フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「多治見大道芸見本市 2019」の話(2)。ラストラーダカンパニー(La strada company)の顔と尻。 | トップページ | 「多治見大道芸見本市 2019」の話(4)。迫り来るCHIKI。 »

2019年4月18日 (木)

「多治見大道芸見本市 2019」の話(3)。人から物を受け取るというだけで爆笑「わくわくブーブとはしご」。

Img_1702


4月13日、14日の「多治見大道芸見本市」の思い出、3回目です。

「わくわくブーブとはしご」さんは当初、「これをみるリスト」に入っていなかったのですが、
偶然通りかかって目にしてみたところ、釘付けになってしまった、そんな感じでした。

ホント、大道芸のことは何も知らないので、「多治見大道芸見本市」公式サイトの情報だけで
「これをみるリスト」を考えてましたから。
昨年もそうなんですが、まるで知識がないと、逆にこういった面白を純粋に味わうことができます。

で、写真のお兄さんが、「わくわくブーブ」さんだと思います(笑)。
ブーブさんが乗っている「はしご」に関しては、ネタバレになるといけないので、写真に加工をしています。

この、はしごのパフォーマンスが始まるまでは、
大きなネタ、小さなネタ、それぞれとても丁寧に繰り広げられました。
ブーブさんのさわやかさは天下一品ですし、みんな楽しんでる感じが伝わってきて
とても良いものを見せてもらいました。

大ネタを披露したときは「派手さと難しさは比例しない」といった意味の言葉も。
ええ、「回ります」って言った時、縦方向に回ると思いました。(笑)

下の写真は小ネタ中の小ネタ。
これを見た子どもたちは、家に帰って練習したんじゃないでしょうか。

Img_1883

クライマックス、いよいよはしご登場、という段になると、
「はしごが壊れた」などの理由をつけて、予備で持ってきた方のはしごを使う、というくだりがあるのですが、
まあ、その「壊れた」という体のはしごに対するテキトーな扱いはなかなか面白いなぁと。
しかし「多治見大道芸見本市」のサイトには、その使わない貧弱なはしごと写ってる写真が使われているという!

Img_1701

この日は、「おろしぽんづ」さんという「共演者」も登場しました。
(※いつも一緒に出ているのでしょうか?)
お客さんからクラブ(最初の写真で、ブーブさんが投げているやつ)を受け取る段になって、
この「おろしぽんづ」さんが介入するだけで爆笑。

誰かから物を受け取って、それを別の人に渡す、という行為だけでこんなに笑えるのかあ、と関心しました!
この「目」だけでもすごいし、
なんとも、人間というものは可能性を持っているものだなあ、と思わせられたのでした。

« 「多治見大道芸見本市 2019」の話(2)。ラストラーダカンパニー(La strada company)の顔と尻。 | トップページ | 「多治見大道芸見本市 2019」の話(4)。迫り来るCHIKI。 »

大道芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「多治見大道芸見本市 2019」の話(2)。ラストラーダカンパニー(La strada company)の顔と尻。 | トップページ | 「多治見大道芸見本市 2019」の話(4)。迫り来るCHIKI。 »