フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近所の「光害」が認知され、改善された話。 | トップページ | FLYING LOTUS / FLAMAGRA アートワークの天体を調べる。 »

2019年5月17日 (金)

「日ペンの美子ちゃん原画展」と、天体写真向きレベル補正支援スクリプト。

M1


 (略)高橋義博被告は、平成18年10月26日、最高裁で上告を棄却され、
 死刑が確定した。

 (略)
 聞けば、最近、ペン習字を勉強しはじめたという。
 「この年でそんなのはじめてもしょうがないだろうと笑われるかもしれないけど、
  少しでも上手になればうれしいからね。どう、最近そちらに送っている手紙で
  その成果が出ていない?」
   ──『凶悪 ─ある死刑囚の告発─』あとがき(「新潮45」編集部編/新潮社)


 日ペンは80年の歴史があって
 先生方も超一流
  ──『6代目 日ペンの美子ちゃん』(服部昇大/一迅社)



先日「日ペンの美子ちゃん原画展」(2019/5/1~5/19・愛知県春日井市 文化フォーラム春日井)
に行ってまいりました。
「写真撮影OK」の会場で、なんとか「天体おじさん」を実行したのが、冒頭の写真です。
これは3代目美子ちゃんです。

M3

初代から現役の6代目まで、こんな風に、大量の原画が展示されていました。
一枚一枚をじっくり「読んで」おりましたが、
母親を待たせていたので、真ん中らへんで挫折しました。

まじ全部読みたい、そう思ったのでした。

M2

それにしても、上のようなものを目にしてみると、その丁寧な絵に驚きます。
これは4代目だそうです。



…そんなわけで…
天体おじさんであるワタクシも、丁寧な画像処理をしよう、そう思って、
「天体写真向きレベル補正スクリプト」(Photoshop向け)というのを作りました。

といっても、魔法のスクリプトではありません。
http://maruja.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-e623fb.html
上記記事で書いた、「輝度をもとにしたレベル補正」を繰り返すだけのものです。

1.「合成チャンネル」(通常はRGB合成チャンネル)をもとに選択範囲を作成
2.選択範囲を反転
3.レベル補正
4.選択範囲を解除
この工程を繰り返すのみです。

重要なことは、3の「レベル補正」のところをわずかな数値にとどめておく、
というところでしょうか。そして、そのわずかな補正を数十回繰り返す、と。

従来は、この3で「シャドウ6 ハイライト240」(例)くらいの勢いで、
数回繰り返す、ということをしていました。
そんなふうに、画像を見ながらやっていると面白くなってきて、
数値に手心が加えられ「ぶれ」みたいなのが出てきます。
それが原因か、処理の終盤で星の周りに不自然なところが出ているのに気づき工程を巻き戻す、
ということが頻繁にありました。

まあ、そういった「レベル補正おもしろがり」を防ぐためにも、
朴訥に、ごく僅かなレベル補正をたくさん実施しよう、そんなスクリプトです。
「僅かなレベル補正」をたくさん繰り返すことで、なんとも自然に「あがって」くると感じてます。
そして、星たちは、自然に肥大していきます。

下記をクリックすると、ダウンロードできると思うので、
年収270万円未満の、真にこのレベル補正スクリプトを必要とする方はダウンロードしてみてください。

ダウンロード - adjustlevel_mit_v2.jsx


処理したい画像を開いて、処理対象のレイヤーをアクティブにしたら、処理開始です。

まずは、下記のように「ファイル」「スクリプト」「参照」でダウンロードしたスクリプトを開いてください。

 

00

下のようなウィンドウが表示されます。

01

まあ、見てのとおりなんですが(笑)
「シャドウ」「中間」「ハイライト」のレベル補正を「繰り返し回数」だけ繰り返すだけです。
もちろん、「合成チャンネル」をもとにした選択範囲をその都度、取得しています。

たぶん、たぶんですよ、
「シャドウ」「ハイライト」「繰り返し回数」をちょいちょい変えるだけで、
雰囲気はつかめると思います。
画像のヒストグラムを見て、どんな塩梅になるかなーって想像しながらいじってみてください。
「シャドウ」を上げすぎないこと、「回数」を多くしすぎないこと、がまず最初のコツかなって思います。

「レイヤーを複製して処理」は、処理対象レイヤーを複製して、
その複製したレイヤーに対して処理をします。(既定値)
これがあると、「処理前」「処理後」の比較がしやすいし、
元レイヤーとの合成なんかもできますし、何段階かにわけて処理、ということでもきるかと。
ここのチェックをはずすと、アクティブな元レイヤーに対して処理をします。

03

上の画像では、「背景」レイヤーがアクティブ、
「レイヤーを複製して処理」にチェックが入った状態(既定値)での処理後です。

処理結果は「背景のコピー」レイヤーとなります。
また、ヒストリーに「レベル補正繰り返し」というのが追加されますので、ご活用ください。

ちなみに…
処理をせず「閉じる」をクリックしても、このヒストリーに1行追加されちゃいます。
ワタクシにはこれをどうすることもできなかったです。
なんか気持ち悪いので、分かる方は改変するなりしてください。
で、よかったら、やり方教えてくださいね!


しつこいようですが、ただただ、いつものレベル補正を「支援」するだけのスクリプトです。
「ごくわずかのレベル補正を、かなりの回数繰り返したい」そんな思いから作ったものです。
「とても淡いところが誰でも一発でぶいぶい出せる」という類のものではないです。

ミソは、基本的処理(レベル補正による強調)が「誰でも失敗なくできる」というところだと思っています。

それと、星の肥大が「自然」だと思うので、
あとで星を小さくするような処理をしても違和感は出にくいのかなーと感じました。

« 近所の「光害」が認知され、改善された話。 | トップページ | FLYING LOTUS / FLAMAGRA アートワークの天体を調べる。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
早速スクリプトダウンロードさせていただきました。JavaScriptは全く出来ませんので有難いです。
精々使ってもアクション位しか使ったことないのでプログラミングとなるとお手上げです。
レベル補正なんですね。「ごくわずかのレベル補正を、かなりの回数繰り返したい」>処理する際どうしても一発で処理したくてついついやりすぎることが多くて眼から鱗が落ちました。最近気に入っている「Sequator」などもそうですが新しい方法を公開していただき感謝です。
あっ、勿論乏しい年金暮らしでハードルはクリアしていますので念のため。

こんばんは~。
この前の「アクションボタンをあほみたいクリック」の自動化バージョンですね!!
実際に数点試してみましたが、星回りが改善されていい感じです。
まさに眼から鱗です^^
それにしても、PSのコマンド、いろいろ出来て楽しいですね。

■G様
こんばんは、どんなもんでしょうか。
「一発で処理したくてついつい」って、すごく分かります!
そうなんですよねー。
基本のレベル補正で、あわてて「ついつい」となると、
後で「うへー」ってなるんです。
そういったことを防ぐことができるので「誰でも、ゴールにたどりつく」
ということが実現できたのでは、なんて思ってますけどね。

そんなに強調しないようなものであれば、どっちでも同じだろう、
という感触があるのですが、結構な強調を必要とする対象の場合、
「ごくわずかのレベル補正を、かなりの回数」っていうやり方のほうが
間違いないと思います。

「ハードルはクリア」って!(笑)
大変、失礼いたしました!

■タカsiさん
こんばんはー。
そうです、「アホ」を抜いてみたら、スクリプトになりました。
早速ためしていただいてありがとうございます。

何の「新しさ」もないので、当然のように星がでっかくなるんですが、
でも、自然にでっかくなるのなら、これもよいのではないか、って思います。
「星回りが改善」というのは、「肥大する」というのを除けば、
その効果は間違いなくあると思っています。

今回、ただの「レベル補正」なのですが、
それでも、適用の仕方で今までと変わってくる、というところが面白いと思いました。

こんにちは
ツイッターにお礼しておきます。
画像処理もそうですが、私は字が上手になりたいです。
写真がいくら上手でも、字がどヘタだと自慢できません・笑
昭和のハレーと日ペンのコラボ、なんとも郷愁を誘います。

なるほどですねえ・・(・∀・)
私はもっと単純で上200で下合わせて3発でしまいですわ(笑)
どっちにしてもシンプル単純を繰り返すほうが再現性は高いですもんねヽ(´ー`)ノ

■ふみふみさん
こんにちはー。
日ペンは85年の歴史があって、先生方も超一流。
すぐに始めて「画像処理」という字を美文字で書けるようにがんばりましょう!

しかし、この「彗星感」! 当時はこんなだったんですかねー。
「マネしちゃだめ」って!

■こたろうさん
こんにちはー。
「3発でしまい」。そこらへんでおしまいにできるかどうか、
っていうのは、ざっくり言うと「腕」の差ではないか! と感じてます。

「少しずつ、多回数」をしたものと、従来手法で処理したものを比べると、
「どっちも同じ」にするは「もう無理」でした笑。
1回だけ、うまいこと「同じじゃーん」ってなりました~。てへ

ほとんどが「少しずつ」の方が「自然」と感じられました。
強調具合を目で見ながらやっちゃうと、数回やってるうちに不自然になる、
「つながり」みたいたものがどっかで逆転したりするなじゃないかと。

「再現性」。その通りですね。
一度スクリプト走らせてみて、「もうちょっとこうしたい」って思ったときも、
数値で考えることができて分かりやすいですし。

これはいいですねー、早速利用させて頂きます。

■カリタツさん
こんにちは、ご利用ありがとうございます(笑)
基本処理だけですので、安心してご利用ください!

たくさん画像処理してアップしておられますね。
いろいろなパターンで試していただいたら、
合う、合わないが出てくるのかなあと思っています。
で、実は、天の川広角なんか、意外に使いやすいのかも、という感触があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の「光害」が認知され、改善された話。 | トップページ | FLYING LOTUS / FLAMAGRA アートワークの天体を調べる。 »