« 尾があるのね。 | トップページ | 月、木星、土星が並ぶ。そして本当の主役。 »

2020年8月 2日 (日)

ネオワイズ彗星ハラスメント。

凶兆の 汚名をすすぐ ネオワイズ
ハラスメントか 晴れを恵まず


とはいえ! とはいえ!
とはイエーイ!
東海地方梅雨明けした模様とはいえ、雲多めで菅、西空を注視したいこのごろです。

Karasu

2020/7/31 21:50~ 岐阜県多治見市
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F5.6)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/5秒×69枚
/Adobe Camera Rawで現像/ステライメージ7で比較明合成/Photoshop CC 2020

このネオワイズ彗星、比較明合成すると、その「異質」な感じが際立つなあと思いました。
それよりも、この下の「カラス除け」なんですかね、この禍々しさがいかにも「凶兆」としての彗星にマッチでーすって感じで、ぶらさがっているぎんぎらぎんのCDも、アンダルシアに憧れて、トニーのヤツもしくじっちゃう、梅雨明けの空となりました。
なお、地上風景はカラスの生贄がいい塩梅にこっちを向いているもの1枚を合成しました。



さて、下の写真はいつもの「多治見中央キリスト教会」の屋根ワイズ。
尾も出るような強い処理をしてみました。この日、カメラのファインダーで見たネオワイズ彗星は「エメラルドグリーン」を感じる、見慣れた彗星のイメージに近いものがありました。

Img_0662

2020/7/31 21:05~ 岐阜県多治見市
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/4秒
/Adobe Camera Rawで現像/Photoshop CC 2020



次の、地方都市星景な一枚、実はこの構図で彗星を入れて撮りたい、と何度も何度も現場に出向いたものです。ようやく晴れましたが、彗星は写ってませんね笑。「雲がなければここにいるはず」って感じの、よくあるネオワイズとなりました。

ネオワイズが夕方の西空に見える、その時期になったら、地元にあるグラフィティと彗星を一緒に撮ろう、と計画していて、数箇所のグラフィティを検討しておりましたが、どうも実現しそうにありません。もうやーめた。次になんかでっかい彗星出てくるまで待つことにします。

Aki_hata

2020/7/31 21:50~ 岐阜県多治見市
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(30mm/F4.5)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/5秒×82枚
/Adobe Camera Rawで現像/ステライメージ7で比較明合成/Photoshop CC 2020


次の動画は、1枚目の「比較明」を動画に仕立てたものです。カラスの動きがよく分かるかと思います。

« 尾があるのね。 | トップページ | 月、木星、土星が並ぶ。そして本当の主役。 »

コメント

ミッチーさん、こんばんは(*゚∀゚*)

これはいかにも黒魔術ブードゥーなタイムカラプスですねぇ~(〃∀〃)
昔の人たちは夜な夜なこんな得体の知れない光が大きくなってきたら、
それはそれはビビッて悪魔崇拝に魂を売ったんでしょうかね・・

橋桁星景構図もS/Nも綺麗でいいですねぇ~(^^♪
ネオ君入らなかったのは残念ですけど、今後が楽しみな場所です(*゚ー゚)

■あーちゃーさん
わーいわーい! あーちゃーさんだぁ!
あ、スツレーいたしました。
畑をやってござる方は、「まあ、これでカラスがこなければ」って期待しているはずなのですが、
ワタクシのような一般男性がみると「う、この禍々しさ!」って喜ぶヤツなんですよね。
まさに黒魔術的な。

どうでもいいことですが、これ、人間に置き換えて考えてみたんですが、かなりヤバイ!笑
最近、久々に見た「猿の惑星」みたいですよ。

橋桁のところは、唯一、彗星と入りそうなグラフィティなんですよ。で、なんだか知らないけど早い時間は、いつも軽自動車が停まっていて!
まじ、あと30分早かったらいけてたかもしれません!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾があるのね。 | トップページ | 月、木星、土星が並ぶ。そして本当の主役。 »