、もう何もしないほうがいいなじゃないか」って思いました。
そんなわけで、ほとんど「下ごしらえ」だけで仕上げた一枚です。
だから、「カラーバランス」について納得していただけたのなら、安心です。

もう、画像処理で変なことしたくないなーって考えさせられる一枚でした。

さて、カセットコンポ!
今や「ラジカセ」もなかなかない時代、ちゃんとコンポに組み入れられているなんて、
大事にしていただきたいものですね。
でもカセットテープって、いまどんなジャンルで使ってるんですかね。

テープ、本日無事にアンプにつないで再生しましたよ!
デッキもぞうきんでふきふきしましたし(笑)

あとは、テレビ録画用の「DVD・HDDレコーダー」に「録音」してDVD化しました。
そのうち音だけ抜いてみたいところです。

そういえば、この「DVD・HDDレコーダー」を経由して、
レコードをデジタルにする、っていうの、一時期がんばってやってました。
あの時の苦労を思えば、9800円のその機械、まるで夢のようですよ!笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 球状星団M13。 | トップページ | IC4592の画像処理で、レベル補正について改めて考える。 »