フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FLYING LOTUS / FLAMAGRA アートワークの天体を調べる。 | トップページ | “おじさんサブスクリプション・サービス” としての「大阪あすとろぐらふぃ~迷人会キャンプ」。 »

2019年5月28日 (火)

M16 わし星雲。

M16_05web

2019/4/13 1:45~ 長野県下伊那郡
SkyWatcher BKP130 OTAW/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)/IDAS BGRL-RS2
L 5分×15枚/R5分×5枚/G5分×4枚/B5分×5枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018

このM16は、5年前(2014年7月)に同じ遠征地で、EOS40DとSE200Nで撮った事をとても憶えています。それはなぜかとゆーと、その遠征で一緒になった「名前も知らない天体パイセン」との出会いがあったからです。とても良い思い出なので、その事はブログに書いていますけどね。そのパイセンとは、その後天体遠征でお会いしたという認識はないのですが、元気でやっておられるのでしょうか。

そういえば、撮影を終え「じゃあ、またどこかで」のセリフがかっこよかった。

そして当時のM16ですが、仕上がりがとても気に入ったので、プリントしたのを額に入れて飾っています。今回、これで中身を差し替えることができるかなー。

さて、ちょい前からMoravian G2-8300FWの「欠陥カラム」が気になっていました。左の上からまっすぐ下に白い線がのびています。まあ処理していて目立つようなものではないので放置していましたが、ちゃんとしてみよう、と思い立ち、ダークを撮りなおしてみました。ダークで正しく消えるもんなのか、不安もありましたが、ちゃんと消えたと思います。

Kekkan

« FLYING LOTUS / FLAMAGRA アートワークの天体を調べる。 | トップページ | “おじさんサブスクリプション・サービス” としての「大阪あすとろぐらふぃ~迷人会キャンプ」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

ミッチーさんこんばんは。
このM16透明感があって美しいですね。M16まともに撮ったことがないのですが、一度長焦点で狙ってみたい対象です。
 欠陥カラムの処理ですが、結構その時々で明るさが異なるので消えるときもあれば目立つときもあります。
バイアスをその場で撮ってピュアダーク+バイアス処理だと消える確率が上がる気がしています。

こんばんわ\(//∇//)\
うーむ。。。相変わらずの美しい作品ですね(๑╹ω╹๑ )
BKP130とは思えん(笑)
パイセンのセリフですが、それはその方がカッチョいい方だったからだと思いますよ(*⁰▿⁰*)
私も現場でお会いした方に同じようなセリフをしょっちゅう言いますが、おそらく誰もカッチョええ!とは思わないはず(笑)まあそんなキャラではないのは十分自分自身が知ってるんですけどねえ(T ^ T)

ふむ、えーですねー
やっぱりミッチーさんの写真はミッチーさんらしさがありますねー
どこがっていわれると、何とも言いにくいのですが

Moravianの線が気になりますねー
冷却でもそういうことがあるんですね。
でも、それをしっかり処理されるのはさすがです。

こんど、RGB合成教えてほしいデス!
よろしくお願いします。

■のんたさん
こんばんは!
いやー、M16ですから、初期のころにR200SSあたりで撮ってござるんじゃないですか?
こういうのって、結局「初期」にとりあえず撮ってみますが、
その後、あんまり撮らない、というのが多いのかもしれませんね。
ナローバンドとかやりだすと、撮るかもしれませんが。
でも、こういう明るいのは楽しいなーって思います。

5年前に思っていた「のっぺりしてるしなー」みたいな敬遠は処理次第だなーっていうのもありますし。
ちょっとずつでも、自分のアップデートを確認できる良い対象だと思いました。

欠陥カラム、そう言われると、たしかに出方にムラがあるような気がします。
「あれ、先月と違うな」とか「今回は出てないんじゃ?」みたいな。
調べてみて、ダーク引いたら黒くなって余計に目立った、という例をみたのは、その事だったんですね。

■こたろうさん
こんばんはー、ありがとうございます。
年に2・3回あるかないかの(笑)自分なりに「よくできたなー」っていう仕上がりでした。
こたろうさん回り(迷人会)の方々の写真をみていて、心が洗われた、っていうのもあるかもしれません!

で、そのパイセンですが、やはり暗かったのでお顔は見えなかったと記憶してますが、
なんとゆーか、帰り際のセリフ以外にも、年配者の渋み、のようなものもあったんですよ。
撮影スタイルもそうだったんですが、「余裕」っていうんですかね。

こたろうさんにはお会いしたことがないのでアレなんですが(笑)
「愛」を感じて、何か別の感慨を抱くのだろうと思いますよ!

■道端小石さん
こんばんはー。「らしさ」だなんて!
時々「これ、どうみられるのかなー」って思うんですが、
逆にそういう思いを捨てたい時もあるんです。
捨てすぎると、変なほうに突っ走る、っていうのもわかってるんですけど(笑)

この「欠陥カラム」ってフツーにあるみたいですよ。
たぶん、1・2年前から出はじめたと思いますが、初めてみたときは「こわれたー!」ってショックで!
でも特に対処もせずに過ごしてきたので「しっかり処理」ってことはないっす。てへ。

それと、ダークを撮りなおして、ちょっとすっきりしたような気がしています。

RGB合成ですか!
RとGとBを合成するだけですよ!なんつって。
今度お会いしたら、あーだーこーだと、こちらこそよろしくお願いします!

淡アワにも市民権を持たせた素晴らしい構図ですねぇ!?
私は引き出せない前提で日の丸日本男子で、ガス!はははは!!
M16、わし星雲って思ぉて見ると別の方に気が取られるのですが、
星雲としてだけ見ると、味わいのある星雲だと思います!テヘッ!
ましてやパイセンのM16だと思ってみれば尚の事、深みを感じます!
創造の柱もハッブルに勝るとも劣ら・・・言い過ぎましたッ!(笑)
渋沢栄一いち枚で、言い切れますが!ははっはははっははっは!!

■山口のじぃ様
こんばんは! じぃ様のおかげで、BKP130ライフを楽しんでいます!
「構図」! 不思議なことに、M16の構図は得意みたいなんです(笑)
あんまり意図してないんで、偶然なんです!!

M16って、カリフォルニア星雲ほどではないけど「つまんねーなー」って扱いをしてました。
創造のなんとか、っていうほどの焦点距離でもないし、
ナローバンドで「しわしわ」っていうのも機材ないし。
でもやっぱ、安心して撮れる、という良い対象であるべき! と思いました。

渋沢のオジキ!

ミッチーさん、おはようございます!
初コメント失礼します。愛媛のハチベエです。
先日はキャンプお疲れ様でしたm(__)m
このM16素晴らしいですねぇ(;゚Д゚)
透明感があって、星々もきれいですし創造の柱もバッチリですし(*´Д`)

駆け出しのペーペーですが、これからもよろしくお願いします。
こちらのブログにリンク貼らさせてもらってもよろしいですか??

■ハチベエさん
こんばんは!
愛媛からこんなところまで、ありがとうございます。

キャンプお疲れ様でした!
とても楽しかったですよね〜。
ほんと、運営の迷人会の方々は素晴らしいと思いました。
それにしても、もっといろいろな方とお話しておけば、って後悔っていうか、
寂しい気持ちがありますね。これがいわゆる「ロス」なのでしょうか。

ハチベエさんの真剣なまなざしを思い出します。
あと、「家を離れて寂しい気持ち」の吐露…。いいです。とてもいいです!

お題となったハチベエさんの「青い馬」。
それぞれのグループで、それぞれの仕上がりになっていったのは、
ただ「興味深い」というだけでなく、「期待」のようなものを抱かせるものでした。

ハチベエさん、こちらこそよろしくお願いいたします。
リンクでもうんこでも、貼りたい放題です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FLYING LOTUS / FLAMAGRA アートワークの天体を調べる。 | トップページ | “おじさんサブスクリプション・サービス” としての「大阪あすとろぐらふぃ~迷人会キャンプ」。 »