フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2010年10月28日 (木)

Wake on Demandで、共有しているiTunesライブラリがうまく開かないことがある。

わたくしの家にはiMacとMacminiがありまして、無線LANなどというものでそれぞれつながっておるわけです。
iTunesなどという便利なものを使ってもいるわけですが、2つあるMacで、同じライブラリを使いたいですよね。当然。
がんばって、そのように運用しているのですが、なんとも困ったことが時々発生します。

まず、どういう感じで同じライブラリを使っているかを説明します。
音楽データはMacminiに入れています。
さて、一方のiMacからそれをどのように「共有」しているかというと、
いわゆる「ローカルネットワーク上でライブラリを共有する」ではなく、
Macmini上にあるライブラリ(ファイル「iTunes Library」)を指定し、
iTunes Mediaフォルダとして、Macmini上のフォルダを指定する、というやり方なのです。

詳しいやり方は、いろんなエラい人がいろんなところで書いているので省きますが、
これだとプレイリストやらなんやら、すべて共通で良いですし、
iMacからも、Macminiからも曲を追加したりできます。

よくある「ローカルネットワーク上でライブラリを共有する」にすると、
ただたんに曲がずらっと並んで表示されるだけという、かなりしょぼいものになってしまうので、
はっきりいって、これがほんとの「共有」とは言えないだろう、と思っているわけです。

さて、そうなると、iMacでiTunesを使いたいとき、Macminiも電源が入っていなければ困るわけですが、
そこで助かるのがMac OS X Snow Leopardの「Wake on Demand」という機能です。
これは、Macminiがスリープしていても、iMacから要求があればスリープ解除されというもの。
iMacでログインしたときに、Macminiの共有したいフォルダをマウントするように設定してあるので、
(これは、アカウントのログイン項目に、当該フォルダを指定して実現している)
その時点でMacminiは目覚め、何もすることなく、いつでもiTunesライブラリにアクセスできるというわけです。

そう、ここで「困ったこと」が発生しているのです!
どうでしょう、頻度とか、どうしてそうなるのか、さっぱりわからないのですが、
異常にiTunesの起動が遅い事があるのです。そして、そういう時は終了も異常に遅い。
ちゃんとWake on Demandは動いていて、フォルダの共有とかできているのですが、
まったく使い物にならないくらい遅いのです。
で、そういうときは、Macminiを再起動すればなおるのです。

近頃ではiMacを使う前に、事前にMacminiを再起動するなどということをしています。
Wake on Demandなど意味のない感じになっておりまして…。
なんでしょう、機嫌が悪いんですかね。なんかうまい方法ないですかねーー。

2010年4月16日 (金)

「豊平文庫」を使い始めた。

青空文庫というのがある。
同サイトによれば、(以下引用)
  青空文庫は、利用に対価を求めない、インターネット電子図書館です。
  著作権の消滅した作品と、「自由に読んでもらってかまわない」とされたものを、
  テキストと XHTML(一部は HTML)形式でそろえています。(引用おわり)
というものだ。

専用のソフトを使用して、まるで本物の本をめくるように読む事ができるようだが、
わたくしは使っていなかった。だって、長時間パソコンで文字読むの疲れるし。

ずいぶん前に、仕事中あんまり暇だったので、
ジョナサン・スウィフトさんの「ガリバー旅行記」のデータを使って、
InDesignで組版して画面で読んでいたことがあったが、それきりである。

発売が予定より1ヶ月遅れて5月末になったiPadなどのおかげで、
EPUBとか「電子書籍」的なものが最近話題なんじゃないかなー、と漠然と思っている。
天下のMicrosoft様も、Word文書をDAISY形式に変換するアドインを無償配布し始めたし、
とか思って、電子書籍のことをいろいろ調べてみたら
「i文庫」だの「豊平(ほうへい)文庫」だのいう、iPhone/iPod Touch用アプリを発見!
おお! これで青空文庫が読めるじゃん! と思い、安い方の「豊平文庫」を購入(115円)。

夢野久作さんの「ドグラ・マグラ」などを入手した。
「いつか読みたいなぁ」と思っていた古い作品を気兼ねなくダウンロードでき、
いつでも読めるという、夢のようなアプリじゃん!

2010年1月10日 (日)

KeyHoleTVでTBS Radio 954を聞く。

浅草キッドの水道橋博士がTwitterで「KeyHoleTV」というものについて言及していた。
自身の番組「博士の異常な鼎談」(TOKYO MX)が見られない地方の人に勧めた、というような話だった。
発信者としてこれを勧めるのも珍しいことだという。
この「KeyHoleTV」。漠然と「おもしろそうだなや」と思っていたので、昨日の夜導入してみた。
何気なくやってみたんだけど、なんとTBS Radio 954まで聞けるではないか!
ちょうど「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」放送中!
で、さっそく聞いてみた。

メインの宇多丸氏が手術のため今月はお休みしているため、
橋本Pはじめ、いわゆる「タマフル・グループ」による放送。
ついでにTwitterのタイムラインも表示しつつ、なんか手練っぽい聞き方をしてみた。

ご存知の方も多いだろうが、古川さんが失言(?)。
別に「ストリーム」で町山智浩さんのすごいのを聞いているし、
単語をとらえて「放送禁止用語」とか言うのも嫌いなのですけどねー。

しまおまほさんが出てくるまでは、なんだか「ぼんやり」した放送で、
ポッドキャストでいう「放課後」な感じ。
普段ぼんやりしているというしまおさんが今日は頼もしく聞こえるというのは
Twitterでの皆さん同様、わたくしも思ったのであります。

まー、これはよいとしてですね、来週のピンチヒッターがすごい!
小島慶子氏、西寺郷太氏、町山智浩氏だーーー!
わーい! 絶対聞くぞー、と思ったが、
当日、わたくしは浅川マキさんのライブに行くので、最初から聞けないのである。
まー、いつも通り、ポッドキャストだけでもよいかと思うのでありますがー。

2010年1月 9日 (土)

Microsoftの陰謀。

買ったタイミングがよかったのか、昨年のいつだかにMicrosoftという人から
「Windows7」のアップグレードCDが送られてきた。
わたくしはWindows VistaをMac OS X Snow Leopardの
Bootcampにて使用しているからね。(←こういう表現で正しいのか?)
しかし、Snow Leopardは、まだWindows7に未対応なので使えないのである。

で、昨年秋頃、Appleは「年末までに対応します」などと言っておった。
だが、まだ果たせていないのであります。
さっきAppleのサイトで確認してみたら「年末までに」という表現が
「準備が整い次第」となっていた〜!

わたくしは「それはMicrosoftの陰謀だ!」という言い回しをよくする。
それは、銀行ATMのトラブルやら鉄道・原発の事故まで、
「システムの不具合」という理由で
「なんでそんな風になんの〜」といいたくなるようなことが起きるのは、
Windowsでいう「不正な処理」「フリーズ」というものに
世の中が慣れすぎたからである、という妄想を根拠としている。

よく言われることだが「自動車がWindowsのようだったらあかんだろ」ということだ。
運転中にフリーズしたり、レスポンスが異常に遅れたりしてはいかんのである。
いかんのであるが、Windowsは平気なのだ。

Appleもその陰謀に巻き込まれたんかい。
いや、でもそんなに7を必要としてないから、ゆっくり確実にしてくれればいいけど。